So-net無料ブログ作成
検索選択

教則本値下げのお知らせ [ニュース]

 

 

こんにちは。台風の季節、いよいよ2016年夏も終わりって感じになって来ましたね。今年は福田重男とのデュオツアーの最中からとにかくオリンピック!盛り上がりましたねえ。僕がリアルタイムで見た中で最も感動したのは男子自由形800mリレー決勝、テニス錦織さん銅メダル、女子卓球団体銅メダルの3つかなあ。全部銅ですね。陸上400mリレーは生で見なかったのが惜しい!


しかし、選手のインタビューとか聞いていると、いかに彼らがものすごいプレッシャーの中で戦っていることがわかります。バドミントン銅メダル奥原さんの試合前のルティーンが「こういう場所で戦えることを感謝する」というものでした。非常によくわかります。僕も40歳でLAレコーディングをしたときに初めてそんな気持ちになりました。力を抜くには大変良い方法です(というか、心底そう思えることが重要ですね)。彼らは10代からそういう境地に達しているんだなあ…。見習っていかないとね。


さて、本題です。

 

SJG.jpg


昨年6月に発売した教則本「布川俊樹の The Standard Jazz Guitar」、各方面で御好評を頂いております。発売後1年を過ぎ、夏の最後ということで(笑)セールをすることにいたしました。


教則本は直接販売2,000円、郵送2,200円で販売しておりました。


郵送、直接販売(ライブ会場など)ともに1,200円に一律値下げします。


 

これは大幅値下げでしょ!


 

今後CD「DuoRama Standards」とのセットは、セット割引という形ではなく、郵送、直接販売ともに4,000円になります。

 

 

 

CD「DuoRama Standards」と同時発売教則本「布川俊樹の The Standard Jazz Guitar」はCD完全対応の内容(以下)になっています。


●プレイヤー自身が書き下ろしたギターコピー譜面とその解説(金字塔より量も多く、見やすい譜面となっています)


●各曲毎にテーマを決めたエッセイでは、練習やジャムセッションなどに生きるアイディア満載。


●ラストは布川、納、石原しおさい代表の三者鼎談


●またこの教則の自信を持っておススメできる点は、CDのトラックからギターを抜いたマイナスワン音源が付録についていること。つまり、トップベースプレイヤー納浩一とデュオ共演ができるのです!これはかつてなかった教則本ですぞ!

 

 

郵送での購入御希望の方は


n-valis@da2.so-net.ne.jp 宛にメールをください(以前はFacebookメッセージも受け付けていましたが、見落とす可能性も多いのでメールのみにします)。


代金振込先をお知らせいたします



メチャお得ですぞ!!


 


 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2016年夏盟友オヤジコンビデュオツアー絵日記(後編) [日々のぬのさんのライブ]



●8/8(月)出雲〜広島県福山 DUO

ツアーも後半戦突入です。この日は素晴らしい眺めの山道を抜けて奥出雲のお蕎麦屋さんへGO!こういうこときにジャズ渡世人の幸せを感じますね。

1日限定15食のザル蕎麦。この挽きぐるみの感じは大好きでした。相当好きな蕎麦。旨し!!
13886311_1044467998922010_2542268072544218847_n.jpg

定番出雲蕎麦
13880352_1044468005588676_8780572351638901938_n.jpg


そして福山佐藤茶さん宅に到着。佐藤さんは仕事でまだいない。時間に余裕があったから僕は温泉、福田氏は打ちっぱなしに(笑)。

DUOに到着したのは演奏時間10分前くらいでした。超リラックスモードでふにゃフニャ(苦笑)。やっぱり福山は第二のホームタウンだな。1stはデュオ演奏。2ndは前原潔、佐藤茶とのカルテットを織り交ぜて演奏。アフターアワーズ3rdセットはジャムセッション。相当弾いたぞ!写真はギタービルダー山岡則正さんが撮ったものです。

13920749_1654865008160839_3853682895455082356_n.jpg
御存知、福田巨匠。

13901403_1654865414827465_4798340106196410811_n.jpg
酔拳ぬのさん!

13887060_1654865761494097_7251982438616080961_n.jpg
「律」をリリースして絶好調、前原さん

13925118_1654866001494073_2415490515367509211_n.jpg
「なんとかなる」。いい言葉だなあ。この人こそ、万事塞翁が馬の師匠のような素晴らしい方。尊敬してます。ソウルブラザーお茶屋さん。

13935052_1654866154827391_5652010866548821262_n.jpg
「律」にみんなでサイン。ちなみに律くんは前原さんの御子息。ライブ前にちょっとだけ会えました。もう1歳だそうです。最高に可愛い時期。

終わってからは、前原さんにメチャ旨い焼き鳥を御馳走になりました。前原&佐藤茶、瀬戸内海随一のリズムセクションですね。福田氏も僕も大好きな2人です。
13880173_1044745735560903_8808419197113683797_n.jpg13907063_1044745742227569_6656707026833728627_n.jpg



●8/9(火)広島県福山〜名古屋 Mr.Kennys

ランチは身体を冷やす料理。ここはよく来るんだけど、夏にスパイシーなものはまた格別です。
13912694_1045107678858042_411392410430954665_n.jpg

ここで、佐藤さん、かのちゃんと別れを告げます。この日の移動は約380km。気合い入れて行きましょう。

道中、海が見えました。
IMG_3500.JPG
ウソです。琵琶湖。昔、VALISツアーやってたときにローディーのこまっちゃんが引っ掛かったんだよな(笑)。

途中渋滞もあって6時間くらいかかって到着。新名神に渋滞情報があったから名神に急遽変更。上手くやったぞと思ってたら名神にもかなり渋滞発生。考えれば当たり前だな(苦笑)。

13903198_1156390557768663_6907084650521430707_n.jpg
渋滞にはまってさあ大変。おまわり出て来てこんにちは。

この日のライブは純粋デュオ2ステージ。ババーンと演奏!
13902599_685722811565942_1731786451946561882_n.jpg13912410_685722768232613_3063961531642238222_n.jpg13876552_685722804899276_2806136455999768345_n.jpg

演奏終わって。何と藤山英一郎(ds)くんが見に来てました。たぶん会うの20年以上ぶり。
13920675_685722851565938_3791936007578666466_n.jpg

今回のツアー移動の話題は何と言ってもオリンピック。あーだこーだ2人でくだらないこと喋りながら盛り上がります。「体操の昔の個人総合連覇って誰なんだろう?とか「フェルプスっていつから金メダル取ったら21個も行くんだろ?」素朴な疑問を投げかけると、福田氏が速攻でiPhoneで検索します。色々わかった(笑)。

●8/10(水)名古屋〜静岡県浜松ポルテ

朝起きて僕は栄のアップルストアへMacbook Airの電源アダプタを買いに行きました。何処かで断線してしまったんですね。最初アマゾンで検索したら、ばったもんばっかり出て来てそれでもいいかと思ってコメント見てみるとすぐ壊れたとかまったく使えなかったとかそんなのばっかり。結局Apple純正で1万ちょい。郵便局でスピード違反の18,000円を振り込んで、それもミッションコンプリート。何かと出費が嵩むビータです(苦笑)。

この日の感動は、競泳男子800mリレーの銅メダル。車を駐車してずっと見てました。ゴールの瞬間は超盛り上がり!

浜松は近いからすぐ。

こんなステキな場所での演奏です。
13920740_1046324348736375_4408332820290846654_n.jpg

このビルのオーナー、不動産会社を経営する平野さんがジャズ好きでジャズのライブもできるスペースを作っているのです。普段は結婚式場です。

ライブ前の楽屋姿を撮られちまった(笑)。
13886394_1157433527664366_7006887250664595896_n.jpg

ライブ始まるときに、福田氏がMCをしていると、何と最前列のテーブルに…

タイガー大越さんが!

僕は初対面、福田氏は20年以上前に1回演奏したことがあるということでした。

で、急遽 2ndセットで共演することになりました。

There's No Greater Love, My Funny Valentine, アンコールが The Days Of Wine And Rosesの3曲。いやあ、盛り上がったなあ。タイガーさんは流石のカリスマプレイヤーという感じでしたね。

13879296_1045970608771749_5396002406356531532_n.jpg13934624_1045970605438416_6937965183038761373_n.jpg

終わっての打ち上げ海鮮がこりゃまたすごいことに。

The イカ!
13934567_1046324352069708_3392712625700092271_n.jpg

シマアジ!
13934567_1046324375403039_8039852023061298107_n.jpg

素晴らしい一夜となりました。右手前が平野さん。メチャ面白いお方。あとタイガーさんが66歳と聞いてビックリ。気持ちが若いし、ルックスも若い。
13880370_1046324378736372_2567423508438721100_n.jpg



●8/11(木)静岡県浜松〜前橋まちなか音楽館

いよいよ最終日です。山の日。お盆休み渋滞も始まると思われるから高速道路渋滞情報に気をつかうのは渡世人としては必須のマナーです。

11時には浜松を出て東名→圏央道→関越道で前橋なんですが、さすがに渋滞は結構ありましたね。まあ基本上りだったのはよかったです。

到着。福田氏の故郷です。彼のおかげでいままで何度もライブやってる街。

最終日はやはり演奏は炸裂しましたね。

ここで、今回のツアーの基本的なセットリストを紹介しておきましょう。セッションやヴォーカルが入ったときは若干変わりましたけどね。

1st
Hope In The Cave(布川曲)
How Deep Is The Ocean
Memories(福田曲)
One Phrase Blues(福田新曲)
福田氏に捧げたプチブラジリアンな新曲(布川新曲。仮題はRio…笑)

2nd
I Love You
16ビート跳ねるファンク新曲(布川新曲)
ワルツ新曲(福田新曲)
Childhood's Dream(福田曲)
Mission Complete(布川曲)

encore
The Days Of Wine And Roses

というラインナップでした。以下は当日写真。


故郷凱旋でトークもはずむ福田氏。
13901484_1075155585900090_4924301754606217255_n.jpg

最終日ぬのさん楽しそう。
13886258_1075155605900088_985473218755119804_n.jpg

打ち上げはヘルシーな野菜系飲み屋さん。この後運転のワタクシはノンアルコールビール(嘆)。
13886478_1075155275900121_8803263563943261535_n.jpg


実に楽しい8日間のツアーだったな。やっぱり30年以上の付き合いの盟友福田氏とは色々話しも合うし、もちろん酒好きだし、演奏の方向性も理解できるし、いいわけです。デュオツアーでノリが合わなかったら相当辛いよな。だいたい1台の車移動だしね(笑)

福田氏宅は関越練馬出口近くだから、彼を自宅まで送って、川崎市多摩区に帰宅。夜中2時くらいだったかな。

自宅に戻るまでが渡世人のタビでございます。

13892200_1046833462018797_4666770671924091672_n.jpg

ミッションコンプリート!

何と走行距離2,500km弱!

1日300km以上走った計算。このペースで1年走ったら10万km以上だよ。ビックリ!ジャズ渡世人に大切なことは、とにかく体力とタフさだな(笑)。間違いないです。

しばらくこのデュオライブはないけど、来年は新作レコーディングなど色々やりますぞ!楽しみにしていてくださいね。


P.S…ちなみにもう「Childhood's Dream」の新品は20枚もありません。見かけたら是非買いましょう(笑)。







Childhood's Dream

Childhood's Dream

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: BQ Records
  • 発売日: 2011/07/13
  • メディア: CD




Lyrics of my heart

Lyrics of my heart

  • アーティスト: 布川俊樹,福田重男,高瀬裕,広瀬潤次,
藤井政美,山本優一郎,吉岡洋充
  • 出版社/メーカー: BQ Records
  • 発売日: 2015/08/25
  • メディア: CD




前原 潔 Quartet 「律」

前原 潔 Quartet 「律」

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Roots&Fruits Records
  • メディア: CD







nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2016年夏盟友オヤジコンビデュオツアー絵日記(前編) [日々のぬのさんのライブ]


お盆休みでお休みの皆様、酷暑ですがお元気ですか?ワタクシは仕事の日々であります。

8/4(木)〜11(木)までの8日間、福田重男 布川俊樹黄金(?)の盟友オヤジコンビデュオジャズ渡世人のタビ」でした。相変わらず楽しいコンビの道中でしたね。

いつものように日記風に行きましょうかね。


●8/4(木)川崎市多摩区登戸〜大阪梅田 azul

まずは、福田氏が9時に布川宅近くの小田急線登戸駅にやって来ます。今回は昨年暮れからの愛車ボルボ13くんでの初のツアーです。

新東名沼津あたりでパチリ。
13906969_1041795879189222_4861117925892504450_n.jpg

その数十分後、静岡を過ぎてしばらくして喜劇が…!
13886267_1151671228240596_8918502546953188969_n.jpg
トンネル内で捕獲されました。それも覆面ではない真性パトカー!!

「そんなに速かったですか?」「速いです」「ここは100kmですか(知ってて言ってみる…苦笑)?」「そうですよ。27kmオーバー3点になります。ホントは免停になるくらいのスピードだったけどね」「後ろからマークしてたんですか?」「静岡あたりからついてますよ」

なるほど、ぐうの音も出なかった。色々なスピードを試してたからなあ(爆)。

「いくらなんですか?」「18,000円です」「親の跳ね万振り込んだってわけですね?」「……」

まったく、7巡めくらいにパーピン切ったら、親のタンピン三色ドラドラ振り込んだくらいのノーマーク(笑)。覆面を探す能力は何回にも渡る渡世人タビ経験でかなり高くなって過信してたなあ…。パトカーはまあSAとかに隠れてるんだと思うわけです(でも結構そういうところを通るときに側道も注意してたんだけど)。で、めぼしい獲物を見つけたら、追走してトンネル内で近づいて捕獲するという戦法と見ました。

まるで、ジャングルの猛獣だな(笑)。だけどさ、新東名ってどう考えても最高速度120kmにはして欲しいなあ(とグチを言ってみる。フェラーリとかそういう車乗ってる人だっているんだから)。ゴルゴ13なら絶対バックは取られないけど、まだまだボルボ13くんは甘いってことですね。

でも万事塞翁が馬の人は、こんなことでは凹みませんよ!こんなスピードで初日に捕まってよかったのです。お調子者だから、捕まらなかったら後でとんでもないことになっていたかもしれない。

しかし、捕まっているパトカー写真を撮ってる福田氏にも笑います。

無事(?)梅田azulに到着。ここはホントに素晴らしいお店。
556601_10150952229721973_494094010_n.jpg
13872960_1042018352500308_1446356025635890753_n.jpg
13873099_1042018412500302_3955776154950415974_n.jpg

2人の新曲も2曲づつ披露。初日から楽しいライブとなりました。


●8/5(金)大阪梅田 azul〜高松 So Nice

この日は素晴らしいホテルで正午までゆっくり。意外にタビって移動距離が短いときは朝時間がのんびりできます。結構事務仕事してたけど(笑)。

今回のツアーは実は目論みがあるのです。

まず、2011年にリリースした「Childhood's Dream」が1回増刷を経てまた在庫が最近50枚を切った。次回増刷予定はありません。それを売ってまわっちゃおうってこと。

それと、数ヶ月前に福田氏と飲んだときに、もうCD在庫もほとんどないし、5年経ったから次作でも作ろうか、ってことになった。で、次作は純粋デュオだけじゃなくて、ちょっとフュージョンぽい曲とか書いてリズムセクションも入れてやろうかっていうアイディアが出たわけです。それで、7月1回福田宅でリハーサル。2曲づつ新オリジナルを持ち寄ったわけです。

昼の腹ごしらえ。
IMG_3459.JPG
大阪と言えば粉ものですな。しかし暑い。僕だけビール、福田氏に運転頼みました。

高松到着。高松は2011年からやたら行くようになりました。中学時代の同級生で親友の阿久根くんが当時赴任していたからです。彼はもう高松から東京に戻って来ましたが、彼が作ってくれた縁で、高松ジャズユニットの方々ととても仲がよくなりました。宮本吉朗(b)、関谷利裕(g)、大野健次(ds)の3人(敬称略)。宮本さんは鉄鋼関係会社社長、関谷さんは弁護士(元香川県弁護士会会長で多田誠司氏の同級生)、大野さんはペインクリニック院長。ジャズやってなきゃ渡世人にはあまり縁のないVIPな方々だなあ(笑)。皆さん、ホントにいい方なんです。今回も僕らのデュオに加えて3曲共演しました。高松の方々には大変喜んで頂けたようでした。嬉しいことです。

13962667_1170252486375650_4553015506366789488_n.jpg13906632_1170252746375624_435925962236057013_n.jpg13891911_1170252803042285_7203538780256450618_n.jpg13912475_1170254673042098_2538762535707804348_n.jpg


●8/6(土)高松 So Nice〜高知某お宅〜パンチョス

朝9時には出発です。この日は昼間のホームパーティー仕事と夜のライブハウス二本立てだったからです。

某Cさんお宅に到着。高知市街からちょっと山に登ったあたりです。ステキなお宅にNYスタインウェイがあってそれを福田氏に弾いて欲しいという要望があったことが、この仕事に繋がった経緯です。一体どこでこのLadyと知り合ったんでしょう?
13902796_1043151439053666_6444231949460562260_n.jpg
13920881_1043151432387000_8978507122069879419_n.jpg

さて、お宅に僕の機材を搬入しようとすると…、

何と物販のCDや教則本を入れておいた袋がない!!

大ショック!So Niceに忘れた、さもなければ車に荷物を積み込みしたときに道路に置き忘れたかのどちらかです。後者なら最悪のケース。まず出て来ないでしょう。しかしCDは30枚くらい入ってるし、教則本もかなり入っている。特にまいったのは、残り在庫が20数枚になった「Childhood's Dream」が10枚入ってること。

これは凹みました。スピード違反とは比べものにならない。

ただ、もう演奏開始時間になっていたので、演奏開始。心ここにあらずながらそこは「ジャズ渡世人のプロ」ですから演奏はきちっとやりました。もう気分は最悪。
13901506_1181646491900136_4756923901985218656_n.jpg
13886888_1181635205234598_6731451526328442051_n.jpg

インターミッションに高松ジャズユニット宮本さんと連絡が取れました。何と…

あった!!!
超ホッ……。

店に忘れていたようです(忘れ物チェックは結構したのになあ…嘆)。

後半は異常に盛り上がって演奏しましたとさ(爆)。

夜はパンチョスへ移動。デュオと森博子さんを加えた演奏。
13902678_1181700581894727_492592467443337072_n.jpg
13679967_1181699918561460_57152693400813386_o.jpg

アフターはまず土佐料理を食してから、森さんの同級生がママやってるカラオケスナックへ。数時間の大盛り上がりカラオケ大会。皆歌う歌う。福田氏は十八番の「あふくろさん」。僕は「宇宙のファンタジー」とか。実は前回、ここで異常に盛り上がってCさんと知り合ったんだよね。飲み会も重要ってことです(笑)。

13906800_1043720532330090_7825161392600143608_n.jpg
興奮のうつぼ。

13872744_1043720542330089_599080036218908606_n.jpg
もちろん鰹!塩たたきがいいです。イカ団子も旨し。

13895592_1043448479023962_3043428108929207738_n.jpg
巨匠「あふくろさん」!実は動画も持ってるけど、それはもちろん門外不出(笑)。


●8/7(日)高知〜島根県出雲味巣亭

アホな忘れ屋さんのおかげで、高松経由となりました。宮本さんには大感謝ですね。彼は慶応大学ジャズ研で数年上の先輩にあたります(僕は慶応ジャズ研もたまに出入りしていました)。笹路さんと同学年なのかな。

出雲味巣亭に到着。何とお店の入り口路面がこんな風に…。
13903400_1154600121281040_71850121617360922_n.jpg
IMG_3479.JPG
ありがたいことです。

店に入ると、ゲストの広島のヴォーカリスト民江さんも到着していました。最近、御結婚されたため中村民江改めヴォーカリストとしては民江(Tamieなのかな?)で行く模様です。

なかなかいいライブでした。民江さんは3曲参加。島根県でのライブではいつもお世話になっている地元のピアニスト&講師のかのちゃん(内田佳能さん)にはいつも大感謝です。
13912504_916879861788829_2515739583772351930_n.jpg
13924929_1044048455630631_4976136236715734425_n.jpg

この日の打ち上げもなかなか豪華。
13892207_1044048462297297_274817223591430063_n.jpg
奥の男性はトッシー先生(産婦人科)こと田中敏文さん、民江さんの旦那さんです。前回広島で僕がウィルス性胃腸炎になって体調最悪だったときに点滴を打ってもらった恩人です。いつも御馳走になりっぱなしなんだけど、今回は美味しい白ワインを頂きました。左端はかのちゃん。



To Be Continued……






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

福田重男 布川俊樹DUO Summer Tour 2016 [日々のぬのさんのライブ]

 

布川俊樹ブログ読者の皆様、ポケモンGOやってますか?僕は取りあえずやらないと予想します(笑)。さて、真夏のツアーのお知らせです。


7月もあと1週間となりました。この7月末って何かと毎年忙しい時期です。大学前期の最後。そして7/30マルタさんの藝大コンサート準備。バタバタしているうちに58歳になってしまっているんでしょう(苦笑)。


そして8月夏本番を迎えるわけですが、今年も夏休みツアーを行ないます。

Childhood's Dreamオヤジコンビ、盟友の福田重男と全9本のツアー。2011年アルバムリリースから5年、「2枚めを作ろうか」なんて相談をしていて2人でオリジナル新曲を持ち寄りました。今回のツアーで演奏をかためていってレコーディングしようという目論見です。各地の皆様とお会いするのを楽しみにしています。あと、ボルボくんでの初ツアーです。6気筒ターボエンジンでぶっ飛ばして行くかいな(納号とは真逆の燃費悪くてまったく現代に逆行した車苦笑)。


 

  • 福田重男 布川俊樹 DUO
    Summer Tour 2016


    福田重男(p)、布川俊樹(g)

     

  • 8/2(火)代官山レザール(03-3496-1374)

     

  • 8/4(木)大阪梅田 Azul(06-6373-0220))

     

  • 8/5(金)高松 So Nice(087-873-2117)
    DUO&高松ジャズユニットとの共演


     

  • 8/6(土)高知パンチョス(088-823-0647)
    guest:森博子(vo)


     

  • 8/7(日)島根県出雲味味亭(問い合わせ:内田090-4805-2897)
    guest:中村民江(vo)


     

  • 8/8(月)福山 DUO(084-923-5727)
    前原潔(b)、佐藤茶(ds)


     

  • 8/9(火)名古屋ミスターケニーズ (052-881-1555)

     

  • 8/10(水)浜松ポルテ(053-413-3908)

     

  • 8/11(木)前橋まちなか音楽館(027-289-0492)




2016summertour.jpgFN.jpg



Childhood's Dream

Childhood's Dream

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: BQ Records
  • 発売日: 2011/07/13
  • メディア: CD


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

DuoRama 2016年北海道ツアー写真館(小樽〜函館編) [日々のぬのさんのライブ]


さて、続編です。DuoRama 2016年北海道ツアー写真館(小樽〜函館編)。

6/23(木)小樽〜函館。旭くんは旭川に帰ってしまったので、レンタカーを借りて函館まで移動。約250kmの道のり。途中高速もあまりないから10時に出発。長万部過ぎて海沿いに出たら何か海鮮でも食べようと思って走って行くと…。
hd2.jpg

北海道を甘くみてました。ホントに店がない。ただただ森沢山(もりだくさん)!結局惹かれるメシ屋はまったくないまま長万部、八雲を通り過ぎて…。

この標識は!いまや日本全国で有名になったスーパー小学生サバイバルの地、七飯町ではないか!こんなところで生き抜いたゴルゴ小学生はホントすげーや…。
hd3.jpg

作戦変更で、もう午後3時くらいだったけど、一大観光地で何か食べようと思って大沼へ。
hd4.jpg

ところがここも露店的な店しかない(嘆)。腹減った。でもやたらいい場所だったからいいけど。
hd6.jpg

晴れてたら駒ヶ岳が見えるわけです。
hd5.jpg

もう函館行っちゃえってことで、ライブハウス想苑へ。素敵なお店です。
hd13.jpg

車を置いて近くのお寿司屋さんへ。起きて最初の食事が
いかそーめん!当然日本酒(笑)。
hd7.jpg

今回の函館仕事をコーディネイトして頂いたのは、中学の同級生で公立はこだて未来大学の田柳恵美子教授。実はカトリアン教授のハイソのセンパイにあたります。ライブ前から3人いい感じになっております(笑)。
hd8.jpg

お店に戻ってサウンドチェック。パッと済ませて近くを散歩です。函館山の麓の最高の環境の場所でした
hd10.jpghd11.jpg
hd12.jpg

前半はDuoRamaライブ。後半は地元の方々とジャムセッション。10代の吉村兄弟恐るべし(下写真)。兄(ds)は高校卒業したばかりでバークリー全額奨学金で留学が決まっているとか。弟(as)は何と中3!!すげーレベルでした。その他の方々も皆素晴らしい。
hd9.jpg

北海道ツアー5本無事終了!お疲れさまでした。ライブ終わってからは、またまた納ちゃんと2人でお寿司屋さん飲み。函館鮨三昧!色々とジャズの未来やら世界の話やら深い話に…。
hd14.jpghd15.jpg



翌日6/24(金)はなかなかに面白い仕事でした。

朝から公立はこだて未来大学へ。
IMG_3322.JPGIMG_3325.JPGIMG_3324.JPG

丘の上にある未来の技術を研究する理科系大学のようです。


そこで、DuoRamaコンビが実験台になることに。
hd16.jpg

演奏時の筋電位を測定するんだって!
hd17.jpg

この実験、かなり大変でした。ぬのさん、弾いたことないあまりに難しいメカニカルなフレーズに顔がこわばってます(苦笑)。この写真の大学院生(彼は弾ける!)が考えた譜面なんだけど、メロディーとかではなくてとにかく指の運動練習みたいなものばかり。聞いてみたら、彼はヘビメタが得意らしい(まあ筋トレみたいなもん。こんなことばっかり練習するのか…驚。とにかく僕の芸風ではない…笑)。
おまけにこの実験中、何とイギリス EU離脱。数分で大暴落!!
hd18.jpg

夜はシンポジウムです。「AIにジャズ演奏は可能か??」なかなかに面白い命題です。ここでは、大学時代、音楽サークルの知人でキーボーディストだった平田教授も教鞭を取っておられます。音楽認知などの研究をされているとのこと。今回は平田先生、田柳先生とDuoRamaコンビが色々トークするイベントだったのです。
hd19.jpg

もちろん演奏も…。
hd20.jpg

終わって打ち上げ。ここでも、シンポジウムの続きのような熱いトークが展開。
hd21.jpg


さて、6/25(土)北海道最後の日、14時過ぎの便なので、機材を宅配便で送った後、函館山頂上へ。

まさに絶景!!
hd22.jpg

世界経済、未来への不安と混沌を象徴するような好天となりました(笑)。気分はFoggy Day。「DuoRama Standards」
1曲めですな
hd24.jpg


以前、香港島で山登ったときもこんな天気だったけどね(笑)。
hd23.jpg


でも霧の山頂もこれはこれでなかなかおつなもんです。

北海道楽しかった!!

ライブでお世話になった皆様、御来場の皆様、どうもありがとうございました。またいつの日か…。

来週は関西プチツアーです。




DuoRama Standards

DuoRama Standards

  • アーティスト: 布川俊樹,納浩一
  • 出版社/メーカー: shiosai ZiZO Label
  • 発売日: 2015/07/03
  • メディア: CD

    デュオラマ

    デュオラマ

    • アーティスト: 布川俊樹&納浩一,布川俊樹,納浩一
    • 出版社/メーカー: インディーズ・メーカー
    • 発売日: 1999/09/25
    • メディア: CD

      DuoRama 2

      DuoRama 2

      • アーティスト:
      • 出版社/メーカー: インディペンデント・レーベル
      • 発売日: 2009/03/21
      • メディア: CD





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

DuoRama 2016年北海道ツアー写真館(旭川〜札幌〜小樽編) [日々のぬのさんのライブ]



DuoRama 2016年北海道ツアーの Facebook記事と写真をまとめてみました。老後の想い出作りみたいなもんです(笑)。まずは、羽田〜旭川〜札幌〜小樽編です。



6/19(日)蝦夷へ出発!!まずはタビ前の儀式から。
h1.jpg

旭川で北海道行くと必ず共演するあしあらい出身のドラマー
佐藤旭くんとトリオ(髪長い!70年フォークって感じ…笑)。
旭川ブレリアスです。
h2.jpg

この写真はいいぞ!
h3.jpg

無事初日終了。男山の世界へ!
h4.jpg

旭くんと。
h5.jpg

打ち上げはたこしゃぶ。
h6.jpg



翌日 6/20(月)昼はスープカレーの名店へ。
h8.jpg

僕は海老スープのスペシャル野菜カレー
h7.jpg

内装はこんな感じ。
h9.jpg

旭号で札幌移動。本日は Live Surrです。
h10.jpg

2日目終了。店には色々なフィギュアが…。
s1.jpg

すすきのの世界へ。
h15.jpg

札幌来たらもちろんこれだね!
h13.jpg

札幌の素晴らしいギタリスト折原さんもやって来ました。
右端は今回大変お世話になった Shrrのマスター田中真一さん。
h14.jpg

DuoRamaコンビ、ゴキゲンです。
h12.jpg



6/21(火)は、札幌の達人たちとフュージョン名曲セッション。題して「フュージョンの金字塔」!
k1.jpg
s4.jpg

ウェザーとかジョンスコとかメセニーグループとかクルセイダーズとかロベンフォードとか。アンコールは田中さんのリクエストでウルトラマンジャズ。そうか、だからフィギュアもやけにあったのね(笑)。
s5.jpg

札幌で大人気のシンガーソングライター高井麻奈由ちゃんも4曲参加。デスペラードとか。楽しかった!
s3.jpg

左のギターは、恵庭のビルダー鹿川さんのギター。
素晴らしいサウンド、弾きやすさでした。色もメチャ綺麗!
h16.jpg




6/22(水)は楽勝な移動。小樽です。着いてブランチは駅前の市場へ。
h17.jpg

5品チョイス海鮮丼。好きなものを選べます。
h18.jpg

軽く昼寝して運河へ。息子が幼稚園くらいのとき旅行で来て
以来だなあ…。
h19.jpg

懐かしい。その旅行のときこのビール屋さんに来た。
まさかここでライブとは…。
h20.jpg

中はこんな感じ。
h21.jpg

演奏前はビール片手に散歩。素晴らしい天気と眺め!
h22.jpg

この日は前半DuoRamaライブ。後半は地元小樽ジャズ倶楽部の皆さんとジャムセッションでした。楽しゅうございました。
O1.jpg

演奏終了後、小樽のギター&ベースコンビと記念撮影。
写真左は、今回のライブを企画して頂いた久保博さん(g)。
僕の通信レッスン生徒です。セッションではスバラしい
ブルースプレイを披露してくれました
ちなみに久保農園代表、ファーマーギタリストです。
O2.jpg


今回はここまで。函館は色々あったので続編とします。

To Be Continued………

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

DuoRama 2016年北海道ツアー [日々のぬのさんのライブ]


布川俊樹、納浩一の20年近くに及ぶデュオユニット
DuoRama、2回めの北海道ツアーがまで2週間を切りました。

前回は、2009年6月だから7年ぶり。確か札幌ライブの後、納ちゃんは千歳マラソンを走った(彼にとって初マラソン)。その日の夜に室蘭でライブするっていう鉄人ぶりだったわけです(驚)。ブログ過去記事に写真があったんだけど、スライドショーがなくなって昔のブログ写真が見られなくなっちゃってるんだよな。こういうシステム変更ってイヤになっちゃうな。残念!


  • 「DuoRama Standards」発売記念北海道ツアー2016
    布川俊樹(g)、納浩一(b)

     

  • 6/19(日)旭川ブレリアス(0166-25-8226)
    with 佐藤旭(ds)


     

  • 6/20(月)札幌 Live Surr(011-242-3550)
    with 佐藤旭(ds)


     

  • 6/21(火)札幌 Live Surr(011-242-3550)
    スペシャルセッション「フュージョンの金字塔.札幌ver」

    with 折原寿一(g)、大山淳(ds)、高井麻奈由(vo)


     

  • 6/22(水)小樽倉庫ビールレストラン No.1(0134-21-2323)
    2nd set ジャムセッション有り


     

  • 6/23(木)函館 想苑(0138-23-3763)
    After Hours ジャムセッション有り



今年はデュオラマってまだひょっとして1回しかやってないのかな?久しぶりで楽しみです。北海道は何年に1回のレアなツアーです。デュオラマCD、そして僕の新教則本「布川俊樹の The Standard Jazz Guitar」ももちろん持って行きます。

お近くの方、御来場を心よりお待ちしております。




DuoRama Standards

DuoRama Standards

  • アーティスト: 布川俊樹,納浩一
  • 出版社/メーカー: shiosai ZiZO Label
  • 発売日: 2015/07/03
  • メディア: CD



デュオラマ

デュオラマ

  • アーティスト: 布川俊樹&納浩一,布川俊樹,納浩一
  • 出版社/メーカー: インディーズ・メーカー
  • 発売日: 1999/09/25
  • メディア: CD




DuoRama 2

DuoRama 2

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インディペンデント・レーベル
  • 発売日: 2009/03/21
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

FLOAT LIKE A BUTTERFLY AND STING LIKE A BEE [日々着眼時々思案]


20世紀最高のカリスマアスリート追悼投稿です。


 image.jpg

 

FLOAT LIKE A BUTTERFLY AND

STING LIKE A BEE

 

6/4にFacebookに投稿した記事を推敲してブログにもアップいたしました。


(6/4記)


マルタさんの広島県福山市神辺町コンサート大盛り上がりで無事終了して、岡山空港近くの温泉に移動。ひとっ風呂浴びて、NHKのビートルズの日本公演秘話を見ている。


 Ali3.jpg


ビートルズ(特にジョン)の記者会見やインタビューの発言って子供心に憧れたものだった。それこそは僕にとってロックだった。そのビートルズが当時の世界ヘビー級チャンピオンが練習しているジムを訪れた映像が残されている(僕はVHSで持っていて、家の何処かに眠っている)。まだカシアス.クレイの頃なのかな。そのカリスマ性、発言はジョンと同様まさにロック、子供心にホントに痺れた。彼は予告KOを繰り返すから、確か公聴会か何かで、八百長なのではないかと疑われて弁明をさせられた。彼は言った。「次の試合で八百長でないことを証明する。◎●ラウンドで次はKOだ!」うろ覚えだけど、そんな感じだったんじゃないかな。最高のかっこよさですよ!アメリカとソ連の宇宙競争華やかしかった60年代前半、試合前に相手のことを聞かれて「あいつは俺のパンチで宇宙に飛び出して軌道を回るのさ」みたいな発言も。モハメッド.アリと改名してから、差別的な発言をした相手に、試合中ずっと「What's my name?」と言いながらぶん殴り続けた試合。最高だな。

 

リアルタイムで試合を見始めた70年以降のファイトも変貌遂げたマイルスみたいではあったけど、後になって見た若い頃のボクシングは、ヘビー級とは思えないスピードと軽やかさ、実にグルーヴィーだったなあ(彼がソウル系の番組に出てダンスやら歌やらやってるのもハマってたな)。

 

ジャズでそういうとにかくカッコよくてカリスマな存在はマイルス.デイヴィス以外あり得ない。マイルス、ジョン.レノン、そしてモハメッド.アリ。僕の価値観を作った60年代、70年代のカリスマが次々と消えて行く。

 

僕の人生における最大の逆転劇「キンサシャの奇跡」、そして高校からの帰り道に猪木アリ戦予想を悪友同士であーだこーだ言ってたのがいまフラッシュバックしている。

 

改めて、20世紀最高の偉大なカリスマアスリートの死を心より悼みます。合掌。


 

(6/7追記)


モハメッド.アリに痺れ、20代の頃、彼のようなイメージ(かっこよさ、スピード、千変万化、ドラマ)を持つ曲を書きたいと思った。「蝶のように舞い、蜂のように刺す」というアリを形容した有名なフレーズから曲のタイトルを取った。「Ali's Dance」!


 Ali2.JPG

 

僕のリーダーアルバムで人の名前を冠している唯一のものだ。僕が「かっこいい!」(僕にとって最高の価値観)と心底感じた存在こそがモハメッド.アリだったのだ。

 

僕はこの曲が出来たとき、初めて自分ならではのサウンドができたと感じることができた。以下URLは2012年VALISリユニオンライブ演奏映像。録音はかなり悪いけど、熱い演奏は伝わると思う。曲のエンディングは僕にとって「キンシャサの奇跡」の逆転KOです(笑)。

 

https://www.youtube.com/watch?v=ye-Dt2-muxw


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

布川俊樹SJPトリオライブレコーディング終了! [日々のぬのさんのライブ]



5/29(日)新ジャズギターの聖地!Virtuoso赤坂でのライブレコーディング無事終了いたしました。

13263871_1124244310951220_805641004259250113_n.jpg

2009年にアルバム「スタンダード.ジャズ.プロジェクト」を発売以降、何度もやって来た布川俊樹SJPトリオでのレコーディングです。

13292761_1138878459490822_208414573_n.jpg

布川俊樹(g)、高瀬裕(b)、安藤正則(ds)
13295393_1138872442824757_1195996169_n.jpg
13330431_1138954826149852_1819194250_n.jpg
13335432_1138954869483181_2053546747_n.jpg

以下は当日のセットリストです。

1st

Dancing In The Darkness
Kupu Kupu Suite
天空の滝(The Waterfall In the Heaven)
Children In the Lost Paradise
Moon River

13312643_1138888142823187_5500101940079055849_n.jpg

2nd
Hope In the Cave
Flying Blue Squids(跳ぶ青イカ)
スタンダード無伴奏ソロ(もったいぶって秘密…笑)
Mad Hatter Blues
Bb 循環(Untitled)

Encore
天空の滝(The Waterfall In the Heaven)take2
Moon River take2
星砂


今後はまだ何も決まっていません。取りあえず録音したものを聴いてCDにするとして収録曲を決めないといけません。で、どうやって出すかヤボちゃんとも相談して考えるという段階でしょうか。

とにかく楽しかった!ジャズプレイヤー人生の醍醐味であります。


当日の写真をもうちょい行きましょう。終わったら疲れ果てたのと、酒ばっかり飲んでて3人記念写真撮るの忘れた(嘆)。


最近、こういう口をへの字に結んだ顔が多い。
これが母親に結構似てるんだよな。
13327416_1124244324284552_9135602024674475333_n.jpg

以前はこういう口ぽっかりアホ顔が多かった(笑)。
あまりにヒドいんで反省して(人からもよく言われた)
口を閉じて弾くように注意したらへの字になっちゃった
という次第(笑)。
13329663_1138866546158680_1171723476_n.jpg



御来場の皆様、暖かい応援本当にどうもありがとうございました。
13335501_1138954722816529_1413497720_n.jpg





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

布川俊樹SJPトリオライブレコーディング決定! [日々のぬのさんのライブ]


こんにちは。GW開けて一気に初夏という気分のいい日です。大好きな季節です。

ニュースをひとつ。月末5/29(日)に新ジャズギターの聖地!Virtuoso赤坂でライブレコーディングが決まりました。2009年にアルバム「スタンダード.ジャズ.プロジェクト」を発売以降、何度もやって来たトリオでのレコーディングです。

  • 5/29(日)Virtuoso 赤坂(03-6441-2981)
    布川俊樹SJPトリオ Live Recording

    布川俊樹(g)、高瀬裕(b)、安藤正則(ds)

実は、先月1回お試し実験レコーディングをやってみました。オリジナル4曲録ってみたんですが、なかなかいい感じにできたと思うのでライブレコーディングをやっちゃえ!ってことに急遽なったのです。

13012859_977792235589587_3846945879370308936_n.jpg

これもヤボちゃん店長のVirtuoso赤坂あってのことですね。僕を含むジャズギター者たちが応援しているこのお店は4月の改装を経て新たなスタートを切りました。FBジャズギター研究会のメンバーを中心とする赤坂ジャズギター倶楽部の試みなど、いままでにないタイプのお店だと感じています。毎週水曜日の部活が盛り上がっているんだよなあ(笑)。

おだてりゃ木に登るのはジャズマンの習性。是非皆様 5/29(日)のライブレコーディング応援に来てくださいね。

あ、その前に明日5/13(金)にはスタンダード曲をメインに演奏するトリオでのセッションライブもあります。こちらも是非!!

  • 5/13(金)Virtuoso 赤坂(03-6441-2981)
    布川俊樹トリオ

    布川俊樹(g)、高瀬裕(b)、広瀬潤次(ds)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る