So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年11月| 2018年12月 |- ブログトップ

2018年師走ツアー [日々のぬのさんのライブ]



こんばんは。いよいよあと1週間を切りました。2018年師走ツアーのお知らせです。



布川俊樹 和田明 DUO 師走ツアー

布川俊樹(g)、和田明(vo,g)

47187580_322305381707782_8319150914170519552_n.jpg47469088_322305461707774_3659262378995875840_n.jpg


●12/20(木)神戸甲南山手 Gallery Zing (078-413-4888)


●12/21(金)徳島県小松島市 台湾茶房阿里山 (070-5518-1660)


●12/22(土)高松 So Nice (087-873-2117)


●12/24(月)広島県福山 grand soul cafe Guns' (084-927-0071)

 X'mas Special Live & Jam Session(シークレットゲスト有り)



ここのところ積極的に活動している、和田明とのDUOユニットで今年最後のツアーです。明と初めて出会ったのは、2013年 布川俊樹 SJP TRIOのツアーで鹿児島に行ったとき。最初の出会いでいきなり彼の歌唱に度肝を抜かれました。で、打ち上げ飲み会で完全に意気投合。まあよく飲む奴で(笑)。息子のような歳ながら(30歳下)、80年代の音楽とかよく知っててAORとかも好きらしい(驚)!飲み会締めはショットバーでシングルモルト。そんなのオレは20代で全く飲まなかったぞ。




そのときに、彼がNYへ武者修行に行きたいってことや東京へ出て来たいって話をして、東京のライブに呼んだりしたのでした(そのことを明は感謝してくれているようです)。




で、東京に出て来てからしばらくDUOとかをやってたのですが、昨年福山ジャズフェスから地方にも行ったりするようになった。で、ずっと一緒にいるととにかく面白くて気のいい奴。もちろん音楽的にもバッチリ合うことがわかった。DUOでやっててタイムに全くストレスがない。僕にとってレアな奴だった。


今回のツアーでは彼はギターも弾きます(ギターも上手い!)。実は、来年1月にレコーディングするんです。来年は積極的に活動を広げて行きます。


その前哨戦的な師走ツアー。60歳と30歳のダブルスコアデュオ。この歳の組み合わせはまさに最後(笑)!各地で皆さまとお会いすることを楽しみにしております。


以下はツアーリハ&打ち合わせと称した楽しい布川地元飲み写真です(笑)。

46955651_1901968323171969_8411341382156812288_n.jpg46917298_1901968466505288_1148344323599761408_n.jpg47108581_1901968486505286_4591362963327156224_n.jpg47067060_1901968493171952_949922070089695232_n.jpg




Akira Wada / ESSENCE

Akira Wada / ESSENCE

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: CHIGUSA Records
  • 発売日: 2017/04/08
  • メディア: CD




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

最近のライブ映像 [日々のぬのさんのライブ]


こんにちは。2018年も師走です。なかなか還暦厄年を満喫したのですが、多くは語りますまい(苦笑)。


最近のライブ映像を2つほど紹介しますね。


●11/23(金)新百合ジャズスクエア「BIG 3 GUITARISTS」




ご近所ギタリストの田辺充邦くんに誘われて竹中俊二くんと3人でモダンジャズをやろうというコンサートでした。期せずして、この3人は岡山県倉敷のギタービルダー山岡則正さんのギターを使っています。まさに Yamaoka Brothers。歳から言ったら僕が間違いなく長兄です(苦笑)。


山岡さんにとって今年は試練の年でした。7月倉敷真備町を襲った水害で工房がある自宅が2階まで水没してしまったのです。しばらくは連絡もつかず、かなり心配だったのですが…。そんな山岡さんをなんとか励ますようなイベントになればと思っていました。このコンサート当日には山岡さんがわざわざいらっしゃいました。諸々の事情でチャリティーコンサートにはできませんでしたが、想いを込めて演奏したつもりです。

46486315_761122390891438_8694384764959850496_n.jpg46504087_761122364224774_6987149421012058112_n.jpg46514452_2855291971163771_5847044854730719232_n.jpg46503634_2252665245047476_2686705582148157440_n.jpg


以下が当日メンバーとセットリスト。

布川俊樹、竹中俊二、田辺充邦(g)、佐瀬正(b)、吉岡大輔(ds)


1st

I'll Remember April

Autumn Leaves

The Days Of Wine And Roses(布川トリオ)

Summertime & 4 on 6


2nd

All The Things You Are(3ギターのみ)

Tequila(竹中トリオ)

The Shadow Of Your Smile(田辺トリオ)

Oleo


Encore

Unit 7


当日は、僕の中学同級生6人も来てくれました。ライブ前に還暦パーティーをやっていたようです。僕もリハを早々に終えて1時間くらいパーティーに参加。いい感じにワインを頂いて楽しくゴキゲンなライブとなりました(笑)。

46757606_1895063897195745_8417240352234143744_n.jpg46688339_1895063890529079_401527254028386304_n.jpg46704820_1895063933862408_8207383856400039936_n.jpg46522687_2009232419156332_2866786641677123584_n.jpg


●11/3 桜新町 Neighbor 「John Scofield Uberjam Tribute Live 」


布川俊樹、竹中俊二(g)、河原真(b)、神田リョウ(ds)、山下あすか(perc)


45351671_1984288251650749_6839946082730901504_n.jpg


河原さんは若い頃、納ちゃんのローディーをやっていました。その彼が店長をやっている桜新町 Neighbor、とても綺麗ないい雰囲気のお店で最近よく出演させて頂いてます。このライブは彼とのふとした会話から始まりました。「布川さんが一番好きなギタリストは誰ですか?」に「そりゃーもちろんジョンスコフィールドさんです」と即答。その後、今世紀に入って一番カッコいい音楽だと僕が思っている Uberjam Bandの話で大盛り上がり…。河原さんもメチャ好きらしい。


で、彼の提案でこのトリビュートセッションをやることになりました。僕は45歳くらいまで、ほぼジョン大師匠ゆかりの楽曲はライブでは演奏しませんでした。20代の頃にあまりに影響を受けたからです。でも、50過ぎたあたりから「もういいか」と思うようになりました。純粋にいまは楽しめます。ジョンさんみたいに弾こうと思ってもそうは弾けないし、いまは何を弾いても自分のサウンドになると思えるようになったからです。


このセッションも、河原さんが紹介してくれた素晴らしい若手リズムセクションで最高に盛り上がりました。


その中から1曲、「Offspring」です。





ジャズ・ギターの金字塔 基礎/コード・ワーク/ソロ/スタンダード曲 (CD2枚付)

ジャズ・ギターの金字塔 基礎/コード・ワーク/ソロ/スタンダード曲 (CD2枚付)

  • 作者: 布川 俊樹
  • 出版社/メーカー: リットーミュージック
  • 発売日: 2018/09/25
  • メディア: 楽譜
Old Boys' Dreams

Old Boys' Dreams

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Bacchus Label
  • 発売日: 2017/09/06
  • メディア: CD




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

2018年11月|2018年12月 |- ブログトップ