So-net無料ブログ作成
検索選択

人生初!ジャズ講演会 [仕事色々]


おはようございます。今度のアップデイトはやけに早い(苦笑)。


6/7(土)音楽家歴33年にして人生初めての講演会を行ないました。

6074.jpg


場所は川崎市武蔵小杉にある法政二中二高。

はっきり言って……


緊張したなあ(笑)。


こんなに喋る内容をちゃんと台本に書いたトークというのは記憶がありません。事前に喋る練習やゲネプロをしたということでは、父親の葬式挨拶以来です。


講演のタイトルは
「ジャズは難しくない自由な音楽だ!」

6075.jpg

大まかな内容はですね…、


僕のソロ演奏、Summertimeから始まり…、

ニューオーリンズジャズ→スイング→ビーバップ→モダンジャズ

という1960年くらいまでのこのジャンルの歴史的な流れと、ジャズという音楽の持つ重要な要素を簡単に説明。世の中的にはまったく珍しいことではありませんが、僕としては新しい方法を使いました。iPadのキーノート(パワーポイントのようなもの)というアプリで流れを作っておいたんですね。それをプロジェクターに繋いで話したわけです。とにかく、これが上手く行ってよかった(ホッ…)。音や映像が出なかったりトラブルあると相当めんどくさいことになる。サッチモ、ベニーグッドマン、エリントン、パーカー、マイルスなどの音源、映像を軽く紹介しながら話しました。

6071.jpg

そして、ブルースの話。初期デルタブルース、ロバートジョンソンの曲の歌詞を題材に話します。続いてブルースのフォームやらブルーノートペンタトニックスケールを中心にした演奏方法の話に。これは実は前振りなんですね。ここで、高校生に「ジャズ演奏体験」をしてもらうわけです。この日は吹奏楽部から管楽器4人、音楽学部からギター2人、ベース1人。彼らにブルーノートペンタによるフレーズ練習をやってもらい、実際にブルースセッションをやっちゃおうって企画です。大学授業「ジャズフレージング入門」初回の内容。Cのブルースで7人1コーラスづつソロ回しです。1週間前に指導に行ったんですが、彼ら、ちゃんと練習していて素晴らしかった!楽しいジャズ演奏初体験となったことでしょう。嬉しいな。


その後は、ジャズのリズムやアレンジの話。アプリ iReal Proを使いました。これ、こういうときにメチャ便利ですよ。いまの若者は練習ツールに事欠かない。僕らの時代は大変だったんだぞ。っておっさんトークだな(苦笑)。

6072.jpg


最後にまとめ。「ジャズの壁」を取り払うべく、熱弁を振るいました。正直言えば、「ジャズは難しくない」ことはない(苦笑)。それは、非常に上昇志向(アカデミック志向)が強い音楽ジャンルであること。パーカーのビーバップ以来徹底的にハーモニーやフレージングの進化に傾注したことに因るものでしょう。どう考えてもブレッカーやジョンスコのぶっ飛んだフレージングは歌いやすいものではないし、少なくとも大衆的メロディーではない。

その一方で、ジャズもロックもR&Bも元を考えればブルースがある。それは身体性の音楽であり、グルーヴとパッション命なわけです。イエイーって音楽だし、聴く人は畏まって堅苦しく聞くことはない。身体でリズムを取って感じて欲しい。また、演奏する側にとっては、ジャズは非常に稀有な自由な音楽です。3歳の幼児が初めて楽器を触る喜びと同じ感覚を常に持ち続けること、それが演奏におけるジャズ性だと僕は考えます。極端に言えば、巧かろうがヘタだろうがレベルにかかわらずジャズは演奏できる、僕と初心者が共演することもできる。それってすごいですよね。ジャズの表現を愛して、かつまわりの音を注意深く聴いてさえいれば、1音を弾くだけでも演奏は可能だからです。自分の好きな音を意志を持って弾きさえすればよいのです。

その意味で「ジャズは難しくない自由な音楽だ!」なのです。


ってなことを話しました。これが、この講演会で一番言いたかったポイントです。「ジャズの壁を超える」布教活動、伝わったかなあ…。


この講演会、僕にとってはプレッシャーのかかった大きなイベントでした。約1年ちょっと前の中学校での芸術鑑賞会に比べて、圧倒的にトーク割合が高いものだったからです。ライブの10倍くらい疲れました(笑)。5月後半はこの講演内容作りばかりやっていましたね。僕は、いまジャズにとってこういう草の根布教活動が一番重要なことだと思っています。僕らが子供の頃には、ジャズ喫茶などのコミュニティー、現在とは比較にならないジャズジャーナリズムの力がありました。いまは、それは残念ながらなくなった。その代わり、ジャズ教育は盛んになった。僕は今世紀に入って音楽大学で教えるようになりましたが、いまの30代前半までの世代は、正規の音楽教育を受けてジャズをやっている人の割合が僕らの時代と比べると飛躍的に増えています。ジャズという音楽は成熟した音楽ジャンル(ある意味クラシックと同じようなアカデミックな…)になったということです。

だから、僕たちのような年配ミュージシャンは、このような機会を持ってジャズを広めて行かねばならないのです。

さて、これを読んだ学校関係者、各地の行政関係者の皆様!!


布川は「ジャズ草の根布教」のためのイベントにはいつでも馳せ参じる所存であります。是非…、


呼んでくださーい。


もう1時間半講演のテンプレートはできたし…(爆)。



ジャズの壁を超える100のアイディア (jazz guitar book Presents)

ジャズの壁を超える100のアイディア (jazz guitar book Presents)

  • 作者: 布川俊樹
  • 出版社/メーカー: シンコーミュージック・エンタテイメント
  • 発売日: 2010/06/02
  • メディア: 単行本



P.S 1 …楽屋弁当はまい泉のひれ「勝つ」弁当。景気がいいぞ。上がりました(笑)。
6076.jpg


P.S 2 …講演会とかでスライドとかも使わずただ喋って持たせる人ってすごいなあ、と尊敬です。サラリーマンの方々もしょっちゅうプレゼンとかやっててそういうの慣れてるんだろうなあ…。と思った次第。ベンキョーになりました。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

GWは遠くなりにけり… [仕事色々]



おはようございます。またまた1ヶ月経ってしまいました。もう梅雨ですからね。気持いい季節は短いなあ…。GWは遠くなりにけり…であります。またまた日記風に記事をまとめてお送りいたしましょう


●5/2(金)マルタヒット&ラン with ケイシーコスター

軽井沢大賀ホールライブ


軽井沢日帰り。GWだったけど金曜だから、全く渋滞なし。メチャ天気のよくて気持いいドライブでした。有名な大賀ホールは初めて。やっぱり気持いいホールの鳴りのハコでしたね。素晴らしかったのはゲストのケイシーコスターさん。モノホンのブラジリアンの歌。節回し、微妙な譜割りとかが何かジョアンジルベルトとか思い出した。こりゃーネイティブじゃなきゃできないわ、っていう歌い方。声だけでグッと来る力のある歌手でした。

 

高原のホールです。

1972518_767826273251334_2256135981449811346_n.jpg

 

まだ桜。

10174958_767826313251330_2373685914733352907_n.jpg

 

ジョアン、カエターノ、ジルベルトジルの共演で有名な

「ブラジル」って曲を初めてやれて嬉し。

1601098_1508766572684913_1460858746566913294_n.jpg

 

月に吠えるギター!

10247470_1511559099072327_114712732667466070_n.jpg

 

感謝でございます。

10277692_1508766906018213_8680584613904308642_n.jpg

 

関係者皆様とお疲れー!伊東八十八プロデューサーの

お顔も…。

10325181_1508767022684868_3949665468659236738_n.jpg

 



●5/3(土)竹中俊二 布川俊樹DUO
浦和カフェトーン

久々っすよ、浦和でライブ。何年ぶりだろう。記憶にない。スティール弦アコギデュオ。気楽にセッションのつもりが結構難曲も。竹中くんとはルースターやカモメでサンペイさん仕切りのギターバトルとかでジャズロックな弾きまくりセッションとかでよく共演する間柄。純粋デュオは2回めだけど、タイムバッチリ合うし、もうどうとでも行けます。こちらは All The Things You Are映像。何も決めてなくてこんな感じっす。

 

https://www.youtube.com/watch?v=-QFXvrhq36k&feature=youtu.be

 

竹ちゃんは、いつも刺激を与えてくれる

素晴らしいギターソウルブラザーです。

10298760_744722238892155_1300734992646951423_n.jpg


 


5/4(日)自宅バルコニーで優雅に(?)アコギ

実はニューギターをゲットしたのでした。Taylor310CE。実は前日昼間の生徒が持って来たのがあまりによかったので、交渉して即金大人買い!状態いいんだよなあ。

あ、決してパワハラではありませんぞ!以前、彼がレッスンに持って来たときに「もし売りたかったら言い値で買うよ」って話してたの。で、彼はフルアコが欲しいから売ります、ってことで交渉成立。問題は家のどこに置くかだ…。

 

ポローン〜♪

1017760_656144007754413_4504940482819529180_n.jpg

 

もういっちょ! アホか(笑)。

1656105_656144011087746_4293444939153618777_n.jpg

 

P.S…やけに笑顔なのは、こんな写真をわざわざバルコニーで撮ってる自分がアホらしくなったからです(笑)。

 

ちなみに、こちらは以前投稿した「優雅にバルコニーでギター」実家映像編です。合わせてどうぞ!

 

https://www.youtube.com/watch?v=FjGMHbmj86g&list=UUVEEzS7u6lD1yoWR_GOOkHw


 

5/6(火)吉祥寺ストリングスでmaikoさんと初デュオ

 

これは初共演。で、いきなりデュオとかやっちゃうところがジャズのよいところ、テキトーなところ(あ、いい意味ですよ…笑)。maikoさんのオリジナルを中心だったけど、僕のオリジナルも。Hope In The Caveのヴァイオリンとのデュオは新鮮でした。この日は全曲Taylor NEWギターで演奏。アコギのシビアなセッティングで左指が痛いっす。ダメだ、なまってるな(苦笑)。

 

maikoはんと記念撮影

Bm9JS9LCEAEqoPu.jpg


 

●5/7(水)期せずして教え子女子との一日

 

GW終わってプータローが続くもんで…。

 

洗足卒業生、廣瀬真理子と自宅近くのファミレスランチ。ワインは飲んでるわけではなく、頂き物の上物でございます(大感謝!)。彼女の5月末にリリースするファーストアルバムの作戦会議諸々。このアルバムがすごいのよ!僕は帯にコメントを書きました。

 

http://www.clinck.co.jp/merurido/dtl.php?ky=ZMZ0006

 

へっへっへ。これは上物でっせ…。

10251917_657452720956875_1418724356024062026_n.jpg


 

そして夜は、自宅生徒の女子ギタリスト、瀬川千鶴参加のオール女子バンドLady Bugライブを見に行きます。このバンド、洗足卒業生が多いんだよね。懐かしの再会。

 

暗黒の帝王と洗足女子たち

11950_657800450922102_7230087330317277940_n.jpg

 

おー、次のアルバムのジャケはこれで行くか…。

10331630_622832444473106_1394700971_n.jpg


 

●5/15(木)「布川俊樹を囲む会」開催決定!

 

このところ、FBでジャズギター研究会っていうコミュニティーがメチャクチャ盛り上がってます。僕が初投稿したのは3月くらいだと思うんだけど、その頃100人くらいの参加者があれよあれよ500人越え!プロアマ入り乱れてあーだこーだギターやジャズについて語り演奏映像をアップしたりしてます。何か「いま」っぽい会。


 で、その研究会の重鎮2人、EさんとSさん(合わせてESってこれまたジャズギターっぽい)が4月の代官山レザールのライブに来て急遽、こんな素敵な会が催されることになりました。


6/18(水)代官山レザール

FBジャズギター研究会主催「布川俊樹を囲む会~ライブ、セッション&諸々」


https://www.facebook.com/events/459933134141268/

 

レザールは東京屈指のジャズの隠れ家、ディープなジャズ者や落ちジャズ者(笑)が集まる素晴らしいお店。この日はプチクリニック、無伴奏ソロライブ、来場者とのジャムセッション、そして何より飲み会!!と楽しめます。僕の盟友F氏も遊びに来るという噂も…。

 

FBジャギ研以外の方ももちろん大歓迎!布さんパーティー、楽しくやりましょ!



●5/16(金)チャリギタ野郎多摩川を行く!


今月は自宅仕事が多い。それで煮詰まって来ると気持いい夕方チャリンコ散歩に出ちゃいます。ちょっとどっかでお茶でもするつもりが、多摩川沿いが気持良くて府中まで言っちゃった。郷土の森公園っていうのがあってブラブラ。片道15kmもないから意外に近いことが判明。

 

 

デゴイチ発見!このチャリも早6年生。かなり年季が

入ったなあ…。

10296861_661724280529719_7027924114367903205_n.jpg

 

府中街道是政橋。

1532117_661724297196384_1857926363221647840_n.jpg

 

夕陽にクリアに映える登戸の橋。

10373649_661724323863048_1010007047063148041_n.jpg


ふじさーん!
10351766_661740093861471_2665528668055862926_n.jpg

お疲れー!ってほどでもない。
10365940_661729953862485_9059211025160818801_n.jpg

チャラいギター野郎でやんす。

 

●5/24(土)マルタヒット&ラン with ギラジルカ
銀座スイング

 

この日はマルタヒット&ランにギラジルカさんがゲストです。洗足音大で一緒だけど、共演は久々、さすがでした。実力はもちろんだけど、実にステージの盛り上げ方が上手い。楽しかったな…。

 

 

演奏前楽屋でパチリ!

BoY_EXOCUAAkzCD.jpg-large.jpeg


この日の並び。
10402612_1520126308215606_4936074425103672667_n.jpg

恒例!スイング前。

10372065_1520126144882289_8167225139001191730_n.jpg

 

 

次回アップデイトは講演会のこと書きましょうね。

 

長文お読み頂きどうもありがとうございました。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今更4月の想い出( I'll Remember April ) [仕事色々]

 

 

今晩は。GW後、結構ヒマです。

 

新年度になってから、何かブログを更新する気にならず2ヶ月近く開いてしまいました。前回の記事が小保方さんの論文コピペ問題だもんなあ…。あれから出るわ出るわ、さしものエセ理系のワタクシでもちと寂しいを通り越して呆れました。最近出て来た実験データメモが僕の手帳の殴り書きと大して変わんないって一体(爆)。

 

さて、それはともかく…。

 

レッスン生徒さんでWebマーケティング専門の方がいて、「最近FBやツイッターで書いてるとブログ更新するモチベーションが下がっちゃって」ってぼやいたら、とてもよいアドバイスを頂きました。FBの記事とかをまとめてブログ記事にすればよい、というので、4月分まとめてやってみます。あ、彼曰くブログよりもホームページなんですけどね。ホームページはOwened Media(所有するメディア=自社サイト)ということだそうです。ブログやSNSはEarned Media(得るメディア)。

 

まあ、でもSNSよりはこうやってブログに残した方がやはりアーカイブとして優れてますからね。取りあえずやってみましょう。

 

 

●4/5(土) The お寿司

 

この日は、広島の仕事でいつもお世話になっているドクター中村民江さんに、とんでもなく贅沢なお寿司を御馳走になりました。ザーギンの青空(はるたか)でございます。大将はあのあまりに有名なすきやばし次郎で修行した方だということです。ネタの素晴らしさはもちろんですが、とにかく強い酢飯が印象に残りました。その味で食べる感じ。シャリの歯ごたえとかもう絶品。この写真で伝わるかなあ…(もちろんこれ以外にも沢山)。

 

 

まずはマコガレイ、ハタ、トリガイ。普段食べてる

トリガイとはとろける感じが全く別物。

10175061_643582945677186_599952785_n.jpg

 

鰹。スモーキーな感じが絶妙。

IMG_0973.jpg

 

蒸しアワビ。そしてもちろん日本酒。

IMG_0974.jpg

 

炙りの何だっけな。タイ系(苦笑)。

IMG_0975.jpg

 

マグロは赤身から

IMG_0976.jpg

 

連ちゃんで中トロ。この後は大トロになります。

IMG_0977.jpg

 

コハダ…。

IMG_0979.jpg

 

車海老!

IMG_0980.jpg

 

いやはや…

 

おーーいしゅうございました……。何と言う贅沢!

 

 

民江先生はとても素敵なヴォーカリストでもあります。実はいま色々と彼女と仕事の作戦が…。

 

 

●4/11(金) 代官山レザール

 

東京のジャズ者集う隠れ家と言えばこの代官山レザール。この日はこの店の主とも言える福田重男との盟友コンビデュオ。たくさんのお客様で盛り上がりました。FBで最近盛り上がっているジャズギター研究会の方々も来て、何とここで6/18(水)僕を囲んだオフ会もやることになっちゃった。福田重男とのデュオ、皆とのセッションやワークショップ的なものなど色々考えてますよ。これはまた追ってお知らせしますね

 

 

写真は本番前のリハです。ここがまた旨いのよ。

絶妙な割烹、代官山すずき!

923569_628593880548336_1940453896274334174_n.jpg

 

ちょっと食べた後だけど…。

ミル貝、蒸しアワビ、鯛など

IMG_0992.jpg

 

これ、絶に旨かったな。甘鯛の酒蒸し。

IMG_0994.jpg

 

顔を横に向けると美味しさ倍増(笑)。

 

ワタクシは幸せ者でございます。

 

 

●4/13(日) ディパーチャー

 

この日は母、妹家族とウチで父のお墓参り。御殿場は桜満開でした。今年は本来ならば十七回忌。でももうそういうことはやめようということで、気持ちだけ。墓前に色々報告と今後の思いを誓って来ました。清々しい気分です。

 

ディパーチャー(父に捧げた曲)から16年経ったんだな。新たな出発。明日もガンバロー!

 

IMG_0996.jpgIMG_0999.jpg

 

 

● 4/17(木)iPad Air 入手

 

最近、とみに iPhoneでネット関係やるのが面倒になって来てました。だいたい見えないもんな(嘆)。それで…、

 

買ってしまった。

 

iPad Air 64GBセルラーモデル。お店に行ったときは iPad miniにしようって気分になってたんだけど(軽いしね)、32GBしかなかったので初志貫徹。

 

最初はiPad+ガラケーにしようと思ってたのね。でも色々プランあり過ぎ、かつ大して安くならないから、取りあえず iPhoneそのまま&iPad Airという布陣にしてみました。何か色々迷ってめんどっちかったけど、まーいいや。買ってしまえばちょっとワクワク気分でございます。

 

IMG_1006.jpg

 

 

●4/19(土) 横須賀ホテルで…

バリ島在住朝本千可さん、福田っち、石川真奈美さんと4人で某パーチー仕事です。横須賀の有名政治家の方がいたって噂も。

 

真奈美嬢、姫って感じ。

10176057_633116270096097_8404808076027905455_n.jpg

 

白いピアノのオヤジ貴公子(笑)。

IMG_1007.jpg

 

 

●4/20(日)キーノート

 

iPad Airのキーノートってアプリが面白い。パワーポイントみたいなプレゼンソフトだけど、僕は全然知らなかったからかなり新鮮。iPadを入手したのはこれを使いたかったっていうのもあるのでした。実は、6/7(土)に生まれて初めて学校講演会をやるんです。そのスライド資料を作成練習。ジャズ草の根布教だ!こんなテンプレートがあったぞ!

 

IMG_1010.jpg

 

 

●4/22(火) 京王プラザホテル仕事

 

今月は5回もホテル仕事。京王プラザで「ジャズを遊ぶ」っていうイベントが1ヶ月あったんですね。実はワタクシ何を隠そう、ホテル仕事好きです。45Fラウンジの無伴奏ソロ、相当楽しかったし練習になった。バーテンダーさんがカクテル作る音とか夜景が演奏をすごく自然にさせるんだな。こういう仕事の場合、お客さんがしゃべってる中、自分の音に集中する訓練っていうか、結構リラックスして楽しいです。キースジャレット大巨匠みたいに、音を出されたら困るなんてことは全くありません(レベルがまったく違いますが…笑)。そして最終日のこの日はこんな方と初デュオでした。井上陽介さん。噂にたがわぬ素晴らしいベースプレイにシビれました。でも30分2回だけ(苦笑)。

 

 

何かスターウォーズみたい…

IMG_0981.jpg

 

ヤマオカさんをたてかけて

IMG_0019.jpg

 

新宿の夜

IMG_0984.jpg

 

井上陽介さんと

IMG_0023.jpg

 

 

●4/23(水)ジョン.マクラフリンと神の左

 

昨日はホテル仕事前にタワーでCD&DVD大人買い。今どき奇特ですよ(苦笑)。DVDは翌月曜授業「ジャズギターの歴史」第4回め(全5回)の資料に使うためなんだけどね。毎年ちょっとづつ変えて行くわけです。次回はジャズロックからフュージョン時代。

 

戦利品DVDはマクラフリン4thディメンションのライブと、リトナー、メセニーグループ、カールトンのお買い得3枚組4,500円(こんなのあるんだな。ビックリした…笑)。いまマクラフリン見てるけど凄過ぎ!この間のライブ行けなくて改めて残念。ワタクシ思うに、マクラフリンって世界一男らしいギタリストだな。武士みたいだよ。あと、ゲイリーハズバンドって何なんだ!マクラフリンと一緒にやれるくらいのキーボーディストだとは。自分のソロ終わったらドラム叩いてるでやんの(笑)。

 

IMG_0026.jpg

 

夜は尾山台オルタードスクール。

 

帰宅してからは楽しみにしていたこれ!!

日本酒飲みながらボクシング観戦。神の左は最高の酒の肴だな。ここまですげー日本人世界チャンピオン誰がいたかいま思いつかない。あ、長谷川の試合も素晴らしかったです。お疲れさまでした。

IMG_0027.jpg

 

 

●4/26(土)大学レコーディングアンサンブル

 

今年度スタンダードジャズレコーディングアンサンブル第1回めです。エンジニアの富さんと学生のギャップがいとおかし(笑)。

BmH5-q6CMAAosEa.jpg-large.jpeg

 

 

 

長文にお付き合い頂きどうもありがとうございました。

 

次回はGW日記の予定です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

デュオラマ伊豆高原しおさいスタジオレコーディング [仕事色々]


皆さん、こんにちは。雪の2月でございます。

いよいよ来週から、ジャズ渡世人ひとりタビに出掛けます。

その前に1月のデュオラマレコーディングのことを書いておきますね。



DuoRamaは御存知、布川俊樹(g)と納浩一(b)のデュオユニットです。


基本はアコースティックサウンドを中心にして、バラッドが多い心和む音楽を目指して始まりました。このユニットは、石原忍氏とZIZOしおさいレーベル抜きには語ることはできません。

1枚めをレコーディングしたのが1999年のちょうどこの時期。リリースは9月だったかな。僕のギターの生徒だった石原氏がレーベルを作りたいということでビデオアーツ時代(VALISの「Under Construction」「Ali's Dance」をリリースしたレーベル)のディレクター岩永さんと僕で色々相談して始まったんですね。最初は正直あまり本気にしていなかったんだけど(石原さん、ゴメンなさい…笑)、あれよあれよと言う間に話が実現して行った。こういう行動力は彼はホントに凄いんだよな。

そしてレーベル第一作に決まったのが「DuoRama」でした。

VALIS諸作や「Departure」とは違うシンプルな歌っぽい作りにしたいってイメージだったかな。レコーディングは富士山を臨む別荘を簡易スタジオ化して行いました。プロトゥールズを最初に使ったレコーディングだったから印象深いですね。初日が終わったと思ったらデータが飛んで焦って3曲続けて録音し直したり(汗)。そのときはもう結構酒飲んでて、かなりいい感じの演奏となりました(笑)。

2枚めレコーディングは2008年夏、北京オリンピックのとき。石原氏が自宅に作った出来立てほやよやの新スタジオでのレコーディング。2枚めはダビングも多くて作り込んだ感じでしたね。デュオ以外にも後から鶴谷智生(ds,perc)くんもやって来て素晴らしい仕事をしてくれました。そのとき僕はソフトボール決勝を見てたという…(笑)。



で、今回のレコーディング。実は構想は1年前からあって、デュオラマのスタンダード曲レコーディングなのです。それも、ただのCDではない。教則CDです。でも、もちろん演奏は思い切りやってます。
金字塔デュオラマヴァージョン倍返し!ってところでしょうか(笑)。

最初5曲を昨年7月に、そしてあと5曲をこの1/29に伊豆高原しおさいスタジオでレコーディングしました。2回目のレコーディングまでに、色々とどういう形にするかを考えたんですね。

で、録音終了。まだどういう形でリリースするかは色々とアイディアがあって決まっていません。何にしても、まったく新しい教則物であり、かつCDとしても楽しめるものになると思います。


スタジオはコンソールルームとブース1つだけだから
レコーディングはこんな感じで行なわれます。
何とも気持いい自然環境なんだよなあ。
DR1.JPG

ちょっと録音したら蕎麦屋で軽く前祝い。スタンダード録音は
これくらいの方がいい(笑)?
DR2.JPG

夕食は地魚の旨ーいお刺身。
DR3.JPG

お疲れさま、デュオラマコンビ&石原社長&しおさい一押しアイドル!
DR4.JPG


今年中の発売を目指します。楽しみにしていてくださいね!



デュオラマ

デュオラマ

  • アーティスト: 布川俊樹&納浩一,布川俊樹,納浩一
  • 出版社/メーカー: インディーズ・メーカー
  • 発売日: 1999/09/25
  • メディア: CD


DuoRama 2

DuoRama 2

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インディペンデント・レーベル
  • 発売日: 2009/03/21
  • メディア: CD

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

新年度です [仕事色々]


皆さん、今晩は。新年度になりましたね。

大学仕事とかをかなりやっているもので、やっぱり4月というのは気分も新たになります。1月よりも気持ちがリセットする感じがあるな。

特に今年はかなり気合いが入ってます。今夏で僕も55歳、いよいよ50代も後半に突入です。あと5年、激動の音楽界を生き抜こうという気持ちが強くあります。

今日は春の嵐っぽい天気の中、朝から仕事レコーディング 〜 学校初出講 〜 夜再びレコーディング。そういう新年度スタートにピッタリのスケジュールでした。帰宅してワインも旨い!


さて、4月から新たに始まることが2つあります。

まず、世田谷区尾山台にあるAltered Music Schoolという新たな学校でも講師活動を始めます。

いまのところ、僕が教えるのは基本火曜日です。ここは1時間レッスンを月2回、月謝18,000円ということです。詳しくは以下のURLページでどうぞ。




そしてもう1つは、初のヴォーカルとのデュオユニット、FoundのCDリリースです。

4/20、BQ Recordsより発売です。


このブログの読者の皆さんはご存知でしょうが、吉田睦は新潟ではとても人気の素晴らしいヴォーカリスト。僕としては、彼女を是非全国区にしたいと思っているのです。サウンドはアコースティックジャジーポップというところ。楽しみにしていてくださいね。ゴールデンウィークには日本海ツアーを行います。





今年度もガンバるぞ。

お楽しみに!


Found

Found

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: BQ Records
  • 発売日: 2013/04/20
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

中学校芸術鑑賞会 [仕事色々]


皆さん今晩は。2月最初の記事ですが、もう2月も終わりですね(苦笑)。

2/22(金)川崎市の某中学校で芸術鑑賞会を行いました。

学校の芸術鑑賞会、マルタさんの仕事では結構やってるんだけど、自分がリーダーになってやるのは2回目。前回は「Ali's Dance」とかの頃だったから20年近く前。気分的にはほとんど初めての感じでしたね。

責任重大でちょっと緊張しました(笑)。

今回の演奏メンバーは洗足音大ジャズコースの若き精鋭たち、宮木謙介(bs)、後藤沙紀(p)、石垣陽菜(b)、伊吹文裕(ds)、吉田沙良(vo)。PAスタッフは音響デザインコースの学生2人。前日に洗足音大から機材を色々借りて搬入しておきました。

当日は朝8時入りで体育館でサウンドチェックです。寒いのなんの!

午前中リハして本番は1時半から約2時間。


内容は、

ジャズって何(ジャズの発祥と歴史を超はしょって説明)? 
ジャズスタンダードとは?

ジャズの演奏ってどうやってやるの?
〜ブルース講座

リズム&アレンジ講座(様々な音楽のリズムを紹介して曲を演奏する)


こんな感じです。

よかったのは、ブルース講座で中学生吹奏楽部の有志4人にジャズ演奏指導(ブルーノートペンタトニックを使ったブルース演奏)をしたこと。これで一気に盛り上がった。そりゃー生徒たちも自分たちの友人が演奏参加したらグッと親近感湧くよね。実は、前日その4人にちょっと指導したんだけど、すごく練習して来て皆ジャズ初体験にして素晴らしい演奏でした。

あとは本邦初公開、ヴォーカル入りのウルトラマンジャズとか面白かった。SJPアレンジヴァージョンの「Moon River」もヴォーカル参加で演奏しました。さすが若き圧倒的才能吉田沙良!


手前味噌ですが、鑑賞会、大成功だったと思います。珍しく台本まで作ってやった甲斐があった。先生方にも生徒たちにも非常に好評でした。寝てる生徒が全然いなかったのが嬉しい(笑)。アンコール前の質問コーナーもかなり質問があってビックリ。やっぱり学生がメンバーっていうのもよかったかもね。洗足音大のメンバーは僕より中学生の方が全然歳近いわけだから…。

こういう芸術鑑賞会、ジャズの草の根布教としてとても大切なことだと感じています。僕が中学高校生の頃は、どう考えても、ジャズを意味ある情報として耳にする機会はいまより多かったと思います。テレビの地上波で取り上げられることも多かったし、ジャズ喫茶は全盛だった。雑誌情報やFM番組も力があったから、ロック好き→ジャズ(僕がそうだった)っていう流れはかなり自然にあったと思うわけです。いまは巷の飲み屋やファミレスでジャズを耳にする機会はメチャ増えたけど、それは意味ある情報ではない。要は、こういうニッチな音楽は100人の人が聞いて1人に感銘を与えることができれば、それは意味あることなのです。僕は中学生の頃、クラスにジャズ好きな友人が2人いた。いまでも彼らは親友です。まあ中学生でジャズを聴くなんてそれだけいりゃー大したものなのです。だから、とにかく10代の子供たちにジャズを聴かせる機会をつくること、それがいま大切だと感じています。


ところでこの芸術鑑賞会、3年生の学年主任、E先生が僕のファンだったことから実現しました。世の中どんな縁があるかわからないなあって改めて実感した次第。

IMG_0518.jpg
無事終了で記念のパチッ!! 左から伊吹くん、E先生、
宮木くん、山崎くん、ぬのさん先生、吉田さん、鈴木さん、
後藤さん、石垣さん でした。


皆さん、お疲れさまでした!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

洗足学園音楽大学ジャズコース授業「布川俊樹レコーディングアンサンブル」 [仕事色々]



皆さん、おはようございます。珍しく連続アップデイトです。

今回は、僕の大学での授業を紹介しますね。

洗足学園音楽大学ジャズコースでは、ほとんどの講師がアンサンブルクラスを持っています。レベルは初心者からかなりハイレベルなアンサンブルまで、また講師の音楽性によって非常に多岐に渡ったアンサンブルクラスがあるわけです。

僕が担当しているアンサンブルクラスは前期後期とも2つづつ。1つは1年生優先の入門向けアンサンブル、もう1つは大学の素晴らしいレコーディングスタジオを使ったレコーディングアンサンブルです。

そのうちの1つ、後期の授業である「布川バンドレコーディングアンサンブル」の授業風景がiTunes Uのサイトにアップされました。僕は今回初めて知ったのですが、大学などの教育機関の授業映像がたくさんアップされているサイトです。チャート見たら何と5位(1/12)!1位はあの有名なマイケルサンデル先生の「ハーバード白熱教室」が東大で行った講義。そんな立派な授業と同じチャートに入っててあまりに恐縮でございます(苦笑)。

僕のこのアンサンブルクラスでは、プロミュージシャンが実際にレコーディングして行くような方法、過程でレコーディング実習して行きます。毎回最低1〜2曲はレコーディングします。レパートリーは、僕が選んだ楽曲(布川オリジナルやアレンジもの)に生徒のオリジナル楽曲などを加えることもあります。あたかも「布川俊樹バンド」であるような雰囲気のアンサンブルにして行き、授業終了後に僕も参加してライブを行うのが目標です。だから学生でもかなり演奏できるハイレベルな学生が履修するクラスです。



4つの映像がアップされています。

(1)ムーンリバー リハーサル
(2)同上 テイク1
(3)同上 テイク2〜部分テイク
(4)同上 リリース

延々、ムーンリバーなんで、ちょっと恐縮なんですが、1つ見るなら長いけど(3)がお勧めです(特にその後半の直しの部分)。レコーディングや学生とのやり取りの雰囲気が非常によくわかります。また(4)では学校紹介の映像を見ながらミックスしたOKテイクを聴くことができます。

洗足ジャズコースを受験しようと思ってる皆さん、保護者の方々。このように私たちは実践的な授業を行い、学生と音楽を作り上げています。


是非ジャスコースへいらしてくださいね!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

新春日本海鉄道の旅 [仕事色々]



皆さん、こんにちは。ようやく正月気分も抜けて来た頃でしょうか。

この正月はいつにも増して飲みましたね。

1/4(金)は毎年恒例、VALISオリジナルメンバー
三銃士が揃う新年会。
VALIS3.jpg
1年に1回だけ会う酒井くんが嬉しい。
彼に初っつぁんを紹介してもらったんだよなあ…。

そして翌日土曜は超二日酔いで新潟へ向かいます。
トンネルを越えればそこは
nigata1.jpg

夕方の雪景色。美しい!
nigata2.jpg

CDジャケットデザイン打ち合わせは実に有意義に進みました。
そして二次会は、ライブもできるカラオケクラブ。
ニューホープへ。まさに昭和の雰囲気。
mitsuke3.jpg

FOUNDコンビ。ぬのさんは新潟の弟子、皆川陽介くんの
ストラトを弾いてます。ちなみに写真もすべて by 陽介。
mitsuke1.jpg

地元の凄腕ギタリスト大竹さんとバトル。
mitsuke4.jpg

あまりに色々語ってしまった夜。かなりエロおやじ(苦笑)。

陽介くんと、見附のゴッドファーザー阿部さん宅に一宿一飯の
御厄介になり、夜中にはまたまたラガブーリン。

いつの間にか朝が来て、日曜は福井に移動です。

日本海寒々しい!
nigata3.jpg

福井到着。歴代で最もできたローディーとして名を馳せる
岩佐高征くん。
fukui5.jpg

何と福井唯一と言っていいウクレレ専門ショップ&スクール
をオープンしました。まだ20代、君は偉すぎる!

fukui4.jpg

そのこけら落としパーティー。
fukui1.jpg

僕の岩佐くんに対する思いです。
fukui3.jpg

この方の歌と曲が素晴らしかった!GEN(ゲン)さん!
金沢では非常に有名な音楽家だそうです。それで保育園の園長さん。
昔イカ天キングになったって逸話も。
fukui2.jpg

岩佐くんウクレレ、福井のジャズギタリスト羽田さんと。
曲はルパン3世とか。
fukui6.jpg

最後は岩佐くんの生徒さん達全員参加で Love!
fukui7.jpg

ついでのもっと最後の締めは蟹!!そして黒龍!
今冬最後のせいこ蟹が店に残ってました。ズワイの雌のこと。
香箱ガニとも言いますよね。最高です。
fukui8.jpg


3連チャンの深酒で胃は死んでるものの、ヨーロッパ軒の
ソースカツ丼を食って(まさにB級グルメだった)、一路大学へ。

さすがに月曜は酒を抜きました。

とさ!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

八代亜紀さん [仕事色々]



皆さん、こんにちは。12月もそろそろ後半結構ヒマな師走でございます。ちょっと今年の印象に残った仕事のことでも書きましょうか。

今秋、八代亜紀さんがジャズアルバム「夜のアルバム」をリリースしました。かなりメディアでも紹介されてたので、皆さんご存知ですよね。一言で言うと昭和歌謡ジャズってところかな。僕にとってはとても懐かしいサウンドですね。Always3丁目の気分(笑)。

このアルバム、僕も1曲だけ参加しています。

 

このレコーディングはホントにたまたま、急な仕事だったんです(レコーディング明後日です、みたいな。最近とみになくなったまさにスタジオ仕事…苦笑)。ちょうどその頃、香取良彦(vib)と僕で洗足音大ジャズコースコンサートの宣伝活動でテレビ神奈川の番組でサマータイムを演奏してたんですね。それをこのレコーディング関係者がたまたま見て、ヴァイブとギターのデュオ+ヴォーカルが面白いってことになっちゃった。ちなみに、香取氏は本アルバムプロデューサー小西康陽さんと懇意にしてるからCDにはかなり参加しています。このヴァイブサウンドというのが昭和歌謡な雰囲気には非常に重要です。

 

それはともかく、取りあえず2日押さえられて、まずはリハしてみようってことになった。あまりに急なスケジューリングだったから、僕は学校の授業を変更できず、終えてから行ったんだっけな。レコーディングはその日1日やってたみたいだけど、僕が着いたのは夕方過ぎ。

 

何回かレコーディングしてる田町のスタジオ。


で、駐車場にはでっかいロ○ルス■イス!!

 

ここにこんな高級車止まってるの初めて見た(笑)。駐車場狭いからその隣に止めたんだけど、見たとたんに八代さんのだと思ったから、ローディーで連れて来た学生に「絶対に機材降ろすときにぶつけるなよ!」って言って(笑)。

 

で、行ったらカトリアン教授と八代さんでアレンジ&打ち合わせしてる。着いたとたんに速攻でヤマオカギターをセッティング。アレンジしながらの感じなんだけど、サウンドチェックほとんどなしでリハが始まったのね。そうしたら、八代さんほとんどノンリヴァーブでもう歌唱完璧なんですよ。まだアレンジ途中で、どこをルバートにするかどんなテンポとか探ってる段階だったんですけどね。もうもの凄い緊張感の歌。

 

あ、まずい、こりゃー絶対本番だと思ったわけです。「ちょっとギターのサウンドをチェックさせてください」って言ってコンソールルームで音色の確認。で、ヤマオカで最初のテイクやったのかな。そうしたらテンポなど諸々違うって話になって(確かヴァイブがバッキングでギターが常にオブリだった)、2テイクめは僕がバッキング。それの方がリズム出るからね。ルバートからインテンポ、アッチェルしてっていうのを完全にテンポを覚えてやらないといけない。テンポ変わるからもちろんクリックはなし。痺れましたねえ。それは結構ジャジーな感じでよかったんですけどね。でもプレイバック聴いて、八代さんから「ギターはもっとキュイーンみたいな」っていう要望が。そこで、ギターをセミソリッドのMDギターに変えて3テイクめ。それがCDに入ってるわけです。録音のときは、かなりバキッとしたブルースギターっぽい音色だったんだけど、CDではずいぶんまろやかな音になってました。夜のけだるいイメージってことでしょうね。

 

 

 

とにかく、

 

八代さんの歌は常に完璧、まったく直しなし!

 

昔の美空ひばりさんの「絶対ワンテイク伝説」とかあったけど、大御所演歌歌手の実力、底力に感動したレコーディング体験だったわけです。

 

サマータイム、よかったら聴いてくださいね。

 

aki.JPEG

この写真、母に見せたらとても喜んでましたね。

母は以前カラオケ教室の先生をやっていて、八代さんの

歌もよく歌ってましたから。

 

 

P.S…アルバムでは基本的にバーニー(田辺充邦)さんがギター弾いてます。実に昭和歌謡ジャズサウンドにピッタリのいい感じのモダンジャズギターフルアコサウンドです。サックスの岡淳くんのプレイも素晴らしいです。

 

夜のアルバム

夜のアルバム

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  • 発売日: 2012/10/10
  • メディア: CD

 


 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

洗足学園音楽大学ジャズコースLIVE [仕事色々]

 

 

皆さん、こんにちは。またまた久々のブログ更新になってしまいました。今回は洗足学園音楽大学ジャズコースについて書いてみましょう。実は今年度からアンサンブルクラスの諸々取りまとめ的なことをやっておりまして、学校関係の仕事を色々やっています。ということで(笑)今回は広報記事。

 

僕は、この大学が四年制になった2000年から教えています。考えてみてもう12年、干支一回りもやってるんですね。

 

先日は、僕が教え始めた年の新入生、小林香織と初共演しました。彼女の目黒ブルースアレイジャパンでのマンスリー.リーダー.ライブ。7/29の札幌シティージャズでも共演するので、その前哨戦ってところかな。いわゆるジャズライブと違い細部までショーとして考えられた1セットのステージでした。アンコールでは何とコルトレーンのあの超有名バラッド「Say It」を彼女抜きギターカルテットで演奏(僕をフィーチャーということで)。これはシビれたな。だって、お客さん皆彼女を待ってるんですから(苦笑)。とにかく、学生の頃に比べたら当たり前だけどそりゃー上手くなってました。タイや台湾など東南アジアではものすごい人気だということ、卒業生の活躍は嬉しいですね。

Kobayashi.JPG

 

 

洗足ジャズコースは、彼女以外にも既にたくさんの素晴らしいプレイヤーを輩出しています。僕が共演した限りでも、片倉真由子(僕が入ったときに短大2年)、市原ひかり、川村竜、佐藤浩一等々。彼らは現在の日本ジャズ界のホープ的存在になっていますよね。小林、片倉、佐藤は今年度から講師にも迎えられました。

 

ジャズを学ぶには何と言ってもアンサンブル体験です。大学では毎週アンサンブルクラスの授業があります。20人以上の講師が各アンサンブルクラスを指導しているので、その音楽性や特徴は多岐に渡ったものとなっています。たいていの講師は一緒に演奏するだろうから、学生はそういう経験を経てアンサンブル能力を磨いて行きます。ちなみに僕は前期は、1年生対象の入門アンサンブルとスタンダードジャズレコーディングアンサンブルというスタジオ録音を毎回行うクラスを持っています。

 

その成果を発表する機会が、今週末6/30, 7/1の2日間に渡るジャズコースLIVEです。30組近いアンサンブルクラスが出演します。また、客員教授の渡辺香津美(6/30 16:30)、向井滋春(7/1 16:05)、伊藤君子(7/1 16:35)バンドも出演。3人の先生と学生でバンドを組むわけです。僕の担当アンサンブルクラスは(7/1 15:45)。僕もゲスト出演します。

 

洗足学園音楽大学ブラックホール

10:30 OPEN

11:00 START

 

終了は17:30くらいの予定です(以下URL詳細)。

 

https://www.senzoku-concert.jp/concert/?concert_id=268&schedule_calendar_year=2012&schedule_calendar_month=06

 

無料ですので、音大ジャズコースってどんなことやってるんだ?って思う方、大学受験を考えている方、未来のジャズプレイヤーを見たい方、近くで散歩がてらの方などなど、是非いらっしゃってください。

 

天気いいといいなあ…。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る