So-net無料ブログ作成
検索選択
お仕事道具 ブログトップ

ヤマオカギター兄弟 [お仕事道具]


今晩は。

ヤマオカギター兄弟です。今日は同じアンプセッティングで弾き比べてみようかな。新しい Strings Art D-50(マーチンじゃないよ笑)はミディアムスケール20Fだからやっぱりちょっとこぶりです。厚さ75mmはシンラインっぽくてNY-07(右)とほぼ同じ。インレイは2本とも山岡さんの愛を感じます(涙)。ご覧あれ!

 

兄弟揃って仲良くパチリ。

Y2.JPG

 

Newギターの12Fには名前が…。

Y3.JPG

 

兄NY-07の1F。何と僕のホームページのトップページ

のデザイン!これを初めて見たときは感動したなあ。

もう8年くらい前の話。

Y4.JPG

 

こんな感じの薄さで持ちやすい。僕は、あまり厚い

ボディーは疲れるから薄いのは嬉しいです。

Y5.JPG

 

 

ヤマオカギターNY-07でのライブサウンドをちょっと御紹介しますね。

 

昨年12/3吉祥寺メグでのギターデュオライブから。笹島明夫さんはFacebookジャズギター研究会で知り合った先輩ギタリストです。その暖かい人間性とユーモア、そしてももちろん本場で40年も生き抜いている素晴らしいプレイにいつも感銘を受けています。このライブはほとんど初対面での初共演。でもまったくそんなことは感じないほどしっくり行ったデュオでしたね。

 

何と曲は笹島さんアレンジの「禁じられた遊び」(笑)。喋りも面白いからそのまま。演奏は初見で若干怪しいけど結構笑えます。

 

 


https://www.youtube.com/watch?v=cyJ1zo-GAVo&feature=youtu.be


 

僕の不器用な右手がステージドリンク(爆)に隠れてますな。

 


P.S…僕にとっての禁じられた遊びは何だろう。先物取り引きかな(爆)。

 

Childhood's Dream

Childhood's Dream

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: BQ Records
  • 発売日: 2011/07/13
  • メディア: CD

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

NEWヤマオカギター&NEWアンプ [お仕事道具]


こんにちは。3月の福田重男とのデュオツアーに向けて機材を一新です。

昨日送られて来たNEWヤマオカギター、Strings Art D-50。
ケースを開けてビックリ。
yamaoka.JPG


美しい!

写真の色よりもう少し渋いアッシュグリーン系な感じですね。自宅で生音弾いたときに、あー、こりゃーまたいいギターだわ、とすぐ思いました。実はシンラインみたいに薄いのでとても持ちやすい。


そして、アンプ。
amp.jpg


これはヤボちゃん(矢堀孝一)オススメのアンプ。DV Mark Jazz 12です。何とまったく試奏とかしないでPVとヤボちゃんの音で買いました。最初の優秀な弟子を信用してるってことですな(笑)。

で、弾いてみるとアンプ直でバッチリジャジーなサウンド。中域の感じとかがウォームでバッチリなんだよね。それでいてすごく抜ける。とにかくビックリするほど軽い。で、エレクトリックなセッションのリハでも使ってみたんだけど、かなりの音量にも対応します。これは素晴らしい!問題はヤボちゃんとデュオするときに恥ずかしいってことくらいだな(笑)。

で、この組み合わせで昨日のライブで初弾きです。

高校ジャズ研1年後輩(いつまで経っても僕が先輩づらできます…笑)の友生ちゃん(山口友生)とのデュオ。アコギ指弾きやウクレレでジャズっていう僕にはまったくない音楽性を持ちつつ、お里が一緒なんでツーカーでわかることも多い。とにかく楽しく演奏できる相手です。考えてみれば、音楽業界最も昔からの知り合い。でも音楽家になってからの初共演は何と2011年震災の年だったんですね。最初のライブは3.11でキャンセルになりました。時代が変わったときから始めてる不思議な縁のデュオです。いつも同窓会みたいに楽しいリラックスしたライブになります。

で、Newギター。はっきり言って…、

まいりました。

ずっと使ってるヤマオカギターNY-07とは明らかにテイストが違います。あれはアコースティックな感じがより強くてちょっとパキパキした感じのフルアコですが、もっと今回のは中域のサウンドとかが強いオーセンティック王道ジャズギターサウンドだと思いましたね。どちらもとにかくいいギター。いやあ、3月ツアーとかどうしようかなあ…。両方持って行くかどうか。ツアーの最後にレコーディングもあって、他に色々荷物も多いから迷うところですね。嬉しい悲鳴です(笑)。

ギターもアンプもおニュー!実は青いジャケットとパンツも
この間アウトレットで買ったおニュー(笑)。
写真 1.JPG


昨日のライブも楽しかった!
写真 2.JPG


本当はギターとアンプのアップ写真も撮ったんだけど、何故かブログにアップするときうまく縦長の写真をアップできません。何故(嘆)??


しかし、またまたギターの置き場所の問題が………(苦笑)。


以下はヤマオカギター関連サイトです。

●僕が使っているNY-07のサウンドファイルがあるページ。「デュオラマ2」の「桜舞音」でのサウンドが聴けます。


●こちらは僕が弾いたヤマオカギターのPV。Strings Art NY-3を弾いてます。ビルダー山岡則正さんも登場します。


興味ある方是非チェックしてみてくださいね。素晴らしいカスタムメイドギターの世界が開けますよ。

以下は僕がヤマオカギターNY-07を弾いたアルバムです。

Childhood's Dream

Childhood's Dream

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: BQ Records
  • 発売日: 2011/07/13
  • メディア: CD




スタンダード・ジャズ・プロジェクト

スタンダード・ジャズ・プロジェクト

  • アーティスト: 布川俊樹,佐藤浩一,高瀬裕,安藤正則
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2009/10/21
  • メディア: CD




DuoRama 2

DuoRama 2

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インディペンデント・レーベル
  • 発売日: 2009/03/21
  • メディア: CD


ギタリストは楽しいなあ…。

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

山岡次男坊 [お仕事道具]


皆さん、こんにちは。いよいよ暖かくなって来ましたね。

美味しんぼの話ではありません。

今日は新年度の新たなウェポンを紹介いたします。最近では大活躍の山岡長兄は皆さんご存知だと思います。実に美しいギターですが、今日は次男坊の紹介です。長兄はのんびり、人のいいジャズ一本で生きるタイプ(笑)、この次男坊はもっと色々な用途に行けるセミソリッドの重厚感溢れるタイプかな。まあ、アーガスのセミアコを使うような場面で使える、歪みOKみたいな手強い奴です。ブルースギターとかによいかもしれない。先日、マルタ氏スイングライブでほぼ初めて大々的に使ってみました。MDギターと適当に使い分けると面白いかもしれないと感じました。レッスンでも使っています。

ルックスはやはり長兄を彷彿させますね(写真)。


100411_1447~01.jpg

ちなみに、ヤマオカギターさんのホームページはこちらです。

僕のページもありますよ。



nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Landscapeのエレアコ [お仕事道具]


またまた珍しく楽器紹介。僕らしくないすかね(笑)?前回のNew Guitarの記事でも触れた最近よく使っているLandscapeスティール弦のエレアコです(写真)。


僕がいつも使っているフェンダーサイバーツインに直接繋いでもハウリング少ないし、非常に使いやすいエレアコです。生音もかなりいい感じ。弟子とのレコーディングでは連ちゃんで使いました。特に、先日の白根真理子レコーディングでは5曲でこのギターを演奏しました。考えてみて、1枚のアルバムでこんなにスティール弦アコギを弾いたのは初めて。かなりアルバムのサウンドコンセプトを決定づけていると思います。録音はマイク2本の生録り。マイクは古いソニーの真空管マイク2本(1本80万円なり!)。いい音で録れましたよ。何せ、エンジニアの菊地さん曰く「以前、山下和仁さんを同じマイク、同じスタジオで録りました」だって。ゲッゲッゲ! 神様じゃないか。僕ごとき「へ」みたいなアコースティックギタリストにとっては大恐縮でありました(笑)。

彼女のアルバムは、無事マスタリング終了(http://blogs.yahoo.co.jp/vocalshirane/52085161.html)。何か、僕が冗談で言ったジャケットアイディアが採用になりそうです。いいのかな(笑)? まあ、とにかく楽しみ。5月21日に発売だそうです。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

またまたNew Guitar [お仕事道具]

またまたNew Guitarの登場記事です。

最近、ランドスケープのスティール弦のエレアコを使ってるんだけど、そのギターを扱ってる会社、フックアップで、今度は僕用のソリッドギターを作って頂きました(写真)。実は15年前アリアで僕のモデルを作ったときの責任者大和さん設計なんですけどね。元々、松原正樹さんの御要望で基本スペックは作られました。それを楽器フェアーのときに弾いたらとっても良かったので、僕用のも作って頂いた、と。

このギターはピックアップが2つだから真ん中がセミアコのように空いている。僕はソリッドギターの場合、いわゆるレスポール系2ハムよりストラト系3シングルのサウンドの方が好きなんだけど、それにジャジーなフロントハムバッカーや歪み用のリアハムサウンドも足そうとすると、どうしてもピックアップの間が狭くなっちゃう。現在使っているアリア布川俊樹モデルがそうなんだけどね。このような2ピックアップで色々なサウンドが出せれば、セミアコをメインとしている僕にはやっぱり非常に弾きやすくて嬉しいわけです。

その点でこのモデルは素晴らしい。ピックアップの色々な切り替えの組み合わせで多彩なサウンドが出るようになっています。フロントハム、シングル、2つのピックアップを使ったシングル、ハム、リアのシングル、ハム。かなり納得のサウンド変化で非常に便利。まだ、いつものアンプとかでは試していないけど、よさげな気がするなあ。カラーは渋めの赤。初めての色だな。

さあ、何の仕事から使おうかな、イッヒッヒ……。


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

New Guitarに大感謝! [お仕事道具]

結構前になるんですが、7月に岡山県倉敷のギター製作家の山岡則正さんという方からメールを頂きました。是非、僕にハンドメイドのギターを弾いて欲しいということでした。ちょうどウルトラマンジャズライブでフルアコ系のギターを何か弾こうか考えていたときだったのですが、なにぶん距離が離れているし、あまりに忙しかったこともあって、お会いするのはのびのびになっていました。

そして、昨日、マルタ氏目黒ブルースアレイジャパンのライブ前にそのギターを持って来て頂いたわけです。こういうのって正直言ってちょっと不安です。わざわざ岡山から僕のために出てきてもらって、もしそのギターが気に入らなかったら非常に申し訳ない(でもそうだったらしょうがない)。まあ立場上、ギターメーカーを紹介されたり、「ギターを弾いてみてください」みたいな話はたまにはあるわけです。でもやっぱりしっくりいかないことは結構ある。それは、そのギターが悪いからということではなく、個人的音楽の嗜好やプレイスタイルがあるからしょうがない話なわけです。でも色々丁寧にされるとちょっと申し訳ない気分になります。そういうときはどうしても当たり障りのないような対応になってしまうんだな…。

さて、そのギターですが……、

最高でした!

ネックのすべての箇所での弾きやすさ、アンプで鳴らしたときの弦のヴォリュームバランス(ピックアップはベネデットの旧タイプだそうです)、低音弦も暴れる感じではないから、ソリッド系のセッティングで音量もあった昨日のライブでも問題なく操作できる(ハウリングはかなり少ない。僕のES175と比べてどうだろう?)、チューニングの良さ。サイズはセミアコで軽いけど、まさにフルアコサウンド。

そしてビックリしたのは、写真にある1フレットのインレイ。皆さんわかります?僕のホームページのデザインが入っていたのです!ところで、気になるのは、「これっていくらくらいの代物なんでしょう?」とおそるおそる聞いてみると、何と驚きのお値段。こりゃーいいはずだ(笑)。「ハッハー」とため息とともにひれ伏しました(笑)。大切に弾かせて頂きます。

とにかく、もう大感謝!!と言うしかございません。ちなみにギター製作家の山岡さんのホームページはこちらです(http://www.yamaoka-guitar.com)。お奨めですぞ!



nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
お仕事道具 ブログトップ
メッセージを送る