So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
日々のぬのさんのライブ ブログトップ
前の10件 | -

還暦になりました Part 2「VALIS REUNION LIVE」 [日々のぬのさんのライブ]



8/1(水)Motion Blue YOKOHAMAでVALIS REUNION LIVEが行なわれました。もう昨年末からスケジューリングした還暦記念、僕にとっての一大イベントでした。

VALISは今世紀始めの2001年9月に「Hieroglyph」ライブレコーディング、翌年解散決定。そして03年に「The Last Gift」をリリースして解散ツアーを行ないました。そのときに、メンバーで半ば冗談混じりに「還暦になったらまたやりましょうかね」とか言ってたんです。その後 2012年3月にリユニオンライブ2本を渋谷 Last Waltzで行いました。それ以来6年ぶり、解散からは15年ぶりのライブでした。まあ有言実行ライブ(笑)。

リハーサルは7/17, 7/31と2回行ないました。もう最初のリハからいきなり皆バッチリ。6時間リハだけど2時間くらい休んでたかもしれない(笑)。やっぱり20~30代ずっとコンスタントにリハやライブ、レコーディングをやっていたメンバーっていうのは同窓会的にツーカーで通じるものがあります。初日リハ後はメンバーで飲み会になりました(仕事があった小池くんは残念でしたが)。いやあ、歳食って弱くなってるのもあったけど、もう会計のあたりは納ちゃん以外誰も覚えてなかったっていう(爆)。僕は相当千鳥足で帰ったようです。楽しかったんだな。31日のリハは1日前なのでほとんどゲネプロ。1回全曲通すだけでした。

F732A280-CFEF-402D-A14A-A95C9CE22F56.jpeg

3D6FE58F-1A87-4332-8B20-D9C8D73BA197.jpeg

6302F213-9113-471F-9BA8-4A15C9CC9EDE.jpeg


そしてライブ当日。酷暑の晴天に横浜の観光地、赤レンガに向かいます。暑いけど、雨じゃなくてよかった(VALISは節目のライブがよく雨に祟られます)。冷房の効いた店に入ると外の眺めは絶品です。この日も軽く全曲リハーサル(というよりサウンドチェックでいかにやりやすい環境を作るかが勝負です)。

ライブは19時半スタート。ありがたいことに満員御礼!でした。もうとにかく動員が心配で心配で…(弱気なもんで…苦笑)。

当日のセットリストは以下です。臨場感溢れるライブ写真は、全てフォトグラファー 木島千佳さんが撮影したものです。

●1st 
1. America
2. Ring World
3. Beat Panic
4. Spring Deer
5. Rainbow Valley
6. Hieroglyph

●2nd
1. Ali's Dance
2. Banana Land
3. Green Mist
4. Chinese Mafia
5. Jungle Love

●Encore
1. Silent Wall

ライブが決まってからは、どういうライブにするか考えてるのが楽しかったですね。まずとにかく選曲。ここは往年のファンの予想を裏切りたい、ってことでパッと思いついたのが「Ring World」。 この曲はですね、初っつぁんと一緒に行ったロサンゼルス録音「Departure」に入ってる曲なんです。でもこの曲も六本木ピットインのVALISライブではやってたんですね。それをデモ音源にしてピーター達に送ったんです。だからまあオッケーってことで(笑)。たぶんVALISをよく知ってる人は「The Last Gift」の1曲めから「Beat Panic」って思ったかもですね。解散ツアーのときはそういう選曲でしたから。いきなり万作&カルロスコンビ、強力です。2曲終わってMCで還暦とVALISの御挨拶。もうファンの皆様の温かいこと温かいこと。リーダーライブを初めてやる場所が完全にホームな感じになりました。そしてVALISライブ盤の曲を3曲続けて。ここまではギターはアーガスセミアコ。僕にとっては自分のギターの歴史そのものですから。1st最後の「Hieroglyph」は昨年から使ってるストラトタイプのMD G7。この曲は我ながらライブで演奏してて最も楽しい曲かも。めくるめくる展開の最後の小池くんの圧倒的なソロ…もう聴いてるだけ、リズムギターやってるだけでグッと来ます。作曲者冥利に尽きるなあ。

9194B025-A757-445B-A488-0908B983192A.jpeg03C00CD4-F98F-434F-AEA1-B9844240EDDC.jpeg

F0FA20FB-B1C7-4EC9-87B2-823967BFD403.jpeg

79BDBF35-EA27-4661-A32F-6BFE82B5B446.jpegFC7FBA89-2A79-428D-89F5-FEA7FBF8550F.jpeg875A7F17-2ED1-460D-B6C5-1939CFD50FFA.jpeg4F16E87E-500A-4DBF-B6AD-3BCA9B3C851A.jpeg

2ndはVALIS必須の難曲「Ali's Dance」から。こういうのを還暦になってやるのはなかなか大変(苦笑)。とにかく、エフェクターの切り替えが大変(アタマが働きません)、フレーズの持久力が保たない(完全に若い曲…苦笑)。初っつぁんはシンセ弾くの6年ぶり(前回VALIS以来)って言ってたけど、完璧だったな。VALIS流Rock曲ですね。この日もマイルスみたいな混沌とした感じで面白かった。曲終わったら、VALIS 恒例の万作さん、カルロスを交えたMC。このリズムセクションコンビ、6年ぶりとは思えない素晴らしいコンビネーション!

4DF43C47-A3FA-46D0-BD98-25BB7A5255E0.jpeg

B54E1860-4114-4BD9-B194-40677DCA9DF1.jpeg

4604F567-41E8-400A-A8A0-225E6649AE1E.jpeg



「Banana Land」は相当久しぶりな曲(って全曲久しぶりだけど…苦笑)。今世紀になってやってないと思います。CDではギターソロだけどここは納ちゃんフィーチャー。

812C0907-08C4-4083-B582-B8C686F5249E.jpeg

あ、そうだ、これは書いておかなきゃ。今回のVALISライブの陰の大貢献者は納浩一です。彼が僕の古文書のような汚い手書き譜面(ほとんど殴り書きのようなものもある)を PCで全部清書してくれたの。それも僕が頼んだわけではなく、彼が自発的に「よかったらやりましょうか」って申し出てくれた。新ヴァージョンの譜面は全ての曲がA4 3枚までに見事に収まってて、演奏しやすいことこの上ない。ただただ尊敬、足を向けて眠れません。こんなにちゃんとしていて、労を惜しまない人だからスタンダードバイブルのような偉業を達成できるんだなと思った次第。納ちゃん、どうもありがとう!「Banana Land」は途中ウェザーの「Birdland」などの引用もあって盛り上がったな。

174DD465-8F76-4B31-A073-A91163070AE9.jpeg5C9863BC-8283-482D-BD52-04CE1EFE0D51.jpeg


そして、VALIS結成当時のオリジナル「Green Mist」。最初のデモテープに収録した曲で、初っつぁんのリリカルな側面を大フィーチャーした曲です。この日も素敵でした。あと、僕がイントロで「Children In The Lost Paradaise」弾いたの誰か気がついたかなあ…? ちなみにVALISというバンドは、僕と初っつぁんが出会って意気投合したことから始まりました。最初は84年クーラーもない酷暑の東工大ジャズ研部室。お互い20代、貧乏でしょっちゅう安酒飲みながら未来のバンドの成功に向けて語り合ってたわけ(笑)。間違いなく盟友ですね。そして翌85年にVALIS結成。カルロスは2回めのライブから参加。CD出すまではメンバーチェンジを色々繰り返しました。万作さんが入って納ちゃんと藤陸くんに落ち着いたあたりで91年のファーストアルバムの話になったんですけどね。それで、2,3枚めを出したビデオアーツの契約が終わったところで、サウンドを変えたくなってアルトの藤陸くんから小池くんにメンバーチェンジしたわけです。彼とスタジオレコーディングができなかったのは残念なところなんですが…。

36FAF38D-A279-4D0B-A0DB-8A3206F3015E.jpeg

D7BD5354-472E-48A0-9908-76BAC9275F11.jpeg

最後の大団円2曲は「Chinese Mafia」とたぶんずーっと「El Dorado」でやって来たんだけど、今回は1stアルバム収録の「Jungle Love」。相当久々にやる曲。15年ぶりにギターシンセを弾きました。この1曲のためだけに新品SY-300買ったんです。還暦記念だしパーッと行かなきゃね!カルロスかっちょよかった!あと、「Chinese Mafia」では初お目見えのTone Of Gold Toshiki Nunokawa Wah Pedalを使いました。かかるポイントも帯域もゴキゲン。MD G1の野太い音でめちゃRockな感じになったぞ!


915C7C73-D3C0-4C2F-B038-3EC40928414E.jpeg

DB048A7C-6430-40E8-A3B2-FDFBC76084B2.jpeg

58EFE9FE-1B9E-4710-9B30-15031E580AF3.jpeg
E44CA9C4-D21F-4EEA-926F-681C47FB757A.jpeg

C4DF49A9-1FD9-4846-B662-16814C56818C.jpeg


アンコール曲前は、還暦とVALISについてちょっと語ってしまいました。これはまた別の機会に書こうかな。ラストはアイルトンセナに捧げた「Silent Wall」(沈黙の壁)で締めました。

F428C60B-E400-43E1-9C3B-57DF09272349.jpeg

4A7BD1D9-04D9-4B73-AF53-2422C85BF0AE.jpeg

All the Live Photos by Chika Kimura



最高の一夜となりました。御来場の皆さま、そして最高のメンバーに改めてこの場を借りて御礼申し上げます。


どうもありがとうございました。


また是非やりたいな。


Hieroglyph/布川俊樹VALIS Live! Vol.1

Hieroglyph/布川俊樹VALIS Live! Vol.1

  • アーティスト: 布川俊樹VALIS,布川俊樹,古川初穂,小池修,納浩一,木村万作,カルロス菅野
  • 出版社/メーカー: 日本クラウン
  • 発売日: 2002/01/23
  • メディア: CD
ディパーチャー

ディパーチャー

  • アーティスト: 布川俊樹,COLE PORTER,マーク・ジョンソン,古川初穂,ボブ・バーグ,ピーター・アースキン
  • 出版社/メーカー: BMGビクター
  • 発売日: 1999/03/25
  • メディア: CD
LAST GIFT

LAST GIFT

  • アーティスト: 布川俊樹VALIS
  • 出版社/メーカー: インディーズ・メーカー
  • 発売日: 2003/03/03
  • メディア: CD
アリス・ダンス

アリス・ダンス

  • アーティスト: 布川俊樹,布川俊樹VALIS,古川初穂,藤陵雅裕,木村万作
  • 出版社/メーカー: ビデオアーツミュージック
  • 発売日: 1995/02/25
  • メディア: CD
ヴァリス

ヴァリス

  • アーティスト: 布川俊樹VALIS,布川俊樹,古川初穂,藤陵雅裕,納浩一,青木智仁,木村万作,カルロス管野
  • 出版社/メーカー: 日本クラウン
  • 発売日: 2002/01/23
  • メディア: CD
アンダー・コンストラクション

アンダー・コンストラクション

  • アーティスト: 布川俊樹VALIS,カルロス菅野
  • 出版社/メーカー: ビデオアーツミュージック
  • 発売日: 1993/10/25
  • メディア: CD


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

還暦になりました Part 1 [日々のぬのさんのライブ]




7/29(日)布川俊樹、無事還暦を迎えました。
 E9782E8E-1B68-4CB2-B0FE-1A4F11245FD1.jpeg
 

生まれは昭和33年(1958年)。まさに「Always 3丁目」世代で東京タワーと同い年。うん?  東京タワーは還暦パーティーやるのかな?  Wikiってみるとクリスマスイブなのか。 何かすごいことになりそう。ちゃんちゃんこライトアップとかね(元々赤いけど…笑)。
 
 
他にはどんな年だったんだろう...。ジャズ界は最高。マイルス「マイルストーンズ」、アートブレイキー「モーニン」、ソニークラーク「クールストラッティン」、リーモーガン「キャンディー」...。まさにモダンジャズ黄金時代ですな。これを前後数年まで入れたらとんでもない名盤の嵐。ジョアンジルベルト「Chega de Saudade」録音、ボサノバ誕生! ってのもある。
 
 
あとは長嶋茂雄デビューとか。翌年だったら天皇皇后陛下御成婚。そのときに皆テレビ買ったんだよね。いやあ、まだまだ若輩ものだけど、考えてみるとずいぶん生きたものです(笑)。
 
 
さて、話戻って2018年7月29日は、代官山レザールで、布川俊樹還暦記念 Birthday Live & Jam Sessionでした。
 
 
ライブは盟友福田重男氏とのDUOでの演奏が基本。あとリズムセクションに は、最近は愛車ボルボ13でお世話になってるカーディーラーかつベーシストの洗足卒業生吹谷禎一郎くん、ドラムスはレザールではお馴染みの須藤さん。以下がセットリスト。
 
 
●1st(福田 布川 DUO)
 
 
1. Hope In The Cave(タイの洞窟少年救出ニュースに感動しての選曲)
2. Portrait Of Undercurrent
3. Swingin' In Green Heaven
4. Fetio de Oracao
5. One Phrase Blues
6. Old Boys' Dreams
 
 
●2nd(福田 布川 吹谷 須藤)
 
 
1. Joy Spring
2. Childhood's Dream
3. ウルトラマンの歌
エンディングから皆さんで Happy Birthday。ケーキを頂きました。
 
 
●Encore
The Days Of Wine And Roses
 
 
そして、この後延々アフターアワーズは来て頂いた方でのジャムセッションで した。僕はライブ開始の19時の前からあらゆるワインを飲み続け。最後の方はまったく覚えていません。2回店の中でこけてたらしいです(汗)。柴田亮くん(ds)とかも来てくれて一緒にセッションで弾いた Solar、まったく弾けず、ご迷惑かけました。人生でワースト3に入る演奏だったかも...(嘆)。まーいいか、大パーリーだし(苦笑)。
 
 
以下が当日絵模様です。酷暑の中、皆さま、どうもありがとうございました。還暦になってもこんなお調子者のワタクシですいませんが、今後とも何卒よろしくお願いいたします。
 
 
 
441817E5-38BD-45A6-AEB7-5B8596766E9F.jpeg
38CE8665-418D-49BD-86B6-32BE3EB9851C.jpeg
09C55DD2-77FC-44AE-A940-D1FB07F7661A.jpeg
6BE3A47D-DBA5-4A5D-90ED-E7050CD2CAC7.jpeg
05C0AD0F-4738-46F4-84CF-0F965E21D5EF.jpeg
9C104689-6851-4646-8921-0395C71D4A06.jpeg
530954ED-4D3A-4D3D-A092-35E7CC5B603E.jpeg
7E6CCF80-7B93-48EC-A110-3EF46FD35193.jpeg
A99CE748-B356-47A6-B0E4-9A0C62C1337F.jpeg
B933F707-6958-418E-A719-5F18AD8B21D9.jpeg
6AA351C4-6911-4E9C-90BA-2B98D553795F.jpeg
C3EBA89B-5CDF-43F0-991C-6EE137B28C16.jpeg
B3FFFCCC-7644-487B-AD51-6C35D7A579A4.jpeg
 
 
 

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

2018年6月 福田重男布川俊樹CD「Old Boys’ Dreams」発売記念 東日本ツアー [日々のぬのさんのライブ]

 


●6/21(木)川崎市多摩区自宅〜練馬区福田宅〜宇都宮Fellows
 
2018年春夏の福田重男布川俊樹CD「Old Boys’ Dreams」発売記念ツアーも今回が最後、5年ぶりの東日本東北への向けてのツアーです。比較的楽な移動なので、3時頃福田氏自宅を出発して宇都宮まで向かいます。宇都宮でのライブはかなり久しぶり、多分20年はやってないんじゃないかな。ジャズの街だって銘打ってるのに(何と言っても渡辺貞夫さんの故郷だし)全く縁がなかったなあ(苦笑)。
 
 
fellowsはとても素敵なお店でした。マスターの秋山さんはジャズに情熱がある気概がある方でした。ライブ前は初めて宇都宮餃子を堪能。楽しい一夜となりました。ライブ写真なくてすんません(苦笑)。
BCD551F5-D0A6-481E-B010-1F2325FC6A0E.jpeg0B10F471-6D61-453B-9998-61A548331BC1.jpeg7E1F35E7-78CA-422B-9448-E3F2D6AB786E.jpeg5C2A8624-9B4F-4838-82F2-4EAC8E783F5B.jpeg
 
 
 
●6/22(金)宇都宮〜山形Noisy Duck
 
素晴らしい天気のドライブとなりました。山形へ到着すると、以前オルタードスクールで教えていた生徒の高砂さん(何と山形から通って来てくれていたのです)が最高の差し入れを持って来てくれました。取り立ての大変立派な佐藤錦、僕の1番好きな果物です。翌日仙台の楽屋で食べたら完全にやめられない止まらない状態になっちゃった(苦笑)。高砂さん、どうもありがとう!
CDA3C08A-C0B0-427F-A5A1-ADBAF6ABE16D.jpeg8C36F053-71BA-40B5-86C4-D75141094B81.jpeg
 
とてもサウンドの良いお店でこの日も気持ちよく演奏できました。そしてライブ終了後の打ち上げは、浜崎航松本茜の夫婦Duoと合流、まさに奇遇な打ち上げとなりました。
F36CC5F1-911E-44B2-95D0-A8C23EF90933.jpeg
 
 
 
●6/23(土)山形〜仙台 Blues Me NoLa
 
この日は1番短い時移動。チェックアウトして仙台に向かうと12時半位には着いてしまいました。ただこの日は、福田氏が友人の息子さんの結婚式に出席と言うことで、僕はライブ時間まで暇を潰さなければなりません。酒漬けで疲れた身体を癒すには何と言っても温泉!日帰り温泉を探して夕方までダラダラでした。
F7474BCC-FDD5-40E1-B6E5-A9FE92EFF34C.jpeg
AFBE85C9-2611-46DF-BF81-2418AFDEF980.jpeg
35C8218C-A737-4A7F-A874-5CA5D06C4A47.jpeg
1FA1ACA2-863B-4850-A993-8D319EA276BD.jpeg
ライブはこの日は仙台リズムセクションと共演。正木睦彦さんdr、岩谷真さんb、2人とも大変理解が早くて楽しい一期一会となりました。打ち上げは魚三昧! 真鯛は ”まだい“ きていた……。
C3C7E28C-C24C-46DF-91B5-87707FB19BDE.jpegF4DE61A1-FB75-4B2D-97AF-FBCCDBA00846.jpeg5E138A9F-6616-4783-8C2F-18D16AE82EE6.jpegBE9F68F2-968C-406F-8A47-E8B92F26BE35.jpeg
 
 
 
●6/24(日)仙台〜盛岡 Cafe Bar the S
 
移動中急に福田氏が「中尊寺って寄れないかなあ」って言い出しました。ちょっと調べたら完全に途中。高速のインターチェンジからすぐでした。何でも義経が好きらしい。彼は色々幅広いよなあ。渡世人タビ中の楽しい世界遺産観光となりました。
F170B07C-2C33-42A4-A517-0656158649F5.jpegCB411E0A-E81E-4E94-AA9B-103A8ECF9892.jpeg65F19B6A-502F-424B-8931-2C07506E5601.jpeg2C73DA1F-6ABE-4EA9-9886-579D2E9DF0D8.jpegCFDC6098-C70D-4DE2-B49E-BF7B7A4E7269.jpeg857311F2-A77E-4559-A6E7-FDB22DC319EA.jpeg
 
そして盛岡到着。素晴らしいボーカリスト小林ゆうこさんがゲストで入ります。僕は昨年秋のSJPトリオライブ以来の共演。ワールドカップ日本戦の夜だというのに、満員のお客様で大変盛り上がるライブとなりました。この日は彼の夫でギタリストの小林道夫くんも数曲参加。僕のプレイが相当研究されててビックリ!嬉しいやら恥ずかしいやらでした。ちなみに、打ち上げでは再び浜崎松本組と合流(何て縁があるんだろ…驚) 。夜中にCafe Bar the Sに戻って日本セネガル戦観戦となりました。異常に盛り上がって朝まで。この夜はメチャ飲んだなあ…。アラ還でまったくよくやるよ(苦笑)。
?1C606A2C-AF37-47A6-8AC1-72F535B78D8B.jpeg586E7D15-1697-49EE-98B9-9057725334D7.jpeg
 
 
●6/25(月)盛岡〜宮城県石巻
 
この日は石巻でクローズドなパーティー演奏でした。早く着いてもしょうがないので下道移動。とにかくすごいパーティーでした。お酒を飲む間に演奏少々って感じ(笑)。テタンジェ コントドシャンパーニュに始まり、シャンベルタン(ジュブレの付かないのは初体験!)、日本酒の数々などお酒のラインナップ凄すぎ!!福田人脈恐るべし!
5E5FF3C8-B8FB-4F84-9C31-47EF90B556C4.jpegAC7218B4-7152-437A-8971-752FAA566AA2.jpegF78F3C9A-8EBC-470A-9F69-FF0C441CF1BF.jpeg
 
 
 
 
 
●6/26(火)石巻〜水戸 Girl Talk〜帰宅
 
松島経由で水戸へ向かいました。大学1年のときに最後の家族旅行で来て以来かなあ。ちょっと観光客の喧騒を離れた山のところにゆっくりできる素晴らしい眺めのお蕎麦屋がありました。渡世人は楽しいねえ…。
42F0B67E-BC9C-4B73-A93F-7EA0B402CD73.jpeg0E58BD5A-5A0A-420C-A6CF-344DE7A8AE83.jpeg
 
水戸 Girl Talkには夕方到着。実はこの日はかなり厳しいお客さんの入り。このDUOでの最低動員記録となってしまいました。でも、もちろん気合い入れて演奏するのは同じ。こういうときに手を抜いたら、何のために演奏するのかわからなくなっちゃうからね。少数精鋭(苦笑)で楽しく盛り上がるライブとなりました。
 
 
終わってからは一路東京へ。またまた楽しい5泊6日の盟友DUOツアーでございました。ご来場の皆さま、どうもありがとうございました。
 
 
 

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

プレ還暦ライブ at Virtuoso Akasaka 2 Nights [日々のぬのさんのライブ]

 


いよいよ6月も終わりですね。あと還暦まで1ヶ月を切り、29日となりました。実は結構楽しみにしています。何か人生の一区切りどころか若干のリセット感があります。
これから何しよっかな…」みたいな感じ。

還暦記念 VALIS REUNIONライブは、度々お知らせしているように8/1(水)モーションブルーYOKOHAMAで盛大にやりますが、7/29(日)誕生日当日も代官山レザールでジャムセッション的なパーティーライブを行ないます。盟友福田重男氏とDUO、あとは来て頂いた人とワイワイ呑み、ジャムるつもりです。基本、還暦関連ライブはこの2つのつもりでした。

ところが、ヤボちゃんこと矢堀孝一くんが、6/7(木)、14(木)2週続けて彼が店長を務めるVirtuoso Akasakaでプレ還暦ライブをやってくれました。

7日はお馴染み SJP TRIO。

B8DF6717-04DA-4F44-AE4F-27783BA23B0A.jpegF6165CEB-3DE0-493B-9194-A5FF223B3CE0.jpegC516D4E6-E19F-4737-B072-1CA4918236FD.jpeg


後半にはちゃんちゃんこ登場(笑)。すごいことになりました。

CD26FD74-790F-4AB7-B9B2-1EDD84CAFFEE.jpeg36318DCF-908E-4E76-B823-BEF7CF7826D1.jpegBB63EA8C-4A2B-4D27-B963-99BF99606F7C.jpeg

15E98540-0484-4615-8565-312BA7C2479C.jpeg


ライブ終了後は、Mr.オムライスの高瀬裕くんが ケチャップ60のオムライスを作ってくれました。破格の旨さ!

64CC0CE0-9798-4101-991D-A5024C6C8F94.jpegB6A51523-FCE8-4F6E-97CD-FCBC8F7E8D26.jpeg


14日は、ヤボちゃんとDUO。トークは同居してた昔話で異常に盛り上がりましたね。こういう感じになれるのはヤボちゃんだけだな。この日は沢山のギタリストも駆けつけてくれました。

75A5163A-C31D-4A92-A8FA-33D996260EE6.jpeg051F1B61-0E3C-4FA8-B8B0-68F4B95994AE.jpeg7D48CE32-D979-4806-9AFE-31EABD8758DB.jpegFC54AA4D-4E87-4DD7-AFDB-40049BC6349D.jpeg9DB57B10-4806-4822-910E-229BA51B4E4C.jpeg9BA345B4-90BA-4EEE-A615-8F5F5C721197.jpeg


塩塚博さん、定仙哲也くん、池戸祐太くん、かなりヨッパライながら後半は様々な組み合わせのDUOでした。また、凄腕リーマンギタリストで大学ジャズ研時代からの同学年ギタリスト須山くんとはちゃんちゃんこ2ショット(お笑いコンビみたい…笑)でデュオ。結局終電を逃して、お店の常連のもう1人の凄腕リーマンギタリスト Fuzzokaさんと池戸くんと3人で盛り上がり朝まで呑み&カラオケ。後輩ギタリストが僕を慕ってくれていることを知って嬉しいオールとなりました(笑)。


とにかく…、

持つべきものは優れた弟子!!

ヤボちゃん、そして御来場頂いた皆さま、どうもありがとうございました。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

布川俊樹還暦記念 VALIS REUNION Liveのお知らせ [日々のぬのさんのライブ]


おはようございます。6月になりました。あと2ヶ月になったので大々的に告知して行きます。僕にとっては今年最大のイベントです。皆さまのお越しを心よりお待ちしております。



8/1(水)Motion Blue Yokohama

布川俊樹 60th Birthday Anniversary Special Live

VALIS REUNION


布川俊樹(g)、古川初穂(key)、小池修(ts,ss)、

納浩一(b)、木村万作(ds)、カルロス菅野(perc)


布川俊樹の還暦を記念した一夜限りのスペシャルライブ。2003年の解散から 15年、伝説のコンテンポラリーフュージョンバンドが蘇ります。高度で複雑かつキャッチーな楽曲を最高のメンバーでお送りするVALISワールドを是非お楽しみください(Motion Blue Yokohamaホームページより)。


18:00 OPEN

19:30 START

(1st 19:30  2nd 20:45)


Music Charge  ¥5,000

Box席 ¥ 20,000+シートチャージ ¥5,000(4名様まで利用可)


電話予約 045-226-1919  ※ 11:00〜21:00

WEB予約 http://www.motionblue.co.jp ※公演当日14:00まで


IMG_3874.JPG




もうセットリストも決めました。後は2ヶ月内容を詰めて行きたいですね。


写真は先日購入した New Gear。15年ぶりにギターシンセ弾きます!多分1曲だけどね(笑)。気合い入ってます。



IMG_3873.JPG




Hieroglyph/布川俊樹VALIS Live! Vol.1

Hieroglyph/布川俊樹VALIS Live! Vol.1

  • アーティスト: 布川俊樹VALIS,布川俊樹,古川初穂,小池修,納浩一,木村万作,カルロス菅野
  • 出版社/メーカー: 日本クラウン
  • 発売日: 2002/01/23
  • メディア: CD
アリス・ダンス

アリス・ダンス

  • アーティスト: 布川俊樹,布川俊樹VALIS,古川初穂,藤陵雅裕,木村万作
  • 出版社/メーカー: ビデオアーツミュージック
  • 発売日: 1995/02/25
  • メディア: CD
LAST GIFT

LAST GIFT

  • アーティスト: 布川俊樹VALIS
  • 出版社/メーカー: インディーズ・メーカー
  • 発売日: 2003/03/03
  • メディア: CD
アンダー・コンストラクション

アンダー・コンストラクション

  • アーティスト: 布川俊樹VALIS,カルロス菅野
  • 出版社/メーカー: ビデオアーツミュージック
  • 発売日: 1993/10/25
  • メディア: CD
ヴァリス

ヴァリス

  • アーティスト: 布川俊樹VALIS,布川俊樹,古川初穂,藤陵雅裕,納浩一,青木智仁,木村万作,カルロス管野
  • 出版社/メーカー: 日本クラウン
  • 発売日: 2002/01/23
  • メディア: CD


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

2018 GW&More ジャズ渡世人のタビ(後編)「和田明とDUOユニット結成!」 [日々のぬのさんのライブ]



さて、GW&More ジャズ渡世人のタビの後編でございます。


5/7(月)は柏崎から大学へ直行して1日だけ堅気に戻りました。ゆっくり休むヒマもなく、翌日から再び5泊6日のタビです。僕的には男性若手ヴォーカリストでイチ押しの和田明とのDuoツアー。GW前に我が家でリハをしていて、かなりコンセプトが固まっているDUOです。今回ツアーでは明もギターを弾きます。



● 5/8(火)川崎市多摩区自宅〜名古屋 Mr. Kennys


東名川崎インター近くで明を拾って名古屋へ。1週間ぶりに東名で西へ向かいます(苦笑)。

IMG_3782.JPG


最近は名古屋くらいの移動は楽勝だな。彼との車での長時間移動は初めて。かなり喋るやつだから全く退屈しない(笑)。また年齢差がよい。僕がほぼ60、彼が30で今年は唯一歳の比率が2:1になる年。息子みたいな気分で色々喋れるのがよいわけです。ずっと音楽聴いてあーだこーだ言い合ったりね。なかなか他の車タビではないことかもです。


ライブは初日からいい感じでした。

IMG_3784.JPGIMG_3783.JPG

IMG_3786.JPG

 
● 5/9(水)名古屋〜岡山 Cafe Soho
今回もケニーズのマスターのギタリスト倉谷さん、カタリーナ美穂さんには大変お世話になりました。

昼には出発。高速入る前に急に思いついて、珍しくラーメン屋へ(僕は1シーズンに1回くらいしかラーメンは食べない
)。実は、以前の生徒がラーメン屋さんやってるんです。福田氏とも来たことがあるお店でその名も「六弦」。ラーメン屋で並ぶのって、多分今世紀初めてかなあ…。大繁盛で何よりでした。店は完全にジャズギタリスト店主の趣き(かかってる音楽ももちろんジャズギター。普段飲食店でジャズかかってるのは気になって好かんけど、ここは許します。ジャズ愛があるからね!)。
 
人気 NO.1メニュー汁なし担々麺、大変美味しゅうございました。
IMG_3787.JPGIMG_3788.JPGIMG_3789.JPG
 
そして、岡山へ向けて高速でひた走ります。明は色々な場所が初めてだから移動が楽しそう。途中新名神が高槻から岡山方面まで開通していました。ナビにも載ってなかった(だいぶ山中を通るけど早いのかな…?)。
 
無事、Cafe Sohoに夕方到着。いつもお世話になっているお店。マスターの歯科医ドラマー岡崎さんは僕の1年上、アラ還世代で話が合うんだな。演奏は2日めにしてバッチリです。天井が高いライブな音響でDUOにはピッタリな場所ですね。終了後打ち上げはいつも通りお店でマスターの料理を頂きました。
 
IMG_3785.JPG
IMG_3790.JPG
 
 
● 5/10(木)岡山〜高松サードストーン
 
この日のブランチは岡崎さんと櫃塗しうどんセット。今回もお世話になりました。
IMG_3820.JPG
 
高松は橋で瀬戸内海渡れば直ぐです。明は瀬戸大橋初めてってことで、与島でひと休みして行きました。ライブは3月後半にひとりたびで行った高松郊外のサードストーン。地元の素晴らしいギタリスト納田牧人さんとヴォーカリスト平田ひとみさん(3月のときは共演ライブでした。以下のフライヤーも作って頂きました)に色々とコーディネイトして頂いて実現した今回のライブです。
 
IMG_3791.JPG
 
ライブは満員のお客さんで大変盛り上がりました。明、初の高松にして完全に心を掴んだな。彼はあの若さにして、剛と柔を見事に使い分けます。激しい曲でのパワーは若さ全開だけど、しっとりしたバラッドの声はホントにグッと来る感じで魅力的なんだよな。とにかく場を持って行く力がありますね!
 
IMG_3797.JPG
IMG_3796.JPGIMG_3798.JPGIMG_3799.JPGIMG_3794.JPGIMG_3793.JPG
 
ライブ終了後は繁華街にある So Niceに移動。2011年の初高松リーダーライブ以来ずっとお世話になっている高松ジャズユニットの宮本さん、関谷さん、大野さんと合流。彼らはこの日、ここでライブだったのです。
 
このアフタージャム&宴会がすごかった。かなりヨッパラって、納田さんのギターをバックに皆で歌いまくる(ビートルズとかサザンとか歌謡曲とか色々)というカラオケならぬ納田生オケとなりました。とにかく、納田さんはどんな曲でも知ってればすぐ弾ける。すごい才能に驚嘆!


結局3時まで(苦笑)。
 
IMG_3817.JPGIMG_3816.JPG
IMG_3818.JPG
IMG_3815.JPG
 
● 5/11(金)高松〜福山
 
● 5/12(土)福山
 
またまた福山でございます。金曜土曜週末2日間のクローズドパーティーイベント。
 
その前にたっぷり時間あったので、高松観光は屋島でうどん!そして頂上へ。最高の昼下がりでした。こういうことができるのがジャズ渡世人の楽しみであります。
 
IMG_3804.JPGIMG_3805.JPGIMG_3803.JPG
IMG_3801.JPGIMG_3802.JPGIMG_3814.JPGIMG_3800.JPG
 
屋島寺にはたぬき神社がありました。何を隠そう、僕の子供時代のあだ名は豆ダヌキくんでした(笑)。親近感!
IMG_3821.JPGIMG_3822.JPGIMG_3824.JPG
 
そしてこちらは血の池!
IMG_3825.JPGIMG_3823.JPG
 
高松出発。まだまだ楽しいタビは続きます。福山への移動の道すがら、倉敷の山岡ギター基地に初めて立ち寄りました。高梁川近くの素晴らしい環境の場所でした。こういうところで、この美しいギターは作られてるんだなあ…。ギター大好きの明も大興奮!
 
IMG_3806.JPGIMG_3807.JPGIMG_3808.JPGIMG_3809.JPG
 
17時福山到着。当地の素晴らしいお医者さんベーシスト前原潔さんがセッティングしてくれたパーティーライブです。ありがたいなあ。初日は3月にも行った肉の美味しいお店(名前失念)の地下。2日めはソウルブラザー お茶屋さんこと佐藤茶さんの会社内スペースで。
IMG_3812.JPGIMG_3813.JPG
 
いやあ、盛り上がった2日間でした。演奏はまさにホームグラウンドならでは。お客さんはミュージシャンばかりだから、合いの手や手拍子、駆け声などすべてバッチリ。お客さんとコール&レスポンスのある素晴らしいライブとなりました。
 
そして、アフターアワーズセッション&飲み会は結局高松から3日連続となり、すごかったのが最終日。夕方ライブからワイン飲みまくりで、最後はお茶屋さん、明と僕の3人になり、焼酎一升瓶が空いてしまったという…。こんなに飲んだの最近では記憶ないな(苦笑)。2日めの昼間も楽しかった。山の温泉行って、福山 Soul Foodという府中焼ピリ辛赤麺。カリッとした麺が美味かった!
 
IMG_3811.JPG
 IMG_3810.JPG
 
 
● 5/13(日)福山〜川崎市多摩区自宅
 
 
あまりに二日酔いが辛い朝。起きたら…
 
まったく声が出なくなっていました(涙)。さすがに半分の歳の若者と3日3晩呑んで騒いでたらダメだよな。自業自得です。
 
いつものタイ料理屋さんへ行って昼飯。さあ、700km超の移動だ!!
IMG_3819.JPG
台風なみの豪雨の中何とか21時前には到着。福山から川崎までまったく雨が止まない!雨とともに移動したんだな(嘆笑)。途中静岡の山中では高速で100m先は見えない感じで怖かった。
 
とにかく……
 
 
ミッションコンプリート!
 
今回の DUOはとても面白かった。明とは色々なことで波長が合う気がする。音楽的な持って行き方、グルーヴ、タイム、すべてピッタリ自然に行く感じ。あと演奏以外の付き合い、呑んでるときとかもとにかく楽しい。また、人間が面白くて素晴らしいんだな。タビ中に嬉しいことがありました。実は、明が今年の始めにモーションブルー横浜で30歳記念のライブをやったとき(僕が今年還暦記念を8/1に同じ場所でやるってのも何かの縁…笑)、差し入れでシャンパンを持って行ったのね。それでそのときは彼もライブ終わってから忙しくて乾杯とかできなかった。ところが何と、今回のツアーに彼がそのシャンパンを持って来たんです。「今回、布川さんと呑みたい」ってことで、最終日のパーティーライブのときにそれから呑み始めたわけです。30歳にして何と素晴らしい気遣い!取りあえず爺の心は掴んだぞ(笑)!
 
というわけで、布川俊樹 和田明 DUOはユニット化することにしました。また夏以降本格的にやりますよ!年内レコーディング目標です。もちろんその前に DuoRamaと明っていう組み合わせで何本かあるけどね…。
 
 
 
乞うご期待!
 
 
● 後日談
 
結局、帰って来た日の翌日月曜は大学。まったく声が出ず、レッスンや授業はひそひそ話みたいな感じで行いました。水曜までまったく出なかった。いまはだいぶマシになったけど、まだハスキーヴォイス。
 
実は僕は昨年11月から声帯ポリープになっていて、何かと嗄れ声だったわけ。それが4月に結構調子よくなっていた。それで、このGWツアーで調子に乗ってアホなことをやってしまったんですね。さすがに今回は反省でした。
 
でも、今回の全く声が出なかったことがきっかけとなりました。
 
8月2週めにポリープ手術します。
 
8/1モーションブルーヨコハマでの還暦記念 VALIS REUNION Liveの翌週。今年は長い夏休みになりそうだな。何しよっかな(笑)。
 
IMG_3826.JPG

Old Boys' Dreams

Old Boys' Dreams

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Bacchus Label
  • 発売日: 2017/09/06
  • メディア: CD
DuoRama Standards

DuoRama Standards

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: shiosai ZiZO
  • 発売日: 2015/07/03
  • メディア: CD






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

2018 GW&More ジャズ渡世人のタビ(前編) [日々のぬのさんのライブ]


今晩は。GW前からブラック企業社員(ある意味真実か…。日本ジャズ Corp. 中間管理職?みたいな…苦笑)のように働いててようやく今日は休み。
 
またまた、ジャズ渡世人紀行であります。このところのタビはかなり濃かったから面白かったなあ。この種の投稿は、やっぱりFacebookよりブログに限ります。後で検索しやすいし、記念として残る。
 
まずは、CD「Old Boys' Dreams/ 福田重男 布川俊樹」発売記念 Spring Tour 2018から。今年のツアーは飛び飛びです。
IMG_3627.JPG
 
● 4/20(金)川崎市多摩区登戸〜静岡県御殿場YMCA東山荘本館ホール
 
まずは2泊3日の静岡県プチツアーです。福田氏を登戸駅で拾って8時出発。御殿場はプライベートでは何かとよく行く場所。親戚も色々いて、父の墓もある場所だからです。ウチから100kmもないし、移動は楽勝かな。
 
とは言っても自分のリーダーライブは初めて。お客さん来るのかなと危惧していたら何と100人以上で超満員でした。披露宴とかやる場所なのかな?とても素敵な自然環境でのライブでした。ライブを仕切って頂いた小宮山さんに大感謝です。普段ジャズを聞かない方が多いということで、慕情やウルトラマンなど。スタンダード曲やってて言われて、ジャズマンがよくやるスタンダードやってもほとんど誰も知らないですからね(笑)。
IMG_3765.JPGIMG_3764.JPG

 
●4/21(土)静岡県御殿場〜伊豆高原バターノート
 
チェックアウトしてブランチはまたまたお蕎麦(ホントにジャズ渡世人は蕎麦率が高い!)。実に王道な感じの見るからに美味そうなお蕎麦。
IMG_3763.JPGIMG_3762.JPG
 
この日の移動も楽勝です。沼津から伊豆縦貫道を経て伊豆高原。こういう経路があるとは知らなかった。伊豆高原って海沿いを熱海から行くってイメージしかなかったな。
 
店は大変いい感じのジャズカフェ。バターノートって名前もよいです。バターノートは弾くな!ってマイルスの言葉だっけ。この日も沢山のお客さまで盛り上がりました。当地在住のしおさい石原社長とも再会。
IMG_3761.JPGIMG_3760.JPGIMG_3759.JPGIMG_3758.JPGIMG_3757.JPG

●4/22(日)伊豆高原〜自宅
この日は帰るだけ。あまりにいい天気だったんで大室山バックの記念写真!
IMG_3756.JPG
 
●4/29(日)Billboard Live 大阪
 
昭和の日は、マルタヒット&ランでした。ここ数年大阪では大編成のバンドが多かったからレギュラーバンドは超久々。2セット大入り満員。メチャ盛り上がったな。
IMG_3751.JPGIMG_3752.JPG
 
ちなみに、大阪に新幹線で行くときは新横浜から乗ります(新幹線で行くマルタさんのタビは渡世人のタビとは言わないな…笑)。いつも駅近くの駐車場に車を停める。駐車場はかなり安いのがあります。ただ、この日は超混雑が予想されるGWの朝、車で行くのはかなりリスキーです。で、ちょっと初めての嬉しいことがありました。息子の運転で送ってもらったんです。僕も父親に同じことをよくしました。駐車場代かタクシー代払うつもりで小遣いをやる。これも同じ…。



P.S…ホーム上がって見えた駐車場はガラガラでしたが(苦笑)。

IMG_3754.JPGIMG_3755.JPG


 


●5/2(水)川崎市多摩区登戸〜大阪府高槻
 
生まれて初めてのGWジャズ渡世人のタビです。普通は移動が大変そうな時期にはやらない。今回は5/3(木)高槻ジャズストリートでの演奏が決まって、それならツアーしようかということになったのでした。まあ、ここは当然前乗りです。当日は何時間かかるかわかったものじゃないですからね。
 
到着して取りあえず前お疲れ!
IMG_3750.JPG
 
●5/3(木)高槻ジャズストリート生涯学習センター2F多目的ホール
 
このイベント、僕は初出演。相当ビックリしました。日本でこれほど多数のミュージシャンが集まっているイベントあるのかな?相当数の日本のジャズミュージシャンがこの地に集結しています(あげたらキリがないので書きません)。もう知り合いだらけ(笑)。僕等は室内のホールで演奏しました。45分凝縮1 setだったからあっと言う間。でも沢山のお客さまで嬉しかったですね。Swingin' In Green Heavenのときはこんな綺麗な照明だった模様。
IMG_3744.JPG
 
演奏は17時前に終了。もう21時からの Welcome Partyまでやることありません。結局19時くらいからホテル近くで1人飲み始め、いざパーティーへ。いやはや、まるで同窓会でした。これだけの大きいイベントだから当然ですが、パーティーは市長さんは商工会の代表とかそういう方のスピーチが続きます。ジャズ界代表は日野皓正さん。この喋りが最高で会場バカ受けだったんだけど、とてもここには書けません(笑)。
IMG_3749.JPGIMG_3741.JPGIMG_3748.JPG
 
そして、その後は福山の佐藤お茶屋さん、福田氏等とJK Rushというお店のミッドナイトセッションへ。そこでのセッションがすごいことになりました。翌日福井へのロングドライブがあるっていうのに、店を出たのは3時過ぎ(8時間呑み続けってこと…苦笑)。まあその時間でも店はミュージシャンで満杯だったけどね。僕は3曲演奏して、サックスの大山さんと初共演。また店を出る直前のセッションメンツがすごかったな。ベース米木さん、ピアノはホワン(高瀬くんトリオの素晴らしいピアニスト)、TOKU、テナー西口くん、ドラムは石若くんでの It Could Happen To You。この新旧世代入り混じり音楽性も幅広いまさに一期一会の超盛り上がりのセッションでした。
IMG_3766.JPG
 
●5/4(金)大阪府高槻〜福井Music Space Schu House
 
かなりの眠気ながら、京都大渋滞を突破して無事福井に到着。この日は前半が福田布川 DUO、後半は北陸のミュージシャンとのコラボでした。バンドはいい感じで盛り上がったな。福井は岩佐高征くんがいるからライブ盛り上がるなあ…。アフターは岩佐くんのウクレレとギター生音セッションも(福田氏が岩佐くんのウクレレプレイを見つめる表情がいいっすな)。打ち上げで行った「忍者」っていう居酒屋は味もコンセプトもあまりに秀逸でした(超オススメ!)。
IMG_3746.JPGIMG_3745.JPG
 
●5/5(土)福井〜金沢もっきりや
 
まあ二日酔いです(笑)。シャキーンとするにはこれでしょ!ってことで、福井名物辛みしぼり蕎麦。修行のような辛さ。効くーとはまさにこのこと。弟子の岩佐くんにゴチになってしまったダメな師匠です(嘆)。彼にはお世話になりっぱなし。いつも色々ありがとう!またやろう!
IMG_3743.JPG
 
あまりに楽な移動なんで下道でゆっくり行きました。金沢では超馴染みのもっきりやさん。昨年SJP TRIO以来ですね。木の響きが気持ちよくてやりやすいんだよな。この日は金沢矢堀道場の生徒さんたちも来てくれて、アフターは色々ジャズギター談義に。
IMG_3747.JPGIMG_3742.JPG
 
●5/6(日)金沢〜新潟県柏崎うたげ堂
 
決して大きい町とは言えない柏崎でよくライブをやるのは、ひとえに当地の素晴らしいピアニスト水口かずみさんのおかげです。彼は福田氏の愛弟子。僕と福井の岩佐くんの関係みたいなもんです。こういう人間関係があって、ジャズ渡世人の生業が成り立つのです。水口さんは僕の1年下。学年で言えば、福田3年生、布川2年生、水口1年生の関係、同世代で気が合いますね(笑)。
 
ライブは最終日でかなり熟成した感じ。今回のDUOツアーは相当色々なプレイのアプローチを試してみました。6月末の北関東〜東北ツアーでますます面白くなるんじゃないかな。
 
サプライズは三条から駆けつけてくれたむっちゃん(吉田睦)と水口さんDUOでのハッピーバースデイ。心温まる福田重男プレバースデイライブとなりました。
IMG_3736.JPGIMG_3735.JPGIMG_3734.JPGIMG_3733.JPGIMG_3737.JPG
 
そして最終日打ち上げは中華。酔っ払った福田語録最高にオモロいかつ、僕にとっては新しかったな。曰く……、
 
ピアノは鍵盤全部押し込むと音が汚い。ルービンシュタインは綺麗、一方ホロビッツは押し込む。でも……、とにかくホロビッツはスピードがある。いままでマイルスとホロビッツ以上にスピードあるプレイヤーを知らない。


P.S…ジャズピアニスト話も色々出たけど、興味ある方は会ったときにでも(笑)。
IMG_3738.JPG
 
●5/7(月)柏崎〜川崎市溝ノ口洗足音大
 
この日1日だけ気質生活に戻ります。午後からレッスン。8時に出発して、制限速度を厳守しながらもかなり早く関越練馬に到着渡世人の制限速度ですが…笑)。福田氏とお疲れさまして、僕は午後から大学へ。
 
渡世人→気質への切り替えはなかなか大変でございましたとさ。
 
 
 
To Be Continued…
 
 
 
Old Boys' Dreams

Old Boys' Dreams

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Bacchus Label
  • 発売日: 2017/09/06
  • メディア: CD
 

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

福田重男 布川俊樹 SPRING TOUR 2018 [日々のぬのさんのライブ]




皆さま、こんにちは。ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか?


僕はGWはまたまたジャズ渡世人プチツアーです。


というわけで、福田重男 布川俊樹 SPRING TOUR 2018のお知らせをいたします。既に4月に御殿場、伊豆高原という静岡県2本を大盛況で終了。明後日からは初のGWツアー4本、そして6月後半(SPRINGかどうかはおいといて…笑)は北方面に5本です。


もちろん昨秋リリースの最新作「Old Boys' Dreams」の楽曲を中心にお送りいたします。


各地で皆さまとお会い出来ることを楽しみにしております。


CD「Old Boys' Dreams/ 福田重男 布川俊樹発売記念 SPRING TOUR 2018


福田重男(p)、布川俊樹(g)


IMG_3627.JPG



●5/3(木)16:00〜16:45

高槻ジャズストリート生涯学習センター2F多目的ホール


チャージ無料


●5/4(金)20時〜福井 Music Space Schu House(0776-43-9577)



チャージ3,500円


2nd setは地元ミュージシャンとのコラボ(羽田正英g、中山トモb、よーすけds)、アフターセッションあり。


●5/5(土)19:30〜金沢もっきりや(076-231-0096)
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/

チャージ 前売り3,000円
 
●5/6(日)19:30〜新潟県柏崎うたげ堂(問い合わせ 080-5694-5174水口)
 
チャージ3,500円
 
●6/21(木)20時〜宇都宮フェローズ(028-688-8909)
 
チャージ3,500円
 
●6/22(金)19:30〜山形ノイジーダック(023-633-6506)
http://noisy.jp/
 
チャージ3,500円
 
●6/23(土)19時〜仙台ジャズミーブルースノラ(022-398-6088)
http://jmb.at.webry.info/
 
guest: 正木睦彦(b)、岩谷真(ds)
チャージ 前売り3,000円、当日4,000円
 
 
●6/24(日)19時〜盛岡 Bar Cafe the S(019-625-2440)
http://livecafe385.com/thes/
 
guest: 小林ゆうこ(vo)
チャージ 前売り3,500円、当日4,000円
 
●6/26(火)19時〜水戸ガールトーク(029-225-0050)
 
チャージ 前売り3,500円
 
 




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

2018年春ジャズ渡世人「ひとりたび」絵日記 [日々のぬのさんのライブ]



「ぬのさんのスパイスフリークな日々」の読者の皆さま、御無沙汰しております。新年度初、久々のブログ投稿となりました。大学では担任仕事、イベントコーディネイター仕事などもやっているので、新年度はかなり忙しいです。今年はアンサンブルクラスも昨年とはまったく変わって、その授業ネタ曲選びとかもあります。


で、遅くなりましたが、そんな大学仕事とは真逆の仕事、これぞ僕の表の顔!2018年春休みジャズ渡世人ひとりたびをまとめておきます。こういう投稿は時間が経って見ると、アルバム見るみたいで楽しいんです(後半何故か改行が上手くできなくてちょっと読みにくいですがお許しを。最後は桜写真でお茶を濁しました…苦笑)。



●3/15(木)川崎市多摩区自宅〜広島県福山(約700km)

さて、これからジャズ渡世人8泊9日のタビに出発。洗車して気分を新たに向かいます。今日は福山まで何と700km!何時に着くかなあ。大変だけど大好きな独り自由な時間。

IMG_3521.JPG


19時半到着700km完走してソウルブラザー佐藤茶さん宅に到着。名古屋まで眠たかったっす。



そして福山ピーポーと肉飲み会突入。ソウルブラザーお茶屋さん、獣医さん、浅野ご夫妻と。この日は呑み会に向けてひた走って来たのでした(笑)。
IMG_3522.JPGIMG_3523.JPGIMG_3524.JPGIMG_3525.JPGIMG_3527.JPGIMG_3528.JPG


●3/16(金)福山〜広島(約100km)

700km移動の翌日はかなり楽な移動、午前中はスーパー銭湯で休んで、下道で広島市に移動しました。


この日はクローズドイベント。いつもお世話になっているトッシー先生こと田中敏文さんの還暦パーティーでした。もちろんスーパー眼科医ヴォーカリストの田中民江さんも歌います。素晴らしい料理とお酒の数々、やられましたねえ。ところで、この日の演奏はほんとに数曲30分程度。こんな楽な仕事でいいのかって感じ…(爆)。一番重要だったのは、トッシー先生が入場のときに弾いた「時の過ぎ行くままに/ 沢田研二」のギターのイントロだったかな。心を込めて弾きました(笑)。



笑っちゃったのは、僕も一足早い還暦赤帽子被ったこと。夏が楽しみです。写真はグラッパ、とんでもなく美味かった白トリュフのリゾット。

IMG_3529.JPGIMG_3531.JPGIMG_3533.JPGIMG_3534.JPGIMG_3530.JPGIMG_3532.JPGIMG_3538.JPG

 トッシー先生、民江さん、いつもながら御馳走さまでした。

●3/17(土)広島〜高松サードストーン Workshop(約210km)
かなり二日酔いっぽい感じでしたが、午前中から高松へ向かいます。14時からWorkshopがあるからです。ギタリストたちとジャムセッションしながら色々練習法などアドバイス。夜は連日の呑みでさすがに疲れててホテルでゆっくり。
IMG_3536.JPGIMG_3537.JPG

●3/18(日)高松サードストーン Live
この日は、今回ブッキングや宣伝など大変お世話になった高松の素晴らしいギタリスト納田さんとヴォーカリスト平田ひとみさんをゲストに迎えたライブでした。ユーミンや元ちとせの楽曲など普段あまりやらない曲をやれてそれが楽しかったな。終わってからは、高松ジャズユニットの関谷さんや大野さんと打ち上げ。御馳走さまでございました。納田さん、ひとみさん、2日間どうもありがとうございました。
IMG_3554.JPG
IMG_3542.JPG
IMG_3541.JPGIMG_3540.JPGIMG_3539.JPGIMG_3544.JPGIMG_3543.JPGIMG_3545.JPGIMG_3553.JPG
●3/19(月)高松〜高知県室戸シットロット(約200km)
雨中の移動、高松から室戸まで200km弱。時間に余裕があるから下道にしてみたら最高のドライブとなりました。まったく途中の観光スポットとか考えてなかったんだけどね。
おまけに昼飯は適当なところがなかなか見つからず、かなりお腹空いた段階でたまたま入ったお店。偶然来た店としては最高だったな。人生初の祖谷そば。だいたいこの景観の蕎麦屋ってスゴ過ぎ!
今日のワタクシ、大ボケ(どういう意味かわかるかな?)の大ラッキーでした。
IMG_3546.JPG
IMG_3547.JPGIMG_3548.JPGIMG_3549.JPGIMG_3550.JPGIMG_3551.JPGIMG_3552.JPG
そして室戸シットロット到着。元々Facebookでマスターの山下裕さん(初共演したら素晴らしいギタリストでした)から書き込みもらったのがきっかけで実現したライブです。うーん、なかなかすごいところまで来たぞ(笑)。この日は前半無伴奏ソロ(かなり面白くできました)、後半はジャムセッション。高知ではよく会う安田さんも加わって楽しく演奏できましたね。お店もよかったな。カレーと紅茶ってのが完全にツボ!
IMG_3555.JPG
IMG_3562.JPG
●3/20(火)室戸〜福山DUO(約260km)
朝起きて天気悪かったけど、せっかく遠路はるばるやって来たので、やっぱり行かなきゃ!ってことで、室戸岬!
IMG_3556.JPGIMG_3557.JPGIMG_3558.JPGIMG_3559.JPGIMG_3560.JPG
ジャズ渡世人楽しいなあ…。
今度は高速で福山到着。広島のヴォーカリスト梅せつこさんと合流。何故か前打ち上げに(笑)。ライブはいつものメンツで盛り上がり、終わってからはバーでシングルモルト。かなり飲んだ日……。
IMG_3563.JPGIMG_3564.JPG
●3/21(水)福山〜岡山 Cafe Soho(約70km)
昼はソウルブラザーのお茶屋さんと回転寿司。この日も楽勝移動なんで下道です。岡山では角堂りえ(org,p)ちゃんとSohoマスター岡崎さんとのトリオ+ジャムセッション。1年ぶりくらいで山岡さんとも再会でした。岡崎さんにもお世話になりっぱなしだなあ…。
IMG_3570.JPGIMG_3565.JPGIMG_3566.JPGIMG_3567.JPGIMG_3568.JPGIMG_3571.JPG
●3/22(木)岡山〜兵庫県明石Pochi(約140km)
岡崎さんと昼うどん食べて出発。まあまあ距離あったけどこの日もガッツの下道。というかその方が眺めも楽しいんだよね。そんなに早く着いてもしょうがないし。写真は岡山ブルーラインからの眺め。
IMG_3572.JPGIMG_3573.JPG
明石Pochiに到着です。昨年SJPトリオツアー以来かな。この日は、関西でもう何度も一緒にやっている小田千津子さん、東川幸嗣さんとのジャズセッション。と言ってもやる曲は凄まじく難しいコンテンポラリージャズ楽曲です。小田さんのオリジナル、僕のオリジナルにフレディーハバード、ブレッカーブラザーズ楽曲などやりました。超難曲は何と言ってもブレッカーの「Above & Below」。この曲だけツアー前に丸二日くらい練習して臨んだのですが…。
IMG_3569.JPG
IMG_3577.JPG
 
かなり玉砕(苦笑)。まあ色々と理由はあったんですけどね。そのリベンジは、このメンバーに宮崎隆睦くんが入った翌週大阪梅田Alwaysでのライブで果たせたかな。
ライブ終了後は日本4大呑み友達の一人、あかしたごさんが大変美味しい明石の酒と肴のお店に連れて行ってくれました。御馳走さまでした!
IMG_3574.JPGIMG_3576.JPGIMG_3575.JPGIMG_3578.JPG
●3/23(金)明石〜自宅(約530km)
ゆっくり帰ったから到着は深夜、8泊9日ジャズ渡世人のタビから帰って来ました。
IMG_3579.JPG
僕は、東日本大震災以降、ジャズ渡世人を名乗ることにしたのですが、改めて、自分はこの仕事に向いてると思ったなあ。今回の移動は2,200km超。皆、そういう話をすると「大変ですねえ。疲れるでしょ?」とか聞きます。実は僕としてはそうでもない。車での長距離移動が全然ストレスじゃなくて好きなんだよね(腰痛とか全然ないし)。特に下道は最高。今回、高速使わなかったことも多かった。あと、ひとりタビのときは、完全に自由な気分を味わえます。何処でメシ食おうが、何処寄ろうが気分次第。完全にその日の流れ、まさにインプロヴィゼーション(笑)!
IMG_3580.JPG
そしてもうひとつは、何と言っても各地での人との繋がりです(この投稿を読んで頂ければおわかりになると思います)。それなくしてこの仕事は成り立たない。演奏させて頂く感謝の気持ちを持って自分のミッションを果たして行く、それが渡世人というものなのです。
IMG_3581.JPG
最後にこの場を借りて、福山お茶屋さん、前原さん、せっちゃん、獣医さん、DUOきょうこちゃん、広島トッシー先生、民江さん、梅せつこさん、高松納田さん、ひとみさん、関谷さん、大野さん、サードストーンけんちゃん、室戸シットロット山下さん、安田さん、岡山SOHO岡崎さん御夫妻、りえちゃん、山岡さん、明石たごさん、小田さん、東川さん、吉見さん、ポチ中西さん、そしてライブ御来場の皆さまに心から御礼申し上げます。どうもありがとうございました。
IMG_3582.JPG
 
まだまだジャズ渡世人ガンバりますぞ!
IMG_3583.JPG

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

今春もジャズ渡世人!今年は「ひとりたび」 [日々のぬのさんのライブ]



こんにちは。かなり寒かった冬ですが、少しづつ春の気配を感じる今日この頃です。


毎年、大学春休みの3月はツアーをやることが多いです。


今年は久々の「ひとりたび」。まさに

ジャズ渡世人であります。ところで、ちょっと前に学生にレッスンのときに質問されました。「先生がよく書いてる渡来人って何ですか?」「え、とらいにんじゃないよ。渡世人!南蛮渡来じゃないんだから(笑)。意味知らない?木枯らし紋次郎って知ってる?」「知りません。」「僕が子供の頃大ヒットしたドラマだよ。」とか言いつつ、渡世人の意味、そして現在ビータするジャズマンの共通性と矜持をレッスンしたのでした。楽器を弾くだけがレッスンじゃありません(笑)。でも、寅さんの方がわかりやすかったかな…。


さて、今春ジャズ渡世人のライブスケジュールは以下です。


各地の皆さまとお会いすることを楽しみにしております。




布川俊樹 2018年春のジャズ渡世人ひとりたび

布川俊樹(g)


  •  

  • 3/17(土)14時〜高松 サードストーン(087-847-5891)
    ジャムセッション&ワークショップ


     

  • 3/18(日)高松 サードストーン(087-847-5891)
    布川俊樹(g)、納田牧人(g)、平田ひとみ(vo)


     

  • 3/19(月)高知県室戸シットロット(0887-22-1176)
    布川俊樹ジャズギターライブ&ジャムセッション


     

  • 3/20(火)福山 DUO(084-923-5727)
    布川俊樹(g)、前原潔(b)、佐藤茶(ds)

     

  • 3/21(水)岡山Cafe SOHO(080-4558-8386))
    布川俊樹(g)、角堂りえ(org,p)&ジャムセッション

     

  • 3/22(木)兵庫県明石 Pochi(078-911-3100))
    東川幸嗣(tp)、布川俊樹(g)、小田千津子(p)、長谷川晃(b)、渕雅隆(ds)

nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 日々のぬのさんのライブ ブログトップ