So-net無料ブログ作成
検索選択
仕事色々 ブログトップ
前の10件 | -

2017年最初のブログ [仕事色々]


 

2017年、あっと言う間に1月が終わってしまいました。考えてみて、本年最初のブログ。今年もよろしくお願いいたします(汗)。

 

とにかく忙しかったんですよ。今日は若干ゆっくりな感じなんで、Facebookに書いた1ヶ月の投稿を日記っぽくまとめてみることにしました。

 

●1/1(日)


明けましておめでとうございます。本日は午前中から実家でゆっくり。この1週間くらいただただ飲み食いです。ついにこの間の断食(12月にプチ断食やった)から完全リバウンド(苦笑)。チキショー、またやるぞ!


ユー&アイが元旦の御挨拶。あ、彼の名前がユウなんです。正月のお楽しみです。

15822900_1172972159404926_7582726428875167316_n.jpg15871848_1172972206071588_8702749602728530857_n.jpg15871434_1172972169404925_4809965167353888026_n.jpg15823532_1172972236071585_4072173735205913594_n.jpg


 


●1/4(水)

一月四日でございます。今日明日は取り立てて予定ないんで仕事開始してます(毎年恒例新年会が今年はない模様)。まずは今月のスケジュールを決めたところ。自分で決める部分がかなりあるのが自由業のよいところですね。昨年末に急遽決まった1/30の企画ジャズレコーディングに向けてのアレンジを空いている日でどういうスケジューリングでやって行くかがポイントです。今日は選曲と1曲アレンジに取りかかろうかな。

 

昨日は木更津アウトレットに行きました。正月とか何回か行ってるけど三が日は初めて。メチャ混みだった。目的はダウンジャケット。最初に入った大好きなJOSEPHで一発で買いました。万事塞翁が馬、何事も決断力がモットーだけど新年一発めに幸先よし(笑)。その他、靴、ジャケット、パンツ、シャツなどかなりの収穫。自分への御褒美、遅れたクリスマスプレゼントってところです。


 さっきは昼飯がてら近くの神社へ。写真はおNewのダウンとアッシュグレイっぽいコーデュロイのパンツ。おみくじは大吉。カレー初めは宿河原のYabin。溝ノ口でよく行ってるけど宿河原にもあることを発見したんだよね。


今年はいい年になるぞ気分いいから3時の引け前にカブ買っちゃった(笑)。息子もセンター試験まであと10日。ガンバレ!

15873338_1175220612513414_1053809905364271438_n.jpg15871891_1175220622513413_7669307617425549368_n.jpg15826266_1175220635846745_8730787765235674036_n.jpg


 

●1/7(土)

ライブ初めの日。DuoRamaで本年は始まりました。静岡県駿東郡。三島のルパンこと日本四大飲み友達ハギノリがいるところです。僕を兄のように慕ってくれてる憎めない奴なんですが、色々強力な奴です(笑)。今回は写真撮りそこねちゃった。こんな写真の奴。

C1i6A10VEAAv-Bf.jpg-small.jpeg

 

って違うか(笑)。以前の記事はここ。

http://nunosan.blog.so-net.ne.jp/2014-03-07

 

そのハギノリ。とにかく呑兵衛なんだけど、最近若干体調もよくないみたいだから正直ちょっと心配してるんだけどね(ってオレに言われたくないか…笑)。


年明けからライブは楽しく大成功!DuoRamaは最も自分のギタリストとしての力量を問われるユニット。これで始められたのはよかった。


あと、演奏前にハギノリ宅で約10年前の納バンド(小野塚くん、鶴谷くん、ワタクシ)の映像を観たんですよ。納ちゃんの超難曲 Little Boyをやってるんだけど、その演奏スゴかったです。うーん、オレはいまガンバってるだろうか?と思わせられる演奏でした。アドリブソロはほとんど変わらないけど何か若い!超難しいテーマ、いま弾けるかな(笑)。とにかく当然歳は食ったわけだし、いまの自分のサウンドをやっていかないといけないですね。そんな話を納ちゃんとして、正月から身が引き締まりましたね。

 

 

●1/10(火)


ヴァーチュオーゾ赤坂でタイ料理新年会。FBジャズギター研究会のコアなメンバーが集まりました(2ショット写真はエジリン会長と)。シェフは鈴木都さん。タイ宮廷料理研究家ということで、その道では非常に有名な方です。


http://suzukimiyako.com/


実は彼女はヤボちゃんの学習院大学音楽サークルの後輩ということでこの企画が実現したわけです。僕もうん十年前に会ってたらしい。顔見たら思い出しました。


しかし、食べたことのない異次元の味のグリーンカレーでした。宮廷料理ってこともあるのか、すべてやたら上品かつメチャ旨!また食べたいなあ。都さん、ご馳走さまでした。


最高の一夜!

C1zOPqkUkAA9pcT.jpg-small.jpeg15977563_1180427188659423_392360133110506777_n.jpg15965086_1180427178659424_9135711489318780370_n.jpg15895108_1180427208659421_1953231002291855084_n.jpg15965085_1180427238659418_280180559431718935_n.jpg15977373_1180427215326087_1450213662460101097_n.jpg


 

●1/14(土)


今日は母の83歳の誕生日。そして息子は大学受験本番第一弾。ここ数日、母から何回か電話があって「俊樹に似ておっちょこちょいだから試験のときに名前を書き忘れないように」とか「明日は雪かもしれないから余裕を持って行くように」とか留守電に入ってたりする。苦笑いしちゃうけどありがたいことです。


昨夜のライブの時のメンバーでの会話。よしひさ君が軽いぎっくり腰になったってことで、体調の話に。彼が一番ヤング(よしひさ君本人の表現です)で50歳。残りはアラ還だからしょうがない(苦笑)。グレッグは最近急に意識失って倒れたらしいし、ミッチーやサンペイさんも皆腰痛や肩痛、腱鞘炎など痛いところだらけだ。で、どう考えても明らかに一番呑んだくれている僕が身体に痛いところが全然ない。58年間大病した事は全くなく、入院は小学校時代の盲腸炎だけ。骨折もしたことがない。これはただただラッキーな人生で母親に感謝だ。

 

そんな母は、脳梗塞の後遺症があって施設に入っているが、全くボケてはおらず、僕より漢字も書けるし色々なことを覚えている(笑)。来年は自分の干支だから楽しみだ、なんて言っていて実に頼もしい。僕より丁度ふた回り上の戌なんだよね。とにかく僕が絶対してはいけないことは、母より先に亡くなることだな


さあ、御茶ノ水G Club Tokyoのレッスンも終了。本日も銀座スイングライブ盛り上がって行きますか。写真は本日の昼飯(カレーばっか食ってますな…笑)。

15976933_1182927171742758_8814108968437693751_n.jpg

15977364_1447799525254002_1437943536962774744_n.jpg15940890_1447799731920648_1647536975208024430_n.jpg

 

盛り上がりました!


 ●1/15(日) 

今日は自宅レッスン3人の後、駅前のガストでアレンジ宿題お仕事。一番自宅から近いコメダは10人以上並んでた。人気あるんだねえ。月末企画ジャズレコーディング曲8曲、正月明けからアレンジ開始して半分終了。目論見より若干早い。ちと嬉しいな。この凄まじいリハモ曲は果たして何でしょう(笑)?


しかし、メチャ忙しいな。ファミレスにPC持ち込んでアレンジなんて、まるで仕事師じゃないか(笑)!大学も後期終了間近でやることだらけ。学生ライブイベント(イベンターやってます)は来週末、何か色んなメールが僕のところに舞い込んで来る。


僕は性格的には、こんなに仕事しないでダラダラ遊んでるのがいいんだけどなあ。風呂入って酒飲んでるとか(爆)。時間をムダにして非生産的なことをするのが好き(笑)。でもそれじゃあ暮らせないからね。たまにはこうやって……


あ、ウソウソ。大して忙しくありません。「忙しい、忙しい」とか言う奴は往々にして忙しくもない、あるいは能力がない、ってビジネス本にもよく書いてあるしね(苦笑)。ホントに忙しい人、例えば納ちゃんのような偉人は「忙しい」なんて言ってるの聞いたことない。まあ、僕みたいな人がさぼりたいもんだから「忙しい」って言うんでしょう。


さて、くだらない投稿してないで、今夜は息子をねぎらってあげますか(試験第一弾終了)。


P.S…ところで、写真はアップルパイ系スイーツ。焼きリンゴ系のスイーツって最も好きなんだよな。で、コーヒーじゃなくて紅茶がお好みでございます。ガストだけど

 

16002794_1183847121650763_1041171724840918221_n.jpg15965357_1183847161650759_586724163855917254_n.jpg


 

●1/16(月)

 

ジャズライフのニュースから。あまりに優秀な元弟子との手作り感満載のアルバム発売間近です。

 

16003072_1184093154959493_6920241472215808470_n.jpg


 

●1/17(火)


本日は後期「布川バンドレコーディングアンサンブル」最終回総まとめ授業。9時~16時という長丁場授業でした。学生もガンバった!


そしてまだ明るいうちから打ち上げとなりました(笑)。お世話になりっぱなしのエンジニア富さん初参加です。

 

16114845_1185438438158298_8171861293905438388_n.jpg16002949_1185477908154351_3409932047454303443_n.jpg16142367_1185477851487690_8559787448931707104_n.jpg


 

●1/20(金)

 

毎年恒例ビルボードライブ大阪「MALTA&イレブンピース+Oneオーケストラ」MALTAの最新アルバム「Miracle Rainbow」からこの日の為にアレンジして出来上がったばかりの曲や、Jazz Up, Back Up, Dress Up,では、メンバーのアドリブソロ合戦も炸裂して盛り上がりました!MALTAの東京藝術大学の教え子達も、プロデビューしてCDも発売。大活躍した宮越悠貴(Asとフルート)、藏持智明(Tp)、松永遼(Tb)も大先輩と共に、活躍しました。ありがとうございます!

(マルタジャパン関洋子さんのFB投稿から引用)

 

16265403_1952601624968070_5348847265833569106_n.jpg16174674_1952600678301498_7442156398424365047_n.jpg16195983_1952600244968208_5377180503771709437_n.jpg

 


●1/21(土)、22(日)

 

大学アンサンブルクラスの発表演奏イベント、ジャズコースライブでした。僕はイベントコーディネーターもやっています。日曜にはレコーディングアンサンブルで出演もしました。この学生とのアンサンブル、2/7(火)用賀金のツボライブが最終回!イベント終わってコーディネーター仲間の佐藤達哉先生、松山修先生とメチャ旨のホルモン。

 

16143346_1189706971064778_3061199602455734474_n.jpg16195768_1189707024398106_8418216233885444010_n.jpg16142557_1189841501051325_3649299554826861821_n.jpg16265303_1189841567717985_1096915374594492666_n.jpg

 

 

 ●1/25(水)


某企画ジャズアレンジ取りあえず全曲終了。未だ色々迷ってるところもあるけど、もう当日でいいや。正月明けからかなりガンバったぞ。かなりキャッチーな企画なんでお楽しみに!


今日は赤坂でヤボちゃんとジャズライフインタビューでした。2/20発売ヴァーチュオーゾレーベル第一弾「布川俊樹SJPトリオライブ~天空の滝」の話、ジャズギターの聖地となったヴァーチュオーゾ赤坂の話、2人の馴れ初め(笑)など話は多岐に渡りました。214売りのジャズライフに載ります。

 

16142419_1192968680738607_7179840035472889507_n.jpg


 

インタビュー終わって遅い昼食は蕎麦。


鉄っちゃんだった幼少の頃、砂場にトンネルを掘って電車のオモチャを通すのが快感だった(もちろんHOゲージではない笑)。


大学を出たての頃、赤坂砂場の蕎麦を食べて、こんな美味い蕎麦があるのかと思った。2030代の頃はよく来た。蕎麦屋で一人、ちびちび酒飲みながら蕎麦をすする爺さんに憧れたものだ。


今日10年以上ぶりに来てみた。まず、蕎麦そのものを食べる。次にワサビを蕎麦に直接絡めて軽く汁をつけて食べる。実に普通に(オーソドックス)美味い!完全に好み、鉄板だな。僕の最も好きな食のトップを争う蕎麦の基準はここで作られた気がする。


宿題もひと段落、気分のいい日だ。憧れた爺になれているのかもしれない(笑)。

16265251_1193033347398807_2636939647073439235_n.jpg

16265866_1193033417398800_2584288035144680820_n.jpg16195696_1193033467398795_2398756639768020462_n.jpg


 

 ●1/26(木)

 

ファーストアルバム「4000Bluesネット販売していただけるようになりました。

どうぞよろしくお願いいたします!!!(岡山のピアノ、オルガン奏者角堂りえの投稿)

 

http://www.catfish-records.jp/phone/product/22340

 

 

 ●1/30(月)

 

そして懸案のレコーディング日を迎えました。いやあ、長丁場レコーディング10時から10時まで。Facebookとかメールとか見る余裕全くなし(苦笑)!超難曲8曲録り終えました。いままでの企画ジャズで一番の難しさ。よく当日合わせだけでやったよ。素晴らしい仕事のメンバー一同に感謝です。堀秀彰、広瀬潤次、若井俊也、石川広行、宮木謙介というメンバーでした。洗足卒業生にこういう仕事を任せられるようになったのは嬉しいなあ。企画内容は2/14発表です(僕としてはそんなもったいつけない方がいいと思ってるんだけど色々大人の事情が…笑)。


正月明けからの宿題終わってよかった。今月ほとんどこれしかやってなかった。次は2月の宿題始めます(苦笑)。

 

16427259_1197608870274588_7383635296983260232_n.jpg16406824_1197608950274580_2347896039518753233_n.jpg16425729_1197609250274550_6227397645477226329_n.jpg16298924_1197609336941208_5238546714328283859_n.jpg16265889_1197609296941212_8538150415702745045_n.jpg16427452_1197609030274572_6470804325086534496_n.jpg16265977_1197609143607894_2805266297936393903_n.jpg

 

 ●1/31(火)


 大きな宿題を終えて気分のいい日。そして新鮮なライブでした。小島のり子(fl)発案。彼女は東京工大ビッグバンド、ロスガラチェロスに学生の頃、出入りしてた。で、ジャズ研だった僕のこともよく見てたらしい。そして、新澤健一郎くんは僕のジャズ研10年後輩(彼はロスガラにも在籍してた)。いまは大活躍ですね。で、この東工大繋がり3人でライブをやるということになったわけです。新澤くんとは今世紀のアタマくらいにMJRっていうユニットでやたら企画ジャズを一緒にやってた。あと「帰って来たウルトラマンジャズ」のフューチャージャズヴァージョンはほとんど新澤宅で作った。でも、ライブをやるのはたぶん10年以上一緒にやってない。久々で大変楽しゅうございました。コジノリさん、サンキュー!

16388131_1758780661107389_6042785466218817022_n.jpg

P.S…新澤くんとは最近ライブはまったくやってなかったけど、彼は唯一ジャズ界で思い切りカブ話ができる相手。昨日の話だと、僕よりいまは全然入り込んでるし気合いも入ってる感じ(笑)。投資話のやり取りをよくやってたから久々な感じはまったくなかったな。先輩後輩っていうのもよいもんです。

さて、1月日記終了です。すごいヴォリュームになっちゃった。投稿のカテゴリーも「仕事色々」って感じでもないな(笑)。まあいいや。

長文お読み頂いた方、どうもありがとうございました。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2016年秋のぬのさんをまとめる [仕事色々]

 

今年はかなり年末のスケジュールに余裕があります。つまり

ヒマ!来年の身の振り方でも考えるか(苦笑)。本稿は、9月末から現在までのFacebook投稿からリーダーライブを中心に主な仕事をまとめたものです。

 

●9/28(水)~30(金)

角堂りえ 1stアルバムレコーディング


何回かツアーに行ったときに岡山で共演している当地のオルガニスト、ピアニストの角堂りえさんにレコーディングを頼まれました。彼女のファーストアルバムです。何と1日で録っちゃう。ジャズレコーディングはすごいなあ。


メンバーは角堂りえ(org, p)、若井俊也(b)、菅原高志(ds)&ワタクシ。エンジニアはピアニストの細川正彦さん。レコーディング前日28日に目黒でリハでした。


ところで、今回のレコーディングは、ジャズレコーディングでは人気のスタジオ池袋のStudio Dede。時間を有効に使おうということで、東京なのに前乗り。池袋のホテルに泊まりました。超新鮮(笑)!東京23連…じゃなくて23日のタビであります。

 

29日は昼前くらいに始めて1日11曲!いやはやすげーっす(苦笑)。りえちゃん初体験でプレッシャーかかってたろうけど、見事なガンバリでした。タフだった。あと、20代前半の若井くんの骨太の素晴らしいベースに感心しました。いまの若者は上手いなあ。あと、池袋のビジネスホテルって外国人ばっかりなんだね。朝食バイキングは東京名物だらけ(笑)。

 

14581584_10205667917132153_6703418170140441240_n.jpg

 

何かいい感じの絵。

14523103_10205667916652141_3880943503696609087_n.jpg

 

14581591_10205667918132178_2551600840402666250_n.jpg

 

14516582_10205667915812120_5866527695896857442_n.jpg

 


●10/13(木)

布川俊樹トリオ at Virtuoso 赤坂

中村健吾(b)、デニスフレーゼ(ds)&ワタクシ

 

この初めての組み合わせのトリオライブ、メチャ楽しかった。中村健吾氏のライブ2回やってあまりに素晴らしい御二人だったんでブッキングしたわけです。実にディープな感じのリズムセクション。またやりたいな。何と健吾氏はライブ終了後山田パターお買い上げ!やけにパッティングに盛り上がってました(笑)。

 

14681741_1093896827312460_4170918606581602961_n.jpg

 

14522807_1093896833979126_459330382323206577_n-1.jpg

 

 

●10/21(金)

大口純一郎ソパ・デ・アホ at ラフォーレ「阿佐ヶ谷ジャズストリート」

大口純一郎(p)、佐久間高広(b)、平井景(ds)&ワタクシ

 

僕は正直言って、自分が卒業した学校関係で思い入れがあるのは一つしかない。東京工業大学 2-5-1類ジャズ研学科麻雀ゼミだけである。あとは中学時代はやたら楽しかった。でも学校に特に愛着はない。

 

というわけで、ジャズ研学科のOB(先輩や後輩)と会うと一瞬で学生時代のアホでマニアックな感じに戻れる。最近は皆歳食って来たし、ヒマになったか寂しいかいつ死んじゃうかわからないこともあるし(爆)よく会うようになった。1年に1回OB会やらOBを中心とした企画ライブやらがここ数年行なわれている。

 

先輩音楽家には何と言っても大口純一郎さんがいらっしゃる。僕が音楽家活動を始めた頃はとても優しく接してくれたし、いまでも現役で活躍されている尊敬する大先輩だ。後輩には10年くらい下に新澤健一郎くんと平井景くんがいる。彼らもいまでは僕なんかよりよっぽど大活躍ってところだ。そういうのは素直に嬉しい。後輩がガンバってると励みになる。

 

平井君はプロになろうとか迷ってたときに、確かウチに相談しに来た。何言ったかあまり覚えてないけど、彼はよくそれをネタにする(笑)。先日、彼が2枚目のソロアルバム「Running Man」を郵送して来た。彼らしいとてもメロディーを大切にした心温まる音楽だ。手書きの手紙も入っていた。僕にはそういうところ欠けてるよなあ…。後輩ながら尊敬です。

 

そんな東工大OBバンドがたくさん出演するライブでした。僕は一応プロバンドということで。アホなバンドってことかな(笑)。

14729251_1101042519931224_8031550944691638734_n.jpg

 

14690854_1101042513264558_3280510154868621771_n.jpg

 

翌日土曜も来ちゃいました。マルタさんの倉吉コンサートが地震で中止になったからです。残念だったけどまたの機会を楽しみにしております。倉吉の方々へは心よりお見舞い申し上げます。

14725632_1101686363200173_8281425723299061613_n.jpg

 

14731178_1101686289866847_1931830895986936347_n.jpg

 

 

●10/24(月)

竹中俊二 Birthday Week Special! Super Guitar Summit at 目黒 Bluesalley Japan

竹中俊二、鬼怒無月、有田純弘、高木潤一、宮野弘紀、道下和彦、小畑和彦、増崎孝司&ワタクシ(acg)


超才人ギタリストでバースデー記念10日連続ライブ(全部違うユニットってのがすごい!)という僕には想像できない偉業に挑戦した竹ちゃん仕切りの「ギタリストてんこ盛りライブ」でした。全員アコギ。みんな色々違う音楽性で面白かったなあ。しかし楽屋でもギターの話ばっかりしてる(苦笑)。特に有田せんせーですが…。


14732222_1279215745442799_5053853407790959345_n.jpg



 ●10/27(木)〜30(日)

吉田睦との4日間

 

新潟県で活動する吉田睦(以下むっちゃん)を中心としたバンド Sektの2枚目のアルバム「Black & White」発売記念ということで、4日間一緒にライブをやりました。


まず27(木)桜新町 Neighbor。今年できたとても綺麗なライブレストラン。僕と盟友はっつぁんこと古川初穂とのデュオにむっちゃんがゲストで加わる形でのライブでした。しかし、初っつぁんとは超久しぶりなデュオ。VALIS解散後は2年に1回くらいしかやってないけど、もう一発で演奏の展開、リズム、すべて合うな。やっぱり32年の付き合い。インストは Beautiful Love、彼のオリジナルワルツ(名前忘れた)、懐かしの Mad Hatter Bluesなど。そこにむっちゃんのちょい R&Bでポップなテイストが加わって盛り上がる。Georgy Porgyとか Rock With Youとか初っつぁんバッチリだったなあ…。とにかくまたVALISコンビでやろー!と誓ったのでした。


14716045_1105812989454177_8366102188228425489_n.jpg

 


翌日 28(金)は大好きな小岩 Back In TimeでFoundでした。Foundはここ小岩の BQ records からリリースしたんですね。マスター梶川さんにはお世話になりっぱなしです。Foundのアルバムは発売後3年で無事完売、もう1枚もありません。お買い上げの皆様どうもありがとうございました。ユニットのテーマソングI Found Youは長岡Honda CarsのCMでずっと使われております。

14724640_1470293789652922_1701079009585188888_n.jpg


29(土)は Sektの面々が新潟県からやって来ました。横浜 Hey Joe。Sektのバンマス阿部さんは僕にシングルモルトを教えてくれた日本三大呑み友達の一人(笑)。Sektはジャジーなポップユニットというところでしょうか。Newアルバムには僕も2曲ゲスト参加しました。


14910309_870467509756774_8754022358353201637_n.jpg

14938350_877166925753499_4171595206012344929_n.jpg

 

14479515_871321163004742_3000460830214562390_n.jpg

 

横浜ライブ終了後夜中に新潟県見附に移動です。車内はヨッパライつつ濃い話で盛り上がりました。

 

日曜昼は阿部さんと長岡でへぎる!

14601081_1108093255892817_7880047285658504787_n.jpg

 

そして会場「葛巻地区ふるさとセンター」へ。まわりはこんな感じ。まさに新潟県。

14907033_1108093242559485_6003884600049315064_n.jpg

 

開演前、Sektのギタリスト小山さんと

14604839_1286555191404372_1922284889779949949_n.jpg

 

Sekt

14915482_650634505117971_6651650838750294470_n.jpg

 

14937462_650635058451249_6905767417380452466_n.jpg

 

ワタクシ登場。阿部さんを語る?

14572863_650635278451227_1793081260374004244_n.jpg

 

Found

14937420_650635795117842_2461276094727585250_n.jpg


まさにホームタウンの盛り上がり!

14639770_650635921784496_6678813720548451978_n.jpg

 

お疲れさまでした!

14595760_871199746350217_7299270898482208466_n.jpg


●11/1(火)

DuoRama at Virtuoso 赤坂

納浩一(b)&ワタクシ


ジャズギターの聖地にDuoRama初出演。3枚のリーダーアルバムから選りすぐってお送りいたしました。この店ではいつになく落ち着いたなかなかよいライブだったと思います。

14907065_10207826010583338_2741628372013999688_n.jpg

 

この写真いいなあ。集中&気合いって感じ。

14650279_1192239077517450_1286442606409659324_n.jpg

 

14956483_10206524771912511_6090698399740474996_n.jpg

14907190_10206524772032514_6629007812715624484_n.jpg

 

●11/3(木)

福田重男 布川俊樹 DUO at 関内 Jazz is

福田重男(p)&ワタクシ


今年最後の盟友とのライブです。夏ツアー以来。来年3月には2枚めレコーディングも決定。それに備えてお互いの新曲2曲もこの日は演奏しました。来年も盟友デュオ楽しく行きますぞ!

14956374_1112163105485832_812428886119115108_n.jpg



 ●11/6(日)楽器フェアー at 有明ビッグサイト

午前中は、シグネイチャーピックを作って頂いているダイキングコーポレーションでのデモ演奏。超ご近所さんギタリスト田辺充邦さんと初デュオでした。噂に聞いてたけど、マイク持ったら喋る喋る(笑)。あ、もちろん演奏もモダンジャズギター王道そのもので素晴らしかったです。


14962685_1478382868844014_3306103299039591316_n.jpg


14980703_10206559215653583_5709572884622601864_n.jpg


14907659_1113918778643598_83042913955794191_n.jpg


そして午後はDuoRama。ジャズスタンダードバイブル絡みでリットーミュージックのお仕事です。このステージ、メチャ大変だった。楽器フェアーって色々な場所で様々なジャンルの音楽が勝手に流れてるカオス状態。このとても大音量とは言えないスタンダードジャズデュオユニット(この日はバイブルに入ってるスタンダード3曲を演奏)にとっては、完全に集中力を問われる修行の場という感じでした(笑)。1コーラスめ無伴奏ギターソロで始まる A Foggy Dayはちょっとした音の間に隣から聞こえてくるメタル爆音ドラムロール。いやあ一瞬聞いちゃって間違えた。布川まだまだ未熟者であります。でも全体的にはよくやったかな…。


14705808_1113918881976921_4432236329611391520_n.jpg


14639771_1113918895310253_769596659267405356_n.jpg

 

14656414_1196523787088979_8900293776665437608_n.jpg

14947932_1196523783755646_7628865077509073642_n.jpg 

たまたま福井ウクレレVIP岩佐くんと遭遇。キヨシ小林さんとのレコーディング話をしたら喜んでました。元々は岩佐くんが繋いでくれた縁。14947898_1113918781976931_2199719619203610699_n.jpg

 

●11/15(火)

和田明 布川俊樹 DUO at 茗荷谷ガレリアカフェユウ

和田明(vo)&ワタクシ

 

まさに才能溢れる素晴らしい若者、和田明。とにかく楽しいデュオだった。タイムはバッチリ合うし、展開は色々自由だし、何より声がいい。また是非やりたいな。


ところで、彼の最近の引っ越し先がウチから結構近いので行き帰り僕の車で四方山話に盛り上がりました(笑)。


以下はガレリアカフェユウさんのライブレポートです。

http://i-would-be.dreamlog.jp/archives/9414758.html


4776b9d8.jpg

 

15078562_1258607237514058_2456246427603437115_n.jpg



あと今年も1ヶ月ちょい。ガンバって行こう!






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

暑さ寒さも彼岸まで [仕事色々]


こんにちは。前回ブログアップデイトから約1ヶ月。かなり忙しくしていていつの間にか秋に突入です。「暑さ寒さも彼岸まで」と申しますが、台風やら秋雨前線やらでやっぱり涼しくなりましたね。

 

さて、FB記事をまとめてこの1ヶ月を日記っぽく書いてみました。

 

● 8/31〜9/2 akiko 高岡、富山プチツアー

akiko(vo)、布川俊樹(g)、高瀬裕(b)

数週間前に急に決まったプチツアーでした。高瀬号で行くんで、akikoさんとは自宅前で「初めまして」。こんなことができるのもジャズの良さですね。

 

初日高岡までの道のりもよかったな。中央高速を塩尻で降りて飛騨路を抜けるルート。最高のドライブ日和でした。お昼は唐沢そば集落。移動中のBGMは後部座席でのまさかのakikoさんウクレレ弾き語り!何か自由人っていうか面白い人だな。最高!

takase.jpg

 

初日高岡楽しく終了。素晴らしいパフォーマーですね。大変インスパイアされました。

akiko1.jpg


富山ライブ終了。短いけど楽しい2日間でした。akikoさん面白かったなあ。高校生の頃はパンクだったそうです(驚)。その魂が残るアーティストだったと感じました。ちなみに高瀬くんと彼女はよく一緒に海遊びとかするそうで、翌日は能登半島に潜りに行ったそうです。お祭り好きで、越中八尾おわら風の盆も見たそうな。

akiko2.jpg


僕は9/2がライブだったんで残念ながら遊びには参加できず、1人初北陸新幹線車内。座席が広いし空いてて楽ちんでしたね。この日が僕にとって今年の夏の最後。ジャズ渡世人にまたまた新たな縁ができた大変楽しい富山県2日間のプチツアーでした。akikoさんの素晴らしいアーティスト魂にインスパイアされましたね。歯に衣着せぬ物言いもメチャ面白い(笑)。

hokuriku.jpg


 


● 9/6 山口友生とのDuoライブ、9/9レコーディング


いつもの池袋P's Barでの友生ちゃんとのデュオライブ、期せずして高校ジャズ研同窓会になってしまいました。僕以外は全員1年後輩の世代です。ちなみに友生ちゃんは、高校生時代「やまろ」と呼ばれていました。その呼び方も懐かしかったな。

tomoo3.jpg

tomoo2.jpg

tomoo1.jpg

 

そしてその3日後、アラ還オヤジギタリスト共演レコーディングなのでありました。友生ちゃんは高校ジャズ研の1年後輩、つまり最も古くからの付き合いの音楽家です。こうやってレコーディングできたのは嬉しかったな。彼のオリジナル2曲とIt Could Happen To Youをレコーディング。どれがアルバムに入るかはできてのお楽しみってところ。僕は3時間くらいだったけど、彼は1日中でアルバム1枚分録った!大変だったろうなあ。ちなみに、僕より忘れ物がヒドいと思われるやたら賢い後輩は、レコーディングでウクレレを録音するのを忘れたということでした(笑)。

 

● 9/14 The Blood Jam at 渋谷 Last Waltz

布川俊樹(Gt)、納浩一(B)、村田陽一(Tb)、小池修(Sax)、山木秀夫(Ds)


半月くらい前から最も楽しみにしていたライブでした。ファーストコールのミュージシャン(僕以外苦笑)勢揃い!元々はしおさいの石原さん、納ちゃんと3人で飲み会やってたときに出たアイディアがライブに実現したのでした。「The Blood Trio」で演奏していた曲を2管で数曲、納ちゃんは書き下ろし新曲2曲用意しました。やってみてまさにBloodなライブでした。かなり70年代初頭のマイルスバンドみたいなかなりカオスなジャズロックサウンド。いやあ、弾きまくったなあ。とにかく全員炸裂!みんな若い(特に山木センパイ。あのエナジーが全てをOKにしちゃう笑)!是非またやりたいところです。

 

山木さん命名のバンド名、唐変木。次は新曲持って行こう!

 

blood.jpg


 

● 9/19 Malta Birthday Live at 銀座スイング
Malta(sax)、布川俊樹(Gt)、三木成能(p)、矢吹卓(key)、鳥越啓介(B)、ジーン重村(Ds)

毎年恒例マルタさんバースデイライブです。僕より9歳上だから67相変わらずパワフル、お元気で何より、めでたいです。最初に彼の仕事のオーディション受けたのは1985年(VALIS始めた年でもある)。ってことは2635だったんだねえ。長い付き合いになりました。当日はマルタさんの藝大教え子たち勢揃いで超賑やか!

malta1.jpg

 

malta2.jpg

 

malta4.jpg

 

 

● 9/20 DuoRama at 桜新町 Neighbor

布川俊樹(Gt)、納浩一(B)


台風16号関東接近で、ほとんどお客さん来ないだろうなあと危惧していたら…、ありがたいことにかなり来て頂きました。ただただ感謝です。この日は久々にDuoRamaの1,2枚めからのオリジナルを中心にお送りしました。スタンダード出すとセールスはいいんだけど、オリジナルもいいんですよ(苦笑)。特に僕は2枚め好きなんだけどなあ…。


dr2.JPG


dr1.jpg


 

 

● 9/22 飯能五十嵐酒造コンサート

小島のり子(Fl)、布川俊樹(Gt)


これはともかくメチャ楽しいライブでした。僕は初体験、何とお酒の蔵での演奏!コジノリさんはもう日本酒とジャズを合体させている酒の女神のようなお方。彼女のおかげですね(笑)。ライブは弦楽四重奏とジャズの2部構成でした。アンコールでは Tea For Twoで共演も。ホントは Sake For Allがよかったかな(笑)。ちなみに五十嵐酒造さんは天覧山で有名な蔵元。10種類近くは頂きました。激ウマ!


子供の頃、西武池袋線富士見台に住んでいた僕は遠足でよく飯能に来ました。1年生のときに確か天覧山登ってます。懐かしい!

kura2.JPG

 

何とタンクの上部を客席にしちゃった!

kura3.JPG

 

デュオ!

kura5.JPG

 

弦カルとコラボ。

kura4.JPG


お疲れさまでした。左は杜氏の小林清司さん、右は五十嵐酒造社長さん。

kura1.jpg

 

 

というわけで、ホロ酔い気分で気分よく帰ったのでした。来年もやりたいなあ。コジノリさんよろしくお願いいたします(笑)。


さて、最後におまけ。ちょっと書きましたが、埼玉県飯能は僕にとってとても懐かしい町です。小学校が大泉学園だった僕は、毎年飯能での遠足がありました。父親がハイキングが好きだったから何かと西武線の山の方に連れて行ってもらったこともあります。


というわけで、今回は仕事の2時間くらい前に到着。日高市高麗川在住のジャズ研先輩石田さん(赤坂ヴァーチュオーゾやレザールではよく会うんですけどね)のお宅にお邪魔してお昼ごはんを頂いて、その後、近くの名所を案内して頂きました。

「暑さ寒さも彼岸まで」ということで、まさに旬、彼岸花、曼珠沙華の名所、巾着田に行ってまいりました。その絵模様をアップいたしますね。


石田センパイと。お世話になりました。

ishida.jpg


高麗川

IMG_3682.JPG

 

IMG_3685.JPG

 

IMG_3690.JPG

 

IMG_3696.JPG

 

IMG_3703.JPG

IMG_3709.JPG

IMG_3715.JPG

IMG_3722.JPG

 

 

14407519_1058708117580382_1623141954_n.jpg


楽しゅうございました。




 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2016年初絵日記 [仕事色々]


こんにちは。ブログでは大変御無沙汰となってしまいました。

何と今年初投稿でございます(汗)

もうこれだけ時間経ってしまうと何から書いてよいかわからないので、取りあえず2月アタマまでのFacebook写真をまとめてみました。


1/4(月)
毎年恒例旧友ミュージシャン新年会絵巻!
幹事の齋藤昇(左手前)、僕の右隣の2人、初っつぁんと酒井春雄のVALISオリジナルメンバー時代の腐れ縁飲み友達が集まるのがこの会の基本です。
161.jpeg
165.jpg

懐かしい2人のローディーも駆けつけてくれました。
さるちゃん&こまっちゃん。
162.jpg

アホ(笑)!
163.jpg

2人のF巨匠。ピアニスト同士は珍しい。
164.jpg

1/8(金)
池袋 Apple Jumpで本年初ライブ。Maikoさんと。タイムばっちり合うんだよな。
166.jpeg

1/9(土)
本年初銀座スイング。
167M.jpg

1/12(火)
本年初 DuoRama at 茗荷谷カフェユー。
6月にはこの盟友コンビで北海道行きますぞ!
168D.jpg

1/15(金)ビルボード大阪
172M.jpg
171M.jpg
170M.jpg

お疲れー!
169M.jpg

おー、シャンパーニュ差し入れ感謝です。
173M.jpg

1/16(土)
翌日は明石に行ってレッスン、ちゅーか極旨お寿司やさんで
呑みから始まるという…(笑)。多胡さん、ご馳走様でした。
174.jpg

1/20(水)
大学レコーディングアンサンブル最終授業の後、打ち上げ飲み会。今週2/17(水)は用賀金のツボでライブやりますぞ!
176.jpg

1/22(金)
代官山レザールで東工大ジャズ研OBバンド。
やたら盛り上がった!大口せんぱい素晴らしいなあ!こういう先輩がいて嬉しい限り…。
175.jpg

◎1/24(日)
静岡県焼津でマルタさん七人のサムライジャズ。
日帰り(涙)。
177M.jpg
178M.jpg
179M.jpg

2/2(火)
洗足音大ギター科実技試験の後、3人のせんせーでランチ。
有田大せんせーのバンジョー&アメリカンミュージックの歴史の講義にみっちー先生も僕も目から鱗。
182.jpg

同日夜は荻窪ルースターで爆音、爆音数!!の3ギターフュージョンセッション。この組み合わせに入るとワタクシが地味で地味で(苦笑)。
183.jpg


ところで、この日は大音量だしいつものMDギターを弾くはずが、ルースターに着いてみると…、

ない!!

またやった。開閉式駐車場から出したときに立て掛けて置きっぱなしにしちまった(出掛ける前に大嫌いな弦張り替えもやったのに…苦笑)、

というわけで、たまたま車に積んであったアーガスの出番に。これが歪みの音もバッチリよかったんですよ。まあ万事塞翁が馬ってことで…。

てなわけないよな。反省…。
184.jpg


◎2/3(水)
今年もお馴染み、池袋 P's Barでの石川真奈美さんとのデュオ。いつも本当に自由な展開が刺激的なライブです。この日は、ピアニスト宮下博行さんも遊びに来てくれました。
185.jpg


◎2/4(木)
代官山レザールでチャカさん、佐藤浩一くんと初の組み合わせのライブ。チャカさんは完全なジャズネイティブ。展開がありえないし、予想もつきません。スキャットのフレージングはヴォーカリストとしてはありえないです(譜面全然読めないって言っててあれはものすごい…笑)。浩一くんもホントやりやすいし面白かったな。是非またやりたいところです。
180.jpg
181.jpg

こちらはチャカさんの嬉しいブログ記事。

「やっぱ、リズムだ」の最後の一言がホントに嬉しい。この日は、ドラムもベースもいない3人でも全然ノリのこととかストレスなくできたんですよね。ますます精進しよう!!



というわけで、ブログやめたわけではありません。本年も色々書いて行くのでよろしくお願いいたします(苦笑)。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

高校で講演会「人間万事塞翁が馬〜人生はフレキシブルに展開する」 [仕事色々]


気持ちいい季節になりましたね。今月は比較的のんびりしたスケジュールでやってます。

10/1(木)に息子が行ってる高校で講演会を行ないました。何回か行なったことがあるジャズ講演会やワークショップ的な芸術鑑賞会ではありません。

何ともこっ恥ずかしい次第ですが、人生を語ってしまいました(汗)。タイトルは「人間万事塞翁が馬〜人生はフレキシブルに展開する」でございます。

atsu5.JPG


この講演会をやることになった経緯を説明しましょう。高校に進路支援部というのがあって、1年生対象(息子は2年生)に年1回講演会を企画するわけです。それで、PTAの人で講演をやってもよい人は、申請しておく。僕は経験もあったので登録しておきました。こういう機会はジャズ布教のチャンスですから

それでやることになったのですが、詳しい話を聞いてみると、1年生向けに「今後の進路について」話して欲しい、ということだったんですね。The理系!みたいな大学出てミュージシャンなんかやってることに、進路支援部委員の方々は興味を持ったんだと思います(苦笑)。実はジャズミュージシャンは理系多いし、全然珍しい経歴じゃないんだけどね。

ジャズの話すればいいと思ってたのにこれはまったく予想外!いやあ、困った。人生はフレキシブルに展開します(笑)。引き受けたはいいけど相当プレッシャーになりました。タイトル取りあえず考えた後1週間くらい内容考えて原稿作りました。本番前1週間くらいは喋りを練習してゲネプロも数回しましたね。それこそ父親の葬式のスピーチ以来って感じ。

当日は、1年生約350人とPTA、先生方合わせて約400人集まりました。どこの馬の骨ともわからんおっさんの人生論じゃ聞き手も興味持たないだろうってことで(笑)、まずはソロギターで「星に願いを」の演奏からスタート。

atsu2.jpg

その後、中学で音楽に興味を持ちギターを始めたこと、ロックからジャズへの音楽変遷、高校時代の文学と科学にハマった話、受験勉強とジャズ研の両立について(笑)、ギターを使って音楽と物理の関連についての話、建築家清家清さん(東工大建築学科教授だった)のネスカフェCM「違いがわかる男」を見て建築家がいいと思って6類に入学するも一瞬で諦めた話(爆)、大学時代のジャズギターへのハマり方、期せずして進んだ社会工学科での卒業研究「公共空間における環境音楽の制作と実験」の話、ジャズばっかり練習してたけど最初の仕事はロカビリーだった話…等々から始めてその後の色々な人生の想定外の展開について話をしました。

atsu1.jpg

要は、人生は想定外のことが多々起こることが面白い。思わぬトラブルや失敗も次なる人生の展開の出発点になったりすること。

そこから本題である僕の座右の銘、人間万事塞翁が馬に話が進みます。ここからは、最も言いたいことだったのでちょっとスピーチ原稿から引用しますね(以下)。



人生はフレキシブルに思いもかけぬ展開して行く。言い方によっては、脱線挫折の連続かもしれない。でも逆に言えば、色々な方向性へ予期せず進むこと、それこそがチャレンジになる。予定外のことを嫌がらないで、積極的に楽しんで行くことで、人生の幅は拡がって行って大きくなります。また、いまやっていて無意味と思えるようなことも、後でそれがどう役立つかだってわからない。人生には何が起こるかわからないんです。


例えば、二者択一の何か迷う局面があったとします。人生には重要な分岐点が何回か訪れます。そのときは当然悩んだり、考えますよね。当たり前のことです。でもね、よーく考えたらとにかく決断してあとはぶれないことが大切。2つの選択肢があるときに、どちらの道を選択するのが自分にとってよいかどうかは、基本的にはわかりようがないから、というのが僕の考え方です。どうしてもわからないときは極端に言えばサイコロ投げて決めてもいい!


A, B2つの道があったとして、仮にAの道を選択したとする。それで、その後に「自分は不幸だ」とか「あのときああしておけば」「Bの道にすればよかった」とかよく人間は後悔しますよね。でもこれはね、その分岐点でちゃんと考えて決断したことであれば、後悔すべきものではないのです。なぜならもしBの道に行ったとしても幸福だったとは限らないからです。ひょっとしたらより不幸だったかもしれません。後悔する人はどちらの道へ進んでも後悔するものです。


もっと進めて言えば、どちらが不幸か幸福かって比較自体成り立たないんです。例えば僕が就職した方がよかったか、音楽家になった方がよかったか?ってのはわかりようがないんです。Aの道を選択した途端にBの道は選択しなかったわけだからBの道のことはわかりようがないし、仮にBの道に入れば、その人はBの道に入った精神性を持つ、要するに同じ人間の心の状態ではないと思うからです。だから「後悔する」っていうのは、基本的に「いまの自分に劣等意識を持つ、何か別の状態を羨む」ってことと同義なのです。要するに他人の芝生でわかりようがない。金持ちで聡明、才能もあり、ルックスも良い、誰からみても羨まれるような人だって、人に言えない苦しみを抱えている場合だって多々あるということです。


要するに、自分の行為に潔くなる、そういう心を持つ、それが僕にとっての「人間万事塞翁が馬」であり、それが僕の人間としての目標です。


僕はそういう風に「人間万事塞翁が馬」を捉えています。人生、何がよかったか悪かったかはわからない。もっと積極的に進めて、自分の人生をよいものとしてフレキシブルに受け入れる姿勢。それが、人を羨んだりねたんだりしない人間性を作り出す、未来は確定しているのでなくて、作り出して行くものだ、敗北だって失敗だってトータルに考えれば、その人の人生を作って行くんです。



というようなことを、アドリブ3割増しくらいにして喋りました。僕のエッセイ「ジャズの壁を超える100のアイディア」でも書いた内容ではあるんですが…。


講演終えてアンケート読んで、非常によい反響が多くてホッとしました。


やっぱり、ギター演奏から始めたのがよかった。「ギター演奏に引き込まれた」「美しかった」とかいう感想がたくさんあって嬉しかったな。


ギター使った高校物理実験授業(?…笑)もかなり受けました。ギターのピックアップは電磁誘導右ネジだ!とか、波動の基本方程式、そこから導き出される弦の長さと振動数の関係の説明。そこから整数で分割するポイントでハーモニクスが鳴る!そしてそれを利用して音階を作ったのは、あの「三平方の定理」のピタゴラス!!とか言ったら生徒目を丸くしてました。


ちなみに高校物理を講演前に復習したんですけどね(笑)。


これは、弦のハーモニクスポイントの話をしてるとこ。

atsu4.jpg


そして、もう一つは何と言っても「人間万事塞翁が馬」の解釈。ちょうど古典の授業でやったばかりだったっていうことで、すんなり生徒たちにも入って行ったんでしょう。部活と受験とか、恋と勉強とか悩むお年頃ですからねえ(笑)。


atsu3.jpg



この日の仕事は達成感ありました。帰宅して頂いた花束を肴に美味しいお酒を頂きました。


atsu6.JPG



P.S…写真のワンダーコアスマートは今回の話とは全く関係ありません(シルバーウィークに購入してハマっております…苦笑)。




ジャズの壁を超える100のアイディア (jazz guitar book Presents)

ジャズの壁を超える100のアイディア (jazz guitar book Presents)

  • 作者: 布川俊樹
  • 出版社/メーカー: シンコーミュージック・エンタテイメント
  • 発売日: 2010/06/02
  • メディア: 単行本

 






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2015年夏日記 Part 3「広島の Super Lady 中村民江!」 [仕事色々]


またまた連続アップデイト、2015年夏絵模様最終回です。広島県へのタビ、2つめのミッションは、中村民江さんファーストアルバム「Lyrics Of My Heart」発売記念ライブのでした。

まずは、ライブ前日9/3(木)前原さんのレコーディングがあまりに順調にコンプリートできたので、急遽夜の打ち合わせと相成りました(笑)。

アイビー眼科院長民江さんと川内さんと広島の誇る名店へ。
T1.jpg

今夏最後の岩牡蠣。超プリプリ!
T4.jpg

チョー油乗ったこの腹黒い奴め!
T2.jpg

いやはや素晴らしい…。脱帽です。
T3.jpg

そして翌日は民江先生手術3本終えて DIVAに見事変身!!
T20.jpg

September Songではギターとユニゾンのスキャット
T19.jpg


9/4(金)Jukeでの「Lyrics Of My Heart」発売記念ライブは民江先生のアイビー眼科10周年記念でもありました。東京からのメンバーと広島のメンバー、レコーディングメンバー勢揃い豪華ライブ!写真左から藤井政美、高瀬裕、広瀬潤次、福田重男、中村民江、吉岡洋允、ワタクシ。
T5.jpg

終わってもちろん打ち上げです。ワイン旨し!
T10.jpgT8.jpg
T6.jpg

イタリアンな憎々しい集い。
T9.jpg

でも野菜も食べなきゃね!
T7.jpg

結構二日酔いな翌日は瀬戸内海 OFF。
T11.jpg

民江さんの新艇、その名もDIVA号!
T17.jpg

もちろん船長は…。新しい車と同じでかなりハイテク装備
T13.jpg

佐藤さんと高瀬くん錨降ろし中。佐藤さんは30年を越えるキャリアの海の大ベテラン。
T12.jpg


何と優雅な昼下がりでしょう。人生初プライベート船上シャンパン。
T14.jpg

浜崎航に続く第二のゴルゴ(笑)の噂もある、ジャズ界屈指の野人、否、アスリート高瀬裕は素潜りセット装備でした。
T18.jpg

夜は民江さんの御自宅にお邪魔して御馳走になりました。信じられない美味のデザート赤ワイン。
T15.jpg

いやあ、素晴らしい1日!
T16.jpg


民江さん、本当にどうもありがとうございました。医者としての仕事、そしてジャズヴォーカリスト、はたまた船長さん(笑)。まさに Super Ladyだと感服した次第です。

次回は、11/6(金)DuoRama at スピークロウでのライブでのゲスト。またまた楽しく御一緒しましょう。よろしくお願いいたします。





Lyrics of my heart

Lyrics of my heart

  • アーティスト: 布川俊樹,福田重男,高瀬裕,広瀬潤次,
藤井政美,山本優一郎,吉岡洋充
  • 出版社/メーカー: BQ Records
  • 発売日: 2015/08/25
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2015年夏日記 Part 2「福山の素晴らしき2人!」 [仕事色々]


連続アップデイト。2015年夏絵模様です。

夏の最後、9月アタマには最近何かと縁深い広島県へ行って来ました。目的は2つ。

9/2(水)盟友福田巨匠と福山へ新幹線で GO!いまは早いなあ。3時間半。
HR1.jpeg

福山のソウルブラザー、お茶屋さんこと佐藤茶さんと。
HR2.jpg

この日は福山でのお馴染みのお店。亡きマスターとんさん(素晴らしいサックス奏者)にはとても可愛がって頂きました…。
HR3.jpg

福山鉄壁のリズムセクション、前原さんと佐藤さん。今回は前原さんが実は主役!
HR4.jpg

ぬのさん&前原さん!
HR5.jpg

ゴキゲンなのよ。この人!
HR6.jpg

福田巨匠も楽しそう!
HR8.jpg

この日使ったギターとアンプは借り物でした。ギターは広島の素晴らしいギタリスト川内さんの345。これが素晴らしいんだな。013トップのフラット弦が張ってあって、かなり骨太のジャズギターサウンドになりました。
HR7.jpg

そして翌日は、前原潔さん初リーダーアルバムレコーディング at 広島セイントルイーズスタジオ!中村民江さんのレコーディングのサウンドがすごくよかったからここで録ることに決めました。1日で9曲スタンダードをジャムセッションっぽくレコーディング。左から2番めが川内さん。お世話になりました。
HR9.jpg

佐藤さんのローディーたまちゃんが撮影。
HR10.jpgHR11.jpgHR12.jpgHR13.jpg

アレンジ思案中!
HR14.jpg

かなりいいものが録れたと思います。ちなみに、前原潔、佐藤茶のリズムセクションは、兼業ミュージシャンではあり得ない素晴らしいレベルです(前原さんは皮膚科医、佐藤さんは革製品会社社長)。専業プロでももっとやりにくい人達います(苦笑)。

All Blues, Unit7, Lady Bird, Ornithologyなどスタンダード9曲をヘッドアレンジで。こんなにスタンダード曲を普通に素直にやったレコーディングって僕も福田氏もほとんどないと思いますね。リリース楽しみだな…。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

最近やけに初心者教えてます [仕事色々]

 

秋の陽はつるべ落としと言いますが、夜になるとかなり寒いこの頃です。でも自転車は気持いい季節ですね。

 

さて、軽い話題をひとつ。最近大学のレッスンが新鮮です。大学には副科レッスンというシステムがあります。クラシック科、音楽教育科、音響デザイン科などの他学科の生徒も希望すれば僕のギターレッスンを取ることができます。

 

後期になって、そんな副科の生徒が増え、そのうちの3人がギターに初めて触る完全な初心者(ジャズ初心者ではなくギター初心者)。それこそチューニングや持ち方から教え始めました。いままで完全なギター初心者を教えたことはありますが数えるほど。ここまで何人も同時期にやるのは初めて…。彼らは僕がどういうジャズギタリストかなんて全然知らないし(間違いなく)、こっちもそんなヤボな話はしません(笑)。それがいいんですね。そういう生徒に、左指をどういう風に立てるか、左手親指の位置、どういう位置に右手を持って来てストロークするか、右手の振りの感覚、そんなことを教えています。これがかなり新鮮なわけです。昨日は、ある生徒が弾き語りしたいっていう曲のコードを取って行きました。キーがGで4つくらいしかコードがなかった(ラッキー!)。初心者には理想ですね。ギターはキーGが一番サウンドするし(僕はブルースで一番好きなのは断然Gキー!)、基本コードにほとんど開放弦が入るからです。

 

まず、改めて感じたことは、初心者にとって、ギターはなかなか音が出ない楽器であるということです。ギターを押弦するときの左指は、他の弦に触れないように第一関節をかなり曲げないといけません。これがかなり最初は難しいんですね。自分がギター初心者だったのは中学1年。そのときのことはあまり覚えていません。それで、その気持ちを思い出してみるために試しにですね、左利きの人のように、右手でギターの指板を押さえてみました。

 

全然押さえられない(笑)!!

 

第一関節が曲がらないんですね。ひょっとして最初はこんなだったのかなあ…。まあ、利き手じゃないから根拠ない実験なんだけど…。思うように行かない不自由感覚は充分味わうことができました。

 

このブログの読者には、ギター講師をされている方も多いのではと想像しています。完全初心者にはどんなレッスンやってるのかな…。ちょっと興味あるところです。

 

何はともあれ、初心者教えるのが新鮮で楽しいですね。若い頃だったらこんな気分にならなかっただろうなあ(笑)。

 

 

P.S…ちょっと時間ができると、急にブログを書き出すワタクシもどうかと思います(苦笑)。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

人生初!ジャズ講演会 [仕事色々]


おはようございます。今度のアップデイトはやけに早い(苦笑)。


6/7(土)音楽家歴33年にして人生初めての講演会を行ないました。

6074.jpg


場所は川崎市武蔵小杉にある法政二中二高。

はっきり言って……


緊張したなあ(笑)。


こんなに喋る内容をちゃんと台本に書いたトークというのは記憶がありません。事前に喋る練習やゲネプロをしたということでは、父親の葬式挨拶以来です。


講演のタイトルは
「ジャズは難しくない自由な音楽だ!」

6075.jpg

大まかな内容はですね…、


僕のソロ演奏、Summertimeから始まり…、

ニューオーリンズジャズ→スイング→ビーバップ→モダンジャズ

という1960年くらいまでのこのジャンルの歴史的な流れと、ジャズという音楽の持つ重要な要素を簡単に説明。世の中的にはまったく珍しいことではありませんが、僕としては新しい方法を使いました。iPadのキーノート(パワーポイントのようなもの)というアプリで流れを作っておいたんですね。それをプロジェクターに繋いで話したわけです。とにかく、これが上手く行ってよかった(ホッ…)。音や映像が出なかったりトラブルあると相当めんどくさいことになる。サッチモ、ベニーグッドマン、エリントン、パーカー、マイルスなどの音源、映像を軽く紹介しながら話しました。

6071.jpg

そして、ブルースの話。初期デルタブルース、ロバートジョンソンの曲の歌詞を題材に話します。続いてブルースのフォームやらブルーノートペンタトニックスケールを中心にした演奏方法の話に。これは実は前振りなんですね。ここで、高校生に「ジャズ演奏体験」をしてもらうわけです。この日は吹奏楽部から管楽器4人、音楽学部からギター2人、ベース1人。彼らにブルーノートペンタによるフレーズ練習をやってもらい、実際にブルースセッションをやっちゃおうって企画です。大学授業「ジャズフレージング入門」初回の内容。Cのブルースで7人1コーラスづつソロ回しです。1週間前に指導に行ったんですが、彼ら、ちゃんと練習していて素晴らしかった!楽しいジャズ演奏初体験となったことでしょう。嬉しいな。


その後は、ジャズのリズムやアレンジの話。アプリ iReal Proを使いました。これ、こういうときにメチャ便利ですよ。いまの若者は練習ツールに事欠かない。僕らの時代は大変だったんだぞ。っておっさんトークだな(苦笑)。

6072.jpg


最後にまとめ。「ジャズの壁」を取り払うべく、熱弁を振るいました。正直言えば、「ジャズは難しくない」ことはない(苦笑)。それは、非常に上昇志向(アカデミック志向)が強い音楽ジャンルであること。パーカーのビーバップ以来徹底的にハーモニーやフレージングの進化に傾注したことに因るものでしょう。どう考えてもブレッカーやジョンスコのぶっ飛んだフレージングは歌いやすいものではないし、少なくとも大衆的メロディーではない。

その一方で、ジャズもロックもR&Bも元を考えればブルースがある。それは身体性の音楽であり、グルーヴとパッション命なわけです。イエイーって音楽だし、聴く人は畏まって堅苦しく聞くことはない。身体でリズムを取って感じて欲しい。また、演奏する側にとっては、ジャズは非常に稀有な自由な音楽です。3歳の幼児が初めて楽器を触る喜びと同じ感覚を常に持ち続けること、それが演奏におけるジャズ性だと僕は考えます。極端に言えば、巧かろうがヘタだろうがレベルにかかわらずジャズは演奏できる、僕と初心者が共演することもできる。それってすごいですよね。ジャズの表現を愛して、かつまわりの音を注意深く聴いてさえいれば、1音を弾くだけでも演奏は可能だからです。自分の好きな音を意志を持って弾きさえすればよいのです。

その意味で「ジャズは難しくない自由な音楽だ!」なのです。


ってなことを話しました。これが、この講演会で一番言いたかったポイントです。「ジャズの壁を超える」布教活動、伝わったかなあ…。


この講演会、僕にとってはプレッシャーのかかった大きなイベントでした。約1年ちょっと前の中学校での芸術鑑賞会に比べて、圧倒的にトーク割合が高いものだったからです。ライブの10倍くらい疲れました(笑)。5月後半はこの講演内容作りばかりやっていましたね。僕は、いまジャズにとってこういう草の根布教活動が一番重要なことだと思っています。僕らが子供の頃には、ジャズ喫茶などのコミュニティー、現在とは比較にならないジャズジャーナリズムの力がありました。いまは、それは残念ながらなくなった。その代わり、ジャズ教育は盛んになった。僕は今世紀に入って音楽大学で教えるようになりましたが、いまの30代前半までの世代は、正規の音楽教育を受けてジャズをやっている人の割合が僕らの時代と比べると飛躍的に増えています。ジャズという音楽は成熟した音楽ジャンル(ある意味クラシックと同じようなアカデミックな…)になったということです。

だから、僕たちのような年配ミュージシャンは、このような機会を持ってジャズを広めて行かねばならないのです。

さて、これを読んだ学校関係者、各地の行政関係者の皆様!!


布川は「ジャズ草の根布教」のためのイベントにはいつでも馳せ参じる所存であります。是非…、


呼んでくださーい。


もう1時間半講演のテンプレートはできたし…(爆)。



ジャズの壁を超える100のアイディア (jazz guitar book Presents)

ジャズの壁を超える100のアイディア (jazz guitar book Presents)

  • 作者: 布川俊樹
  • 出版社/メーカー: シンコーミュージック・エンタテイメント
  • 発売日: 2010/06/02
  • メディア: 単行本



P.S 1 …楽屋弁当はまい泉のひれ「勝つ」弁当。景気がいいぞ。上がりました(笑)。
6076.jpg


P.S 2 …講演会とかでスライドとかも使わずただ喋って持たせる人ってすごいなあ、と尊敬です。サラリーマンの方々もしょっちゅうプレゼンとかやっててそういうの慣れてるんだろうなあ…。と思った次第。ベンキョーになりました。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

GWは遠くなりにけり… [仕事色々]



おはようございます。またまた1ヶ月経ってしまいました。もう梅雨ですからね。気持いい季節は短いなあ…。GWは遠くなりにけり…であります。またまた日記風に記事をまとめてお送りいたしましょう


●5/2(金)マルタヒット&ラン with ケイシーコスター

軽井沢大賀ホールライブ


軽井沢日帰り。GWだったけど金曜だから、全く渋滞なし。メチャ天気のよくて気持いいドライブでした。有名な大賀ホールは初めて。やっぱり気持いいホールの鳴りのハコでしたね。素晴らしかったのはゲストのケイシーコスターさん。モノホンのブラジリアンの歌。節回し、微妙な譜割りとかが何かジョアンジルベルトとか思い出した。こりゃーネイティブじゃなきゃできないわ、っていう歌い方。声だけでグッと来る力のある歌手でした。

 

高原のホールです。

1972518_767826273251334_2256135981449811346_n.jpg

 

まだ桜。

10174958_767826313251330_2373685914733352907_n.jpg

 

ジョアン、カエターノ、ジルベルトジルの共演で有名な

「ブラジル」って曲を初めてやれて嬉し。

1601098_1508766572684913_1460858746566913294_n.jpg

 

月に吠えるギター!

10247470_1511559099072327_114712732667466070_n.jpg

 

感謝でございます。

10277692_1508766906018213_8680584613904308642_n.jpg

 

関係者皆様とお疲れー!伊東八十八プロデューサーの

お顔も…。

10325181_1508767022684868_3949665468659236738_n.jpg

 



●5/3(土)竹中俊二 布川俊樹DUO
浦和カフェトーン

久々っすよ、浦和でライブ。何年ぶりだろう。記憶にない。スティール弦アコギデュオ。気楽にセッションのつもりが結構難曲も。竹中くんとはルースターやカモメでサンペイさん仕切りのギターバトルとかでジャズロックな弾きまくりセッションとかでよく共演する間柄。純粋デュオは2回めだけど、タイムバッチリ合うし、もうどうとでも行けます。こちらは All The Things You Are映像。何も決めてなくてこんな感じっす。

 

https://www.youtube.com/watch?v=-QFXvrhq36k&feature=youtu.be

 

竹ちゃんは、いつも刺激を与えてくれる

素晴らしいギターソウルブラザーです。

10298760_744722238892155_1300734992646951423_n.jpg


 


5/4(日)自宅バルコニーで優雅に(?)アコギ

実はニューギターをゲットしたのでした。Taylor310CE。実は前日昼間の生徒が持って来たのがあまりによかったので、交渉して即金大人買い!状態いいんだよなあ。

あ、決してパワハラではありませんぞ!以前、彼がレッスンに持って来たときに「もし売りたかったら言い値で買うよ」って話してたの。で、彼はフルアコが欲しいから売ります、ってことで交渉成立。問題は家のどこに置くかだ…。

 

ポローン〜♪

1017760_656144007754413_4504940482819529180_n.jpg

 

もういっちょ! アホか(笑)。

1656105_656144011087746_4293444939153618777_n.jpg

 

P.S…やけに笑顔なのは、こんな写真をわざわざバルコニーで撮ってる自分がアホらしくなったからです(笑)。

 

ちなみに、こちらは以前投稿した「優雅にバルコニーでギター」実家映像編です。合わせてどうぞ!

 

https://www.youtube.com/watch?v=FjGMHbmj86g&list=UUVEEzS7u6lD1yoWR_GOOkHw


 

5/6(火)吉祥寺ストリングスでmaikoさんと初デュオ

 

これは初共演。で、いきなりデュオとかやっちゃうところがジャズのよいところ、テキトーなところ(あ、いい意味ですよ…笑)。maikoさんのオリジナルを中心だったけど、僕のオリジナルも。Hope In The Caveのヴァイオリンとのデュオは新鮮でした。この日は全曲Taylor NEWギターで演奏。アコギのシビアなセッティングで左指が痛いっす。ダメだ、なまってるな(苦笑)。

 

maikoはんと記念撮影

Bm9JS9LCEAEqoPu.jpg


 

●5/7(水)期せずして教え子女子との一日

 

GW終わってプータローが続くもんで…。

 

洗足卒業生、廣瀬真理子と自宅近くのファミレスランチ。ワインは飲んでるわけではなく、頂き物の上物でございます(大感謝!)。彼女の5月末にリリースするファーストアルバムの作戦会議諸々。このアルバムがすごいのよ!僕は帯にコメントを書きました。

 

http://www.clinck.co.jp/merurido/dtl.php?ky=ZMZ0006

 

へっへっへ。これは上物でっせ…。

10251917_657452720956875_1418724356024062026_n.jpg


 

そして夜は、自宅生徒の女子ギタリスト、瀬川千鶴参加のオール女子バンドLady Bugライブを見に行きます。このバンド、洗足卒業生が多いんだよね。懐かしの再会。

 

暗黒の帝王と洗足女子たち

11950_657800450922102_7230087330317277940_n.jpg

 

おー、次のアルバムのジャケはこれで行くか…。

10331630_622832444473106_1394700971_n.jpg


 

●5/15(木)「布川俊樹を囲む会」開催決定!

 

このところ、FBでジャズギター研究会っていうコミュニティーがメチャクチャ盛り上がってます。僕が初投稿したのは3月くらいだと思うんだけど、その頃100人くらいの参加者があれよあれよ500人越え!プロアマ入り乱れてあーだこーだギターやジャズについて語り演奏映像をアップしたりしてます。何か「いま」っぽい会。


 で、その研究会の重鎮2人、EさんとSさん(合わせてESってこれまたジャズギターっぽい)が4月の代官山レザールのライブに来て急遽、こんな素敵な会が催されることになりました。


6/18(水)代官山レザール

FBジャズギター研究会主催「布川俊樹を囲む会~ライブ、セッション&諸々」


https://www.facebook.com/events/459933134141268/

 

レザールは東京屈指のジャズの隠れ家、ディープなジャズ者や落ちジャズ者(笑)が集まる素晴らしいお店。この日はプチクリニック、無伴奏ソロライブ、来場者とのジャムセッション、そして何より飲み会!!と楽しめます。僕の盟友F氏も遊びに来るという噂も…。

 

FBジャギ研以外の方ももちろん大歓迎!布さんパーティー、楽しくやりましょ!



●5/16(金)チャリギタ野郎多摩川を行く!


今月は自宅仕事が多い。それで煮詰まって来ると気持いい夕方チャリンコ散歩に出ちゃいます。ちょっとどっかでお茶でもするつもりが、多摩川沿いが気持良くて府中まで言っちゃった。郷土の森公園っていうのがあってブラブラ。片道15kmもないから意外に近いことが判明。

 

 

デゴイチ発見!このチャリも早6年生。かなり年季が

入ったなあ…。

10296861_661724280529719_7027924114367903205_n.jpg

 

府中街道是政橋。

1532117_661724297196384_1857926363221647840_n.jpg

 

夕陽にクリアに映える登戸の橋。

10373649_661724323863048_1010007047063148041_n.jpg


ふじさーん!
10351766_661740093861471_2665528668055862926_n.jpg

お疲れー!ってほどでもない。
10365940_661729953862485_9059211025160818801_n.jpg

チャラいギター野郎でやんす。

 

●5/24(土)マルタヒット&ラン with ギラジルカ
銀座スイング

 

この日はマルタヒット&ランにギラジルカさんがゲストです。洗足音大で一緒だけど、共演は久々、さすがでした。実力はもちろんだけど、実にステージの盛り上げ方が上手い。楽しかったな…。

 

 

演奏前楽屋でパチリ!

BoY_EXOCUAAkzCD.jpg-large.jpeg


この日の並び。
10402612_1520126308215606_4936074425103672667_n.jpg

恒例!スイング前。

10372065_1520126144882289_8167225139001191730_n.jpg

 

 

次回アップデイトは講演会のこと書きましょうね。

 

長文お読み頂きどうもありがとうございました。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 仕事色々 ブログトップ
メッセージを送る