So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018 GW&More ジャズ渡世人のタビ(後編)「和田明とDUOユニット結成!」 [日々のぬのさんのライブ]



さて、GW&More ジャズ渡世人のタビの後編でございます。


5/7(月)は柏崎から大学へ直行して1日だけ堅気に戻りました。ゆっくり休むヒマもなく、翌日から再び5泊6日のタビです。僕的には男性若手ヴォーカリストでイチ押しの和田明とのDuoツアー。GW前に我が家でリハをしていて、かなりコンセプトが固まっているDUOです。今回ツアーでは明もギターを弾きます。



● 5/8(火)川崎市多摩区自宅〜名古屋 Mr. Kennys


東名川崎インター近くで明を拾って名古屋へ。1週間ぶりに東名で西へ向かいます(苦笑)。

IMG_3782.JPG


最近は名古屋くらいの移動は楽勝だな。彼との車での長時間移動は初めて。かなり喋るやつだから全く退屈しない(笑)。また年齢差がよい。僕がほぼ60、彼が30で今年は唯一歳の比率が2:1になる年。息子みたいな気分で色々喋れるのがよいわけです。ずっと音楽聴いてあーだこーだ言い合ったりね。なかなか他の車タビではないことかもです。


ライブは初日からいい感じでした。

IMG_3784.JPGIMG_3783.JPG

IMG_3786.JPG

 
● 5/9(水)名古屋〜岡山 Cafe Soho
今回もケニーズのマスターのギタリスト倉谷さん、カタリーナ美穂さんには大変お世話になりました。

昼には出発。高速入る前に急に思いついて、珍しくラーメン屋へ(僕は1シーズンに1回くらいしかラーメンは食べない
)。実は、以前の生徒がラーメン屋さんやってるんです。福田氏とも来たことがあるお店でその名も「六弦」。ラーメン屋で並ぶのって、多分今世紀初めてかなあ…。大繁盛で何よりでした。店は完全にジャズギタリスト店主の趣き(かかってる音楽ももちろんジャズギター。普段飲食店でジャズかかってるのは気になって好かんけど、ここは許します。ジャズ愛があるからね!)。
 
人気 NO.1メニュー汁なし担々麺、大変美味しゅうございました。
IMG_3787.JPGIMG_3788.JPGIMG_3789.JPG
 
そして、岡山へ向けて高速でひた走ります。明は色々な場所が初めてだから移動が楽しそう。途中新名神が高槻から岡山方面まで開通していました。ナビにも載ってなかった(だいぶ山中を通るけど早いのかな…?)。
 
無事、Cafe Sohoに夕方到着。いつもお世話になっているお店。マスターの歯科医ドラマー岡崎さんは僕の1年上、アラ還世代で話が合うんだな。演奏は2日めにしてバッチリです。天井が高いライブな音響でDUOにはピッタリな場所ですね。終了後打ち上げはいつも通りお店でマスターの料理を頂きました。
 
IMG_3785.JPG
IMG_3790.JPG
 
 
● 5/10(木)岡山〜高松サードストーン
 
この日のブランチは岡崎さんと櫃塗しうどんセット。今回もお世話になりました。
IMG_3820.JPG
 
高松は橋で瀬戸内海渡れば直ぐです。明は瀬戸大橋初めてってことで、与島でひと休みして行きました。ライブは3月後半にひとりたびで行った高松郊外のサードストーン。地元の素晴らしいギタリスト納田牧人さんとヴォーカリスト平田ひとみさん(3月のときは共演ライブでした。以下のフライヤーも作って頂きました)に色々とコーディネイトして頂いて実現した今回のライブです。
 
IMG_3791.JPG
 
ライブは満員のお客さんで大変盛り上がりました。明、初の高松にして完全に心を掴んだな。彼はあの若さにして、剛と柔を見事に使い分けます。激しい曲でのパワーは若さ全開だけど、しっとりしたバラッドの声はホントにグッと来る感じで魅力的なんだよな。とにかく場を持って行く力がありますね!
 
IMG_3797.JPG
IMG_3796.JPGIMG_3798.JPGIMG_3799.JPGIMG_3794.JPGIMG_3793.JPG
 
ライブ終了後は繁華街にある So Niceに移動。2011年の初高松リーダーライブ以来ずっとお世話になっている高松ジャズユニットの宮本さん、関谷さん、大野さんと合流。彼らはこの日、ここでライブだったのです。
 
このアフタージャム&宴会がすごかった。かなりヨッパラって、納田さんのギターをバックに皆で歌いまくる(ビートルズとかサザンとか歌謡曲とか色々)というカラオケならぬ納田生オケとなりました。とにかく、納田さんはどんな曲でも知ってればすぐ弾ける。すごい才能に驚嘆!


結局3時まで(苦笑)。
 
IMG_3817.JPGIMG_3816.JPG
IMG_3818.JPG
IMG_3815.JPG
 
● 5/11(金)高松〜福山
 
● 5/12(土)福山
 
またまた福山でございます。金曜土曜週末2日間のクローズドパーティーイベント。
 
その前にたっぷり時間あったので、高松観光は屋島でうどん!そして頂上へ。最高の昼下がりでした。こういうことができるのがジャズ渡世人の楽しみであります。
 
IMG_3804.JPGIMG_3805.JPGIMG_3803.JPG
IMG_3801.JPGIMG_3802.JPGIMG_3814.JPGIMG_3800.JPG
 
屋島寺にはたぬき神社がありました。何を隠そう、僕の子供時代のあだ名は豆ダヌキくんでした(笑)。親近感!
IMG_3821.JPGIMG_3822.JPGIMG_3824.JPG
 
そしてこちらは血の池!
IMG_3825.JPGIMG_3823.JPG
 
高松出発。まだまだ楽しいタビは続きます。福山への移動の道すがら、倉敷の山岡ギター基地に初めて立ち寄りました。高梁川近くの素晴らしい環境の場所でした。こういうところで、この美しいギターは作られてるんだなあ…。ギター大好きの明も大興奮!
 
IMG_3806.JPGIMG_3807.JPGIMG_3808.JPGIMG_3809.JPG
 
17時福山到着。当地の素晴らしいお医者さんベーシスト前原潔さんがセッティングしてくれたパーティーライブです。ありがたいなあ。初日は3月にも行った肉の美味しいお店(名前失念)の地下。2日めはソウルブラザー お茶屋さんこと佐藤茶さんの会社内スペースで。
IMG_3812.JPGIMG_3813.JPG
 
いやあ、盛り上がった2日間でした。演奏はまさにホームグラウンドならでは。お客さんはミュージシャンばかりだから、合いの手や手拍子、駆け声などすべてバッチリ。お客さんとコール&レスポンスのある素晴らしいライブとなりました。
 
そして、アフターアワーズセッション&飲み会は結局高松から3日連続となり、すごかったのが最終日。夕方ライブからワイン飲みまくりで、最後はお茶屋さん、明と僕の3人になり、焼酎一升瓶が空いてしまったという…。こんなに飲んだの最近では記憶ないな(苦笑)。2日めの昼間も楽しかった。山の温泉行って、福山 Soul Foodという府中焼ピリ辛赤麺。カリッとした麺が美味かった!
 
IMG_3811.JPG
 IMG_3810.JPG
 
 
● 5/13(日)福山〜川崎市多摩区自宅
 
 
あまりに二日酔いが辛い朝。起きたら…
 
まったく声が出なくなっていました(涙)。さすがに半分の歳の若者と3日3晩呑んで騒いでたらダメだよな。自業自得です。
 
いつものタイ料理屋さんへ行って昼飯。さあ、700km超の移動だ!!
IMG_3819.JPG
台風なみの豪雨の中何とか21時前には到着。福山から川崎までまったく雨が止まない!雨とともに移動したんだな(嘆笑)。途中静岡の山中では高速で100m先は見えない感じで怖かった。
 
とにかく……
 
 
ミッションコンプリート!
 
今回の DUOはとても面白かった。明とは色々なことで波長が合う気がする。音楽的な持って行き方、グルーヴ、タイム、すべてピッタリ自然に行く感じ。あと演奏以外の付き合い、呑んでるときとかもとにかく楽しい。また、人間が面白くて素晴らしいんだな。タビ中に嬉しいことがありました。実は、明が今年の始めにモーションブルー横浜で30歳記念のライブをやったとき(僕が今年還暦記念を8/1に同じ場所でやるってのも何かの縁…笑)、差し入れでシャンパンを持って行ったのね。それでそのときは彼もライブ終わってから忙しくて乾杯とかできなかった。ところが何と、今回のツアーに彼がそのシャンパンを持って来たんです。「今回、布川さんと呑みたい」ってことで、最終日のパーティーライブのときにそれから呑み始めたわけです。30歳にして何と素晴らしい気遣い!取りあえず爺の心は掴んだぞ(笑)!
 
というわけで、布川俊樹 和田明 DUOはユニット化することにしました。また夏以降本格的にやりますよ!年内レコーディング目標です。もちろんその前に DuoRamaと明っていう組み合わせで何本かあるけどね…。
 
 
 
乞うご期待!
 
 
● 後日談
 
結局、帰って来た日の翌日月曜は大学。まったく声が出ず、レッスンや授業はひそひそ話みたいな感じで行いました。水曜までまったく出なかった。いまはだいぶマシになったけど、まだハスキーヴォイス。
 
実は僕は昨年11月から声帯ポリープになっていて、何かと嗄れ声だったわけ。それが4月に結構調子よくなっていた。それで、このGWツアーで調子に乗ってアホなことをやってしまったんですね。さすがに今回は反省でした。
 
でも、今回の全く声が出なかったことがきっかけとなりました。
 
8月2週めにポリープ手術します。
 
8/1モーションブルーヨコハマでの還暦記念 VALIS REUNION Liveの翌週。今年は長い夏休みになりそうだな。何しよっかな(笑)。
 
IMG_3826.JPG

Old Boys' Dreams

Old Boys' Dreams

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Bacchus Label
  • 発売日: 2017/09/06
  • メディア: CD
DuoRama Standards

DuoRama Standards

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: shiosai ZiZO
  • 発売日: 2015/07/03
  • メディア: CD






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。