So-net無料ブログ作成
検索選択
ご挨拶 ブログトップ

2017年に向けて [ご挨拶]


皆様、Merry Christmas !

 

ちょっと早いですが、本年最後の御挨拶です。


2016年も大変お世話になりました。歳を取るごとに、自分がまわりの方々のおかげで生きてるってことを実感します。


今年はどちらかというと種蒔きの年だったかな。来年は自分の名前が入るアルバムを3枚リリースします。


2月にヴァーチュオーゾ赤坂でのライブ盤「布川俊樹SJPトリオライブ〜天空の滝」、たぶん4月にキヨシ小林さんとのデュオアルバム、夏くらいに福田重男との2nd(3月にレコーディングします。今度はリズムセクション入り)。

 

実はその他にも急遽決まったものがあります。布川俊樹プロデュースの企画ジャズレコーディング2本が数日前に決まりました。両方とも2月までにレコーディングして春にリリースします。ドヒマプータローのはずだったのが急に忙しくなった。クリスマスプレゼントって感じかな(笑)。自由業、ジャズ渡世人にとってありがたいことです。


ところで、リーダー作をレコーディングをすると自分のプレイを何度も繰り返し聴くことになります。自分のプレイについて思うことを10月にFacebookに書きました。それを今年最後のブログに自分への戒めとして残しておくことにしました。読み直してみると、ワタクシ正直者だと思います(笑)。

 

本年はどうもありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。多分色々なところに行きますよ!

 

皆様、よい年末、よいお年を!


 

(Facebook 10/9の投稿)


明日、5/29にヴァーチュオーゾ赤坂で行なったトリオライブレコーディングのミックスを行う。


選曲などあるから昨日からずっと自分の演奏を聴き続けている。夜、酒入って聴いてるとこれがすぐ寝ちゃうんだが(笑)。こんなにレコーディングからミックスまで時間を開けたことは初めて。弾いた内容を覚えてないから冷静に聴けるし新鮮だ。


改めて自分のプレイを見つめ直してみると


カート以降の最近の若者(世界、そして日本でも)のやたら上手いプレイヤーとかに比べて、何て素朴でシンプルなんだと思う(笑)。僕はコンテンポラリージャズギタリストって言われるけど(あ、自分でも言ったりすることもあった爆。今後やめようかな)カート以降の方々(ってまとめちゃってすんません)をそういうなら、僕はだいぶ雰囲気違うオールドスタイルだ。ブルースロック入ったモダンジャズギタリストってのがせいぜい。


そう言えば、VALISでデビューアルバム出した20年以上前、スーパーテクニックとかCDの帯やレビューに書かれたりしたのもかなり恥ずかしかったな(冷汗)。まったくそんなことないと当時から自分では思ってたし、自分の良さはもっと違うところにあると言いたかった(苦笑)。


で、楽器は大して上手くないワタクシ(洗足の卒業生でもかつて教えた生徒でも僕より全然上手い奴はたくさんいる)がジャズギタリストとしてここまでそれなりにやれて来たのは何故だろう?改めて考えたわけですよ。


ここからちょっと自分のギタープレイについて、よい!と思う面を書いてみることにする(マンセー投稿ですがご勘弁を笑)。


一番いいと思う点はですね、布川俊樹というギタリストは「自分の好きなプレイのみを追求して来たギタリスト」であるということだ。だから、自分のプレイを聴いてて、こりゃーヘタくそだ、何やってんだけと思うことはあっても、自分が嫌いなことはプレイしてない(考えてみりゃ当たり前?笑)。僕はジャズの基本的なことを最も練習していた大学ジャズ研時代、かなり偏執的に自分のプレイにこだわった(これもプロになるなら当たり前のことか爆)。そのポイントは、かっこいいこと、グッと来ること、興奮すること。で、それを達成するには、いいフレージング(メロディー)をいい音でいいリズム(グルーヴ、アーティキュレーション)で弾くことだ。それにもちろんパッションが伴わないといけない!


僕は、一番練習をしていた20歳前後の頃は、上記の「よいと思う判断」はかなり偏執的で狭いものだった。音符とかスイングする感じとかはは「こうじゃなきゃいけない」みたいな排他的な感覚もものスゴく強かった。ただ、それは当時の練習の原動力になったと思うけどね。そんな僕がもっと広い意味の色々な音楽のよさ(昔だったらかっこ悪いでしょ!みたいに思ったものでさえ笑)を認められるようになったのは、正直40代後半くらいかなあ。まあここ10年の話。でも、自分のプレイで弾く音符の感じ、よいメロディーと思うもの、かっこいいハーモニー感覚へのこだわりは、20代前半に培われたもので、もうこれは多分一生変わらない。


さて、何が言いたいかというと(笑)、要は、僕がギタリストとして生き残って行くには、この自分のよい点に磨きをかけるしかない!ということなのだ。オリンピックで記録が更新されて行くが如く、いま新たに登場するジャズギタリストで僕より楽器がヘタなんてあり得ない(汗)。クラシカルな指弾きでもピック弾きでも、複雑なヴォイシングや音程が飛ぶメカニカルなフレーズを縦横無尽にミスなく弾きこなし、どんな変拍子や難しいコード進行もものともしない、読譜力も音感もバッチリっ、つまりクラシック音楽と同様、楽器演奏力と音楽演奏力がとんでもなく高くないといけないのがいまのジャズギターオリンピック水準。


酔拳なんて言ってる御時世じゃないのだ(爆)。


だからそういうジャズギターオリンピックはこれから出て来る方々に任せるとして、僕は自分の「売り」の部分をより正直に追求して行くことが一番大切なのだ。それは自分の歌にほかならない。それは結構渋さと味わいの世界だ。自分で言うのもこっ恥ずかしいが艶っぽい感じも欠かせない。そしてその自分のプレイを僕自身が気に入る、自分が好きになるプレイを自分でできれば、仮にヘタくそでも僕のプレイを好きになってくれる人達は少なからずやいると思うからだ(僕があまりに世の中から乖離した好みを持っている孤高あるいは湖底の人でない限り)。あとはいい曲を演奏することだな(オリジナルであろうがカバーであろうが)


急に話が飛ぶが(笑)、僕は朝青龍って人のようにありたいと思っている。彼の相撲を思い出すと、信じられないくらい強かったけど、たまに明らかに気合いが入ってないようなときにころっと負けてしまうことがあった。相撲界においては小さい身体でダントツに強い横綱を張っていたのは、凄まじいばかりのマインドの力あってのことだったと思うわけ。だからちょっと気合いや集中力に乱れが生じると急に弱くなる。もちろん圧倒的な横綱とワタクシは比べるべくもないが、素質があるわけでもなく音楽教育を受けたわけでもなく、楽器技術もそこそこの僕には、プレイに対する真摯な集中力と演奏への渇望のみが命綱、それがなくなったらとてもいまのジャズギタリストシーンで生き残れない。


自分のプレイでよくないと思う点も色々あるのだが、それは仕事してる身だから、一応黙っていることにしようかな(笑)。


長文駄文、お読み頂いた皆様、どうもありがとうございました。こんな自分のよいところを出すべく、明日、ミックスガンバって行こうっと!



P.S…ちなみにまったく朝青龍のファンではありませんでしたが(笑)。

 

 

 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2015年大晦日の御挨拶 [ご挨拶]


 

皆様、2015年大変お世話になりました。こうやって無事に大晦日、正月を迎えることが年々ありがたく思える年頃となりました。

 


一昨日は恒例の中学同級生忘年会。今年はこの旧友たちの関係にも認識を新たにする色々いいことがありました。超ヨッパラって「誰がいつ死ぬかわかんないから来年も楽しいイベントを作って遊ぼう」と誓い合うの儀でしたね(笑)。以下は忘年会2次会カラオケ写真です。昨日友人が写真送って来るまでギター弾いたこと忘れてた(爆)。爪は割れてたけど。

 

ディープタウン大井町。

IMG_2482.JPG

 

途中からずっとギター弾いてました。ヨッパライ超ヘタクソ。

IMG_7205.jpg

 

懐かしの洋楽多し。

IMG_5170.jpg

 

世界中を飛び回るエラい奴。

FullSizeRender.jpg

 

大ヨッパ2人。

IMG_2478.jpg

 

ついでに10月写真も。こちらもディープタウンです。武蔵小山呑み。

IMG_1904.JPG

 

知る人ぞ知る名店牛太郎夕方で閉まってた…。

IMG_1898.JPG

 

温泉も。

IMG_1895.JPG

 

 

2015年は仕事面ではとても新鮮な年でした。


まず、何と言っても「布川俊樹の The Standard Jazz Guitar」の自主出版と販売。自分で注文に応えて郵便局から発送する(最初の1ヶ月は宛名書き大変だったけど)、これが手慣れてくるとお客様と直接コンタクトが取れてる感じが嬉しいんですね。自分が行ったこともない北海道の町とかから注文も来たりする。サイン入れて送ってください、とかもありましたね。FBでコメント頂いたときに「あ、この方には送ったな」なんて秘かに思ったりしてるわけです。

 

●教則本「布川俊樹の The Standard Jazz Guitar」の購入方法について

http://nunosan.blog.so-net.ne.jp/2015-06-01-1


 

ベストセラーシリーズ最新作「ジャズスタンダードバイブル for ADLIB」の執筆に参加できたのも大変光栄でした。納ちゃんと青柳くん2人のもうホントに仕事がきちっとしてる感じに正直びびりました。それに比べて僕のテキトーなこと(汗)。いやあ、でもこんないいかげんな私ですが何かいいところもあるんでしょう(苦笑)。ホントに使って頂いてただただ感謝です。


 ●ジャズ・スタンダード・バイブル For ADLIB 発売!

http://nunosan.blog.so-net.ne.jp/2015-11-21


 

そして、ジャズ渡世人としてのツアーは長いのが3回。福田重男氏とのデュオ1回にDuoRama2回。広島県(中村民江さん、前原潔さんのレコーディングは最高に楽しかったですね)や新潟県(吉田睦とのFoundは完全に定着したと言えましょう)を始めとして各地で深い人間関係を構築しているという実感もあります。

 

●ジャズ渡世人のタビFoodbook

http://nunosan.blog.so-net.ne.jp/2015-03-23


●盟友福田重男とのデュオコンビのこと

http://nunosan.blog.so-net.ne.jp/2015-03-25


●DuoRama 6月ツアー御報告

http://nunosan.blog.so-net.ne.jp/2015-06-30

http://nunosan.blog.so-net.ne.jp/2015-07-01


●中村民江「Lyrics Of My Heart」発売!

http://nunosan.blog.so-net.ne.jp/2015-08-05


●2015年夏日記

http://nunosan.blog.so-net.ne.jp/2015-09-20

http://nunosan.blog.so-net.ne.jp/2015-09-21

http://nunosan.blog.so-net.ne.jp/2015-09-22


●DuoRama 2015年秋のツアー写真館

http://nunosan.blog.so-net.ne.jp/2015-11-15-1

http://nunosan.blog.so-net.ne.jp/2015-11-16

 

 

大学仕事でもまったく新しいことをやっています。大学のコンサートイベントの仕切り裏方作業(アカデミックコーディネイターって立派な名前なんですが…笑)。この面倒くさがりの僕が音響、照明やステージ業者との連絡やら見積りとか取ってるんですよ(驚)。やってみるとこういうことって次から次へと問題が起きて来る。夏のDo Jazz Senzokuでは演奏する直前まで入り口でチケットのもぎりやらお金の管理までやった(嗚呼)。でも為せば成る。コンサートってどうやって成立してるのかがよくわかりました。そういうイベンターの方々の気持ちがよーーくわかった本年でした(感謝)。

 

Do Jazzでは谷口英治せんせーと。

IMG_1441.JPG

 

ジャズコースライブは佐藤達哉、松山修せんせーと。

12308558_906024302766381_4323924358813457783_n.jpg


 

秋には僕の座右の銘を語る、つまり人生を語る講演会を行ないました。これはプレッシャーかかったなあ…。何か自分の総括をした感じ。

 

●高校で講演会「人間万事塞翁が馬〜人生はフレキシブルに展開する」

http://nunosan.blog.so-net.ne.jp/2015-10-07

 

また、仕事以外では、3月に江田島海軍兵学校跡を訪れたこと。これは父を知り自分を知るという今年最も印象に残っていることですね。

 

●17年ぶりの父親(前編)

http://nunosan.blog.so-net.ne.jp/2015-03-20

http://nunosan.blog.so-net.ne.jp/2015-03-22

 

そして12月には14年21万kmのプリちゃんが御臨終。これはホント乗り潰したと言えます。3月には九州まで行ったんだけど、タビ中に止まらなくてホントラッキー(運で生きてるよなあ)!で、車を探すってFBに投稿したら、卒業生で中古ディーラーやってる吹谷くんからすぐ連絡が来て何と翌日には車を買えました。これもあまりの幸運、そして縁。新しい車はボルボ13(爆)。2500cc5気筒ターボエンジン。速いし乗り心地バッチリ!カーステの音もいいんだよな。もう車乗るのが楽しくてしょうがない師走となりました。

 

プリちゃんとお別れの日。

IMG_2257.JPG

 

お世話になったディーラー卒業生吹谷くん。素晴らしい仕事ぶりでしたね。

IMG_2256.JPG

 

そしてボルボ13!がやって来た!俺の後ろを走るな。まず要件を言ってもらおうか。

12342839_909701769114629_8462417031782916917_n.jpg

 

何とこの僕がセルフ洗車場(笑)。人生初体験。面倒くさいと思ってたけどメチャ楽しい!

10421602_913382668697211_7219423378412202119_n.jpg

 

 

さて、来年は2016年、東日本大震災から早5年です。僕は震災後自ら「ジャズ渡世人」を名乗りました。これには僕なりの意識と理由があります。とにかく、渡世人にとって最も大切なのは人との繋がり。感謝の気持ちを持ってミッションを行なって行く姿勢は来年以降も変わらないと思います。


取りあえず2018年還暦の年まで色々次なる手を考えてガンバって行くぞ!


 

来年もよろしくお願いいたします。

 

皆様よいお年を!


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2014年大晦日の御挨拶 [ご挨拶]


大晦日でございます。昨日がライブ納めで、対外的には仕事納め。でも自らに課した年内宿題をできる限りやろう(完全終了はもう無理…笑)ということでまだまだしぶとくデュオラマ原稿書き中。ジャズの壁~と金字塔の中間路線です。あともう少し!来年春以降にお待たせしているデュオラマスタンダード発売します。全国、納ちゃんと行商のタビしますよ!


今夜は大ラス忘年会。毎年恒例竹馬の友との楽しい集いです。そのうちの一人が昨年末大病から生還(笑)、だいぶ元気になっている模様で嬉しいなあ…。1年前病院に彼の見舞いに色々映画やら音楽DVDを持って行きました。そのときに何故か逆に彼が貸してくれたのが「あまちゃん」。今日返すからいまそれをまとめ見しながら(超浦島)原稿書いてます。年末年始っぽくていいぞ’(笑)。


カブ栽培も昨日が今年の納め。掉尾の一振りまったくなしで(嘆)、ラスト2日でまさかの日経平均急降下、25日線も割る体たらく。選挙前に売ってクリスマスプレゼントは頂いたけど、安くなったときに買ったのを最終日高値出荷でお年玉ゲットの目論見は完全にはずれました(苦笑)。昨日の朝逆指値入れておけばよかったんだな。そう簡単には行きません。まあ、いいーや。取りあえず今年の正月のようなことになるとイヤなので、昨日3時直前にNISA分以外はだいたい売りました…。


この最後の相場の流れから考えて……、来年は今年以上に難しい相場かもしれませんね。カブ大学も3年生になるから、そろそろ上手くならないといけない。気を引き締めてまいりますよ。ホントの上昇相場になるには、リーマン前の高値18,200円台を越えるかがまずポイントでしょう。


 

本年も皆様には大変お世話になりました。どうもありがとうございました。このところ毎年書いている気がしますが(笑)、音楽家を続けられていることの幸運に心から感謝しています。年々その実感は強くなります。来年も可能な限り走りまわります。何卒よろしくお願いいたします。

 

それでは…

 

とーしやってる方もやってない方も(あ、実はとーしやってない人はいませんが)よいお年をお迎えくださいね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

正月ってえのもいいもんだねえ。 [ご挨拶]



ぬのさんのスパイスフリークな日々読者の皆様、明けましておめでとうございます。

本年も何卒よろしくお願いいたします。



今年の正月は何か特別な気分になっています。


僕のホームページの「俊樹の部屋」。まったく更新してませんが(いまのブログのようなものでしたから)、最後の記事が2007年新年の御挨拶でした。


そのときに書いたことは

60歳で死んじゃうと思って生きてみる

「たぶん60歳まではやっていける。ただその後はわからんぞ。仕事なくなって貧乏になる可能性もかなりある(笑)」とも書いてます。それから6年。激変はもっと早く来た感じがしてます。もう「たぶん60歳まではやっていける」なんて思ってません。

でもね、その危機感がとてもワクワクする。この歳にして新たな音楽人生が始まる予感があるんです。


正月っていうのはなかなかに、生きるために効果的な儀式ですね。

僕は若い頃(30歳くらいまでかな…)は儀式っていうのがとにかく嫌いで、卒業式とか全然感慨なかったし、成人式は出ないし、正月とかに何かけじめをつける的な発想がなかった。初詣も行かなかった。

歳食ってようやくこういうことがもたらすリセット効果ってものがいいもんだと思うようになりました。

今年の正月は飲んだくれてもいましたが、ちょっとギターも弾いてみたりしたんです。これ、初心に帰ります。クリックに合わせて何か適当に好きな曲を弾いたんですけどね。クリックがグルーヴして聞こえたらもう延々と弾いてられる。音楽、そしてギターを弾くことを仕事じゃなくやってみると、いかに僕が音楽を好きかということが確認できます。

これこそが最もシンプルな行動原理です。これさえあれば、何とでもなるんです。

こんな楽しいことを僕は31年も仕事としてやってきたんです。何とありがたいことでしょうか。去年みたいにウダウダ愚痴言ってちゃいけません。

いまは廃刊になっている「ジャズギターの金字塔2」に、「ジャズ侏儒の言葉」という拙文があります。もちろん、僕の考え方の原点、芥川龍之介の作品名から取ったんですけどね。

そこにも書いてます。

「人生」
グルーヴしてりゃあ生きられる。


「俊樹の部屋」の最後の新年御挨拶から6年、目標の還暦まであと6年です。それまでどんなことが待っているのか、どんなチャレンジができるのか…。

実に楽しみです!


CD付 ジャズギターの金字塔 スタンダード 2

CD付 ジャズギターの金字塔 スタンダード 2

  • 作者: 布川俊樹
  • 出版社/メーカー: リットーミュージック
  • 発売日: 1999/12/08
  • メディア: 楽譜


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2012年になって [ご挨拶]


皆様、大変遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

昨年は震災もあり大変な年でした。全国を飛び回って何とか生き抜いたってところでしょうか(前年までの1.5倍くらい働いた感じ…苦笑)。では今年は明るいかというと、とてもそんな気分にはならない。音楽業界も、そして日本全体も、相変わらず厳しい時期が続くでしょう。でも震災後のSJPツアー直後のブログにも書いたように、自分の持ち場でやれることをやって行く、そのミッションをコンプリートして行くしかないという気持ちは変わっていません。最近、ちょっとしたことに「ありがたい」と思うようになりました。暖かいところで寝てる、風呂に浸かってるだけでも喜びがあります。こんな恵まれた身分なんだから、今年もあるときは空元気、あるときは自然体でやって生きますよ。

最後に一言、昨年中は、ファンの皆様、まわりの仕事関係者の方々に大変お世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。今年も色々ない知恵を絞ってやって行こうと思っています。よろしくお願いします。

P.S…3/9,10 のVALISリユニオンライブ情報は次回ブログにアップ予定です。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2010年謹賀新年 [ご挨拶]


皆さん、新年明けましておめでとうございます。昨年中はお世話になりました。
今年も是非、ぬのさんミュージックとお付き合いください。

今年はどんな年になるのかなあ。日本もなかなか激動な感じで面白いじゃないですか!

人生万事塞翁が馬!

ここはね、パーッと行きましょう!

僕は、より力を抜いて、柳に風のごとく…、

一見、楽にしてるように見える…、

でも獲物を狙うときは、虎の如く俊敏に!


てな感じで行きたいと思います。昨年に引き続き、色々な場所に行きたいな。



P.S…大晦日絵巻でございます。


2009年の締めはこんな広い会場で
SN3G0125_0001.jpg

ステージにはバンドさん。ギタリストがいないぞ…。
SN3G0126_0001.jpg

楽屋弁当も超充実!大晦日だもんね。
SN3G0127_0002.jpg


怪しい黒服達
3448286

社長も一緒に。昨年中はお世話になりました。
misoka2.jpg


本年もよろしくお願いいたします。




nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2009年謹賀新年 [ご挨拶]



というわけで明けましておめでとうございます。今日は   

仕事です…。

今年の標語は「パーっと行きましょう!」

今年の目標は、

1、自転車…旧友忘年会でマラソンにはまる友人にインスパイアされた。すごくシェープアップされてたからなあ。

2、「あれ」って言わない…「あれ」って言ったら貯金箱に100円入れる。

3、ものを処分する…まず1月はこれ。子供の頃から住んでた元実家を母が売ったのです。そこは物置状態にここ10年なってて僕の部屋だったところとか足の踏み場もない。本とかカセットテープとかの量がハンパじゃない。多量のジャズライフとかどーしようかなあ。

まあ、人生50年過ぎて、気分的には「もう何でもOK」な楽な感じになりました。3月リリースの「デュオラマ2」はリーダーアルバム13枚目。そろそろ「自分じゃない自分」も見てみたくなってまいりました(笑)。

しかしジャズ演奏って、いくつになっても「うまくなったなあ」と「俺はダメだなあ」の繰り返し。実に難しくて面白いです。慣れちゃって忘れてることもたまに実感しますね。あと「音楽を教えること」も、もっと方法を考えて行かないと(僕らの世代がこういう音楽を伝えて行かないとね)と思ってます。今年度の洗足音大ジャズコース移転も一つのきっかけとなるでしょう。資料整理も2月にしないと。

まだまだ色々やりますよ!

今年もよろしくお願いいたします。





nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2008年御礼 [ご挨拶]



皆さん、今年もお世話になりました。ありがとうございました。

今年は ぬのさん50代を迎え、四捨五入すると100歳(ハッハッハ)!
これからもより楽な感じでやって行きたいと思います。
好きな音楽をやってここまで生きて来られているのはラッキーとしか言いようがありません。まわりの方々や応援して頂いているファンの方々あってでございます。

世の中、何かと世知辛く厳しい感じになって来てますが、こーいうときこそ

ぱーっと行きましょう!

何と言っても景気はマインドですから。不元気スパイラルに行かないようにね。

というわけで来年もよろしくお願いします。皆さん、よいお年をお迎えください。

(お知らせ1)…僕のアルバムの大半をリリースしているしおさいレーベルのホームページ(http://www.shiosai.com/)がリニューアルいたしました。レーベルからの通信販売がアマゾンのSHIOSAI ONLINE STORE(http://astore.amazon.co.jp/eaea00-22)に移行した模様です。

(お知らせ2)…今夜はTVK(テレビ神奈川)でマルタさんのカウントダウンライブなぞやっております。そんでもって元旦もマルタさんディナーショー。珍しく働きます(笑)。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

謹賀新年 [ご挨拶]


遅ればせましたが、明けましておめでとうございます。昨年中は2枚のリーダーアルバムを発売することができました。各地で皆様にはお世話になりました。ありがとうございます。

暮れから正月に掛けてほぼ1週間楽器に触っていませんが、日本酒を痛飲しつつ、今後の仕事のアイディア(人生もね)を色々と考えておりました。特に良いのは、温泉でもスーパー銭湯でもいいから風呂にだらだらと浸かっていること。あそこの中に限っては、地位の上下も貧富の差もまったくない。すべてを忘れられる時空であります(笑)。ホントに好きなんだよなあ(実はちょっと時間が空くとよく行く)。自ずとアイディアも色々思いつくんですよね。

今年で我が人生も半世紀。ここは新たな気分で臨みたいと考えています。それは皆さんには見えるかもしれないし、あまり表立っては来ないかもしれない。でも僕としてはちと大きい。具体的にもあるんだけど、まあそれは行動で示せればいいですね。

何言ってるかわかりませんね(笑)。激変の音楽界にあって、とにかく次の10年を見据えて新たな動きを模索して行きたいと考えているわけです。

今後とも精進、って言うと固いから、気楽にがんばって行きますよ。

本年もよろしくお願いいたします。


ご挨拶 ブログトップ
メッセージを送る