So-net無料ブログ作成
検索選択

池上信次さんと久々のお仕事 [ニュース]


久々に池上信次さんと仕事をしています。

彼は元ジャズライフの編集者。90年代前半頃、スタンダードアレンジを連載していた頃には大変お世話になりました。彼がフリーになってからはよく仕事をしましたねえ。

何と言っても印象的だったのはウルトラマンジャズ。彼がディレクターで円谷プロとの仲立ちとか諸々やってくれました。僕の作品で最も売れたこのアルバムは彼なくしては考えられないものでした。都合シリーズ全3枚。いまでは考えられないほど売れました。ちなみに2,3枚めはジャケットデザインも彼がやっています。

ウルトラのおかげで、今世紀初頭はアニメジャズをたくさんリリースしました。MJRってユニットをサウンドプロデュースして「ライダージャズ」「明日のジョージャズ」「巨人の星ジャズ」「銀河鉄道999ジャズ」「デカ(刑事)ジャズ」「永井豪ジャズ」2枚を2年くらいの間に立て続けにリリース。で、永井豪を2枚出したのがいけなかったのかな(苦笑)。それがあまり売れずにベスト盤「テレビジャズベスト」を最後に出してユニット終了。でも僕が抜けてからもピアノトリオになって続いたはずです。

懐かしいのは、明日のジョーと巨人の星をやるときに(マガジン劇画世代だから楽しかったなあ)、こんなことばっかりやってるとアニメジャズの人になっちゃう(汗)ってマジに心配になって芸名でやることにしたことです。中野飛音(なかのひおん)っていう名前。で、在りし日のスイングジャーナルに載ったレコーディング集合写真では、普段の僕とはまったく違う服装、DJみたいな帽子とサングラス、トレーナーという出立ちで写りました。大した変装でもないんだけどね(笑)。まあ遊び心で面白かったな。

MJR企画は若干気恥ずかしかったけど、アレンジや演奏は大マジでメチャ楽しんでやりましたよ。メンツも好きに集められたからよかったな。アレンジは僕と新澤健一郎が半々。僕は弾かないことも多かった。ドラムは全部タッピー(岩瀬立飛)で、あとは音川英二、佐藤達哉、多田誠司、岡崎好朗、大高清美、鈴木よしひさ、佐藤慎一、etc.……、いま考えるとすごいメンツを色々頼みました。あ、そうだ…、弟子だった吉田智の最初のレコーディングもこれだと思う。あ、もう一つ思い出した。当時よく一緒にセッションやっていた滝野聡にもやってもらいました。もう天才中の天才で痺れたギタリスト。いまどうしてるのかなあ…。

とにかくaround 2000の企画アニメジャズの盛り上がりは池上信次なくして考えられないという話なのです。

その後は、そういうCD制作をするレコード会社もなくなって、あまり一緒に仕事はしなくなり、たまにライブに来てくれて会うくらいになっていました。

で、またいま一緒に仕事を始めています。

5月末に、しおさいレーベルからリリースするデュオラマスタンダード。それに合わせて、書籍「デュオラマスタンダード読本」を出すことは既に小出しにお知らせしていますが、色々なやり方を模索&検討した結果、僕が自主出版することにしたんですね。僕にとってはリスクも取ることになる初めての挑戦です。その編集を池上さんにお頼みしたわけです。色々相談すると、その道のプロですから温かいアドバイスやアイディアを色々頂きました。僕も勉強しないと。

「デュオラマスタンダード読本」は、「ジャズギターの金字塔」と「ジャズの壁を超える100のアイディア」を合わせたような新しいタイプのエッセイ教則だと自負しています。書籍はデュオラマの新作CDと完全連動ギターコピー譜面つき。
マイナスワンCDでは何と納浩一と共演できる!というジャズギタリストにとっては最高に美味しい企画ものなのです。発売方法などもこれから3ヶ月、じっくり考えて行きたいと考えています。

何にしても久々に彼と仕事ができるのはとても嬉しいことです。

楽しみにしていてくださいね。


最近、池上さんはこのお仕事がメインだそうです。
小学館のジャズシリーズ。一般ジャズ誌とは比較に
ならないすごい売れ行きだそうです。
J100.JPG

池上さんの写真がなかったのでFBから頂いて
来ました。何じゃこりゃ(笑)?
ikegami.jpg




テレビジャズベスト~懐かしの主題歌・ジャズ・アレンジ集~

テレビジャズベスト~懐かしの主題歌・ジャズ・アレンジ集~

  • アーティスト: MJR
  • 出版社/メーカー: トライエム
  • 発売日: 2004/01/21
  • メディア: CD



ライダージャズ

ライダージャズ

  • アーティスト: MJR
  • 出版社/メーカー: トライエム
  • 発売日: 2002/08/21
  • メディア: CD



デカJAZZ

デカJAZZ

  • アーティスト: MJR
  • 出版社/メーカー: トライエム
  • 発売日: 2003/05/21
  • メディア: CD





銀河鉄道999JAZZ

銀河鉄道999JAZZ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: トライエム
  • 発売日: 2003/05/21
  • メディア: CD





巨人の星JAZZ

巨人の星JAZZ

  • アーティスト: MJR
  • 出版社/メーカー: トライエム
  • 発売日: 2002/12/21
  • メディア: CD



あしたのジョーJAZZ

あしたのジョーJAZZ

  • アーティスト: MJR,Nakano Hion,Shinzawa Ken’ichiro
  • 出版社/メーカー: トライエム
  • 発売日: 2002/12/21
  • メディア: CD




永井豪JAZZ SIDE-A

永井豪JAZZ SIDE-A

  • アーティスト: MJR(SIDE A session),中野飛音,新澤健一郎
  • 出版社/メーカー: トライエム
  • 発売日: 2003/08/27
  • メディア: CD





永井豪JAZZ SIDE-B

永井豪JAZZ SIDE-B

  • アーティスト: MJR(SIDE B session),中野飛音,新澤健一郎
  • 出版社/メーカー: トライエム
  • 発売日: 2003/08/27
  • メディア: CD










nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

I Found YouがCMソングに! [ニュース]


おはようございます。

新潟県在住の皆様にニュースがあります。

明日2/1からHONDAカーズ長岡のCMソングに
「I Found You/ Found」が使われることになりました。元々新潟県見附市で見つけたっていう飲み会のダジャレがFoundというユニット名の由来。こういう展開になったことは大変嬉しいことですね。県内では流れる模様です。

と言っても僕はCM見られないんだけど(笑)。

新潟県以外の皆様には以下URLを。こんな曲です。




目指せ、見附市テーマソング!!


今後ともFoundを何卒よろしくお願いいたします。



Found

Found

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: BQ Records
  • 発売日: 2013/04/20
  • メディア: CD




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

遅ればせながら今年初ブログ [ニュース]


今晩は。大変遅ればせながら2015年初ブログです。

正月明けから宿題仕事は色々あったし、酒は飲まなきゃいけないし(爆)ずっとバタバタでしたね。今日大学の成績も提出して長ーい春休み突入。ちょっと2月は気分を変えることをしたいです。

本年は面白い年になるような予感があります。色々ね。

まず3月に盟友福田重男とまたまた渡世人デュオタビ。

3/6の名古屋に始まり、神戸、岡山、福山、高知(2日間)、高松、広島、松江、北九州、熊本、福岡の12日連続(以下URL)。そのまま広島で中村民江さん(vo)のレコーディング。



そして5月末には、お待たせした「DuoRama Plays Standards」を発売。6月からデュオラマコンビのツアーも始まります。

今年も各地で皆様にお会いできることを楽しみにしています。



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

布川俊樹関連グッズのご紹介 [ニュース]

 

連続アップデイトです。秋も深まるよい季節に夏頃の亀ニュースですが(汗)、布川俊樹関連グッズの紹介を超遅ればせながらいたします。


 


Daikingコーポレーションより布川俊樹シグネチャーピックを発売しております。いわゆるティアドロップで先がかなり尖っていて硬くて厚くないというワタクシの好みを反映したものです。ギタリストの皆さん、是非お試しください!

 

http://www.daiking.co.jp/

 

95z90EC8Fr8EF783s83b83N.jpg

 

 

僕のサインは野球選手系。子供の頃もらった王貞治さんのサイン色紙のイメージですね(笑)。

 


 

そして、もうひとつ。僕が現在愛用しているフルアコは倉敷のギタービルダー山岡則正さんのハンドメイドアーチトップギター。そのヤマオカギターのNewギターを僕が弾いている新作プロモーション映像を以下URLで見ることができます。僕の使っているNY-07もそうですが、相変わらずアート作品のような美しいヤマオカギターの世界を御覧ください。新しいNY-3ってギターがフルアコ王道の素晴らしいサウンドでした。

 

https://www.youtube.com/watch?v=lUAksrDwsdU

 

Yamaoka-Archtop-Guitar-NY-3-1024x682.jpg

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今度はキックボクシング「ZONEテーマ曲」! [ニュース]


またまた格闘技です。音楽人生3回め。テーマ曲書いて、ギター弾きました。

来月11/9(日)に後楽園ホールで旗揚げするキックボクシング新団体ZONEのテーマ曲。

こちらの方が興した団体です。

小林聡さん!

キックボクシング界にはその名も轟く元ムエタイ世界チャンピオン!


IMG_0444.jpg


テーマ曲は思い切りロックで行きましたよ。やっぱり格闘技のイメージですからね。

団体が盛り上がって来たらそのうちCDにするやもしれませんね。

制作は、僕が相当ラフなデモをガレージバンド(Macの音楽ソフト)で作って、それを久々に一緒に仕事するヒラちゃん(平下正志)に送りました。で、彼がトラックを作ってそれにギターを重ねたわけです。レコーディングは、噂のプロトゥールズ達人、祐天寺浩美さん(ベーシスト、ギタリストでもあるからホントに素晴らしい音色に仕上げてくれるんだな)の某秘密スタジオで10/4に行なわれました。こんなとこにスタジオがあるかっていう謎の倉庫は Back To The Futureのドクの実験室みたい。何十本ものギターやベース、色々な楽器が無造作に置かれています。久々の思い切り歪みギターでロックなレコーディング、楽しかったな。プロトゥールズのプラグインのサウンド強力!

格闘技好きでギター好きの皆さん、取りあえず、いまの段階では試合会場でしか聞くことはできません。是非、11/9(日)後楽園ホール旗揚げ興行へどーぞ!





さて、折角だから、僕と格闘技の関わりについてちょっと書いてみましょう。

元々、僕は子供の頃から、ボクシング、相撲、プロレスが大好きでした。何てったって、アルバムタイトルが「Ali's Dance」ですからね(モハメッドアリは最も好きなスポーツ選手!)。大学生の頃だったかな…、タイガーマスクのデビュー戦をたまたま国技館に観に行ってました。猪木がIWGPのチャンピオンになったときだったかも。当時のプロレス興行では、レスラー入場のときに生バンドが演奏していました。あれ、やるのが夢だったな(笑)。

そういう想いを持っていると、不思議な縁ができるものです。


いままで格闘技関係のテーマ曲を2回ほど作って来ました。

最初は、まだVALISの1枚めを出す前、80年代の終わりだったと思います。髙田延彦さんの入場テーマ「Crossfire」ともう1曲高田さんがヴォーカルの歌もの「Daybreak」をカップリングのシングルで出したんです。UWFがメチャクチャ盛り上がっていた頃ですね。彼と向井亜紀さんが結婚ちょっと前で用賀に飲み屋さんをオープンしたりしていて、そのオープニングパーティーに行きました。前田日明氏、迫力あって怖かった(笑)。高田さんの音域とか調べるために一緒にカラオケも行きました。

これ、いまでも聴けるみたいです(微妙に印税が入る)。以下のサイトで試聴もできます。彼の歌はレアものですよ(笑)。


レコーディングメンバーは万作さん、カルロス、藤陸くん等のVALISメンバーといまは亡き青木智仁氏、当時よく一緒に制作仕事していた大塚雄一くん。僕はもちろん万作さん、カルロス、青木くんもガンガンにソロバトルやってます。テーマ終わればVALISってとこ(笑)??


もうひとつは、僕の格闘技代表曲?になった、パンクラスの団体テーマ曲「Hybrid Conscious」。最近御無沙汰になってますが、いまでも使われているという話です。今回、小林さんからお話を頂いたのも、「こんなテーマ曲がいい。誰が作曲したのか」って関係者に聞いたことから始まったのです。実に嬉しい話です。


ちなみに、これを作ったのは、ビデオアーツで「Under Construction」を出した頃。このテーマ曲もCDシングルで同レーベルからリリースしました。これも万作さん、初っつぁん等VALISメンツが演奏しています。ベースはオリジナルラブに加入した頃の小松秀行。作曲する段階で、船木誠勝さんが自宅に来て色々曲の相談をしました。彼はかなり音楽に詳しくて「何小節めくらいでこんな展開に…」みたいな話になってビックリしたな。パンクラスで忘れられないのは、浦安NKホールでの船木vsバスルッテン戦。もう船木が明日のジョーみたいだった…。


色々懐かしい話になりました。考えてみて、僕の音楽人生のひとつのエポックメイキングな出来事が「格闘技テーマ曲」だったような気もします。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

来年「デュオラマ Plays スタンダード」リリース!! [ニュース]

 

 

皆さん、今晩は。だいぶ秋も深まって来た感じですね。今年もあと2ヶ月ちょっと。実は年内ライブがあまりありません。何となく取りそびれちゃったんだけどね。ここは宿題が溜まっているから、チャンス!です。


 

もう何度か小出しに言っておりますが、来年なるべく早い時期に納浩一とのユニットDuoRamaの3枚目のアルバム「デュオラマ Plays スタンダード」(仮題)をリリースします(宣言)!!



10曲のレコーディングは昨年夏、今年1月に終えているんですね。非常にいい感じ!


ただ、皆さん御存知の通り、いまのCD作品を巡るビジネス的状況、相当じり貧で悲惨なんですね。もうCD出してもどれくらい売れるかは残念ながら見えている。



そこで、おまけを作っているのです。それは「ジャズギターの金字塔4」とも言える教則的内容です。だから自分の演奏をコピーしているわけです。これがですね、やらなきゃやらなきゃと思いつつ時間かかっててしょうがない(苦笑)。いままでの教則はすべてリットーミュージックで出して来ました。大体発売日が最初に決まって、締め切りは1、2ヶ月みたいな感じでした。そうすると徹夜してでも書く。でも今回はしおさいで色々なことを自分たちでやろうとしている。「僕がまず教則部分書いてから…」みたいなノリでやってたら、どんどんペンディングしちゃってる(嘆)。


 いやですね、とにかく自分の演奏とはいえ、コピーは大変なんですよ。特に大変なのはコードで弾いてる部分の記譜。速いテンポのある曲は難しくないんだけど、バラッドなんてもうやってて苦行。バラッド2曲を最後に残したら、案の定すごいことになって、朝から晩までコピー作業やってて1曲で丸2、3日はかかります。写真見てくださいよ。これ、バラッドの譜面ですよ(笑)。

 

IMG_0544.jpg


 


とにかく、あとちょっと。本日、最後の1曲の半分くらいまで行きました。


まあ、その後に色々譜面を綺麗にしたり文章書いて行かないといけないんですけどね。でも11月までには絶対やろう、ということで敢えてブログに宣言した次第です。もちろん僕の演奏譜面だけでなく、ギタリストにとっては堪らない(であろうと予想します)いままでにない面白い内容を考えていますぞ。

 

ジャズファンのみならず音楽ファン、そしていまやジャズ界セレブ(?…笑)の納浩一のファンの皆様、そしてワタクシの音楽を愛して頂いている奇特な皆様、もちろんベーシストやギタリストの皆様………、


 

気合い入ってかつリラックスっていう自信の作品です。

 

お楽しみに!!

 

IMG_0511.jpg


 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Found、ホームページとPV公開! [ニュース]


皆さん、こんにちは。

羽田空港3時間の待ち時間中。明日富山県滑川でMALTA&森口博子のコンサートがあるんですね。

これはチャンス!ということでブログ書きます。


FBやツイッターでもう御存知の方も多いと思いますが、

新潟県のヴォーカリスト吉田睦と僕のデュオユニットFoundのホームページとプロモーションビデオが完成、公開となりました。是非ご覧になってくださいね。

こちらが…
Found The Official Website


そして、Foundのテーマソングとも言うべきオリジナル曲のプロモーションビデオ(PV)
I Found You


このPVは昨年9月のアルバムジャケット撮影時と3月の布川俊樹トリオツアー柏崎最終日の翌日に撮影されたものです。場所は新潟県三条市クローバースタジオ(http://www.cloverstudio.co.jp/)。アルバムのカメラマン山本智さんが、まさに御好意で手弁当的に作ってくれたんだよなあ(大感謝!)。もう足向けて寝られません。Foundはたくさんの方々(特に新潟県の)の応援に支えられて生まれたユニットです。

これからは僕らがそれに応えてガンバって行かなければ!

といま強く思っています。


PV撮影の裏話でもしましょうかね。実はジャケット撮影のときに、ちょこっと撮っておいたんですが、僕が映ってるのが少ない等々の理由から、3月にもう1回撮ろうってことになった。チャンスはトリオツアー最終日柏崎の翌日(新潟県媒体の取材などにあてていた日)しかない。で、僕は自分のギターソロにアテぶり(音は出さずに弾く格好だけすること)しないといけないわけです。もう、自分のギターソロをコピーしましたよ。全然フレーズと指の映像が違ったらかっこ悪いでしょ?ところがその前は2週間連続ツアーライブ。毎日が飲んだくれです。コピーするヒマなんかない(苦笑)。何と二日酔いの福井〜柏崎車中で完コピ!譜面も書いた。ところがこの富山〜新潟間がトンネルだらけ。運転していた安藤くんに「暗くて譜面書けないからトンネル入るな!」なんて言ったりね。御老公ご無体であります(笑)。

その苦労の結果がPVには出てます。でもちょこっとしか使われてないけど(でもそれくらいのバランスがいいんですな…。笑)。

まあ、ガンバってよかった。


ちなみに、こちらは吉田睦のブログ記事です。



Found

Found

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: BQ Records
  • 発売日: 2013/04/20
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Altered Music School 開校! [ニュース]


皆さん、こんにちは。

ツイッター、FBなどでは軽くお知らせしておりましたが…、


まさに一流講師陣と言っていい面々による音楽スクールが開校しました。僕が最も日本で好きなサックスプレイヤー小池修氏が興したスクールです。基本コンセプトは、一流プレイヤーによる個人レッスンの集合体。こういうスクールの講師の1人として迎えられたことは光栄の極みです。

詳しくは
amschool.jp まで。

気合いの入ったプロ志望の生徒、ジャズを楽しみたい大人の方々、音楽の基本をイチから学びたい方、すべてOKですよ!

スクールでお会いできることを楽しみにしております。


koike.etc.jpg
昨年打ち合わせのときの写真です。
佐々木史郎、小池修、コモブチキイチロウ、わたくし。

素晴らしいメンツだ!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Found マスタリング終了 [ニュース]



Merry Christmas !


イブですが…。


さて、12/20、Found(吉田睦&布川俊樹)マスタリングが無事終了しました。プレスに回します。これで音作りは終わったわけです。年内に一仕事けじめがつくと気持ちいいですね。

ミックスエンジニアの菊地正美さんと。持ってるものは、
大事な原盤!
0422,JPEG.jpg


マスタリングエンジニア楠本淳一郎さんと
0424,JPEG.jpg


お世話になりました!


このCDは新潟見附ジャズクラブと僕の完全共同自主制作です。福田重男とのデュオアルバムもそうだったんですけど、いまの音楽不況時代では非常によいやり方だと実感しましたね。

だから、すべてのことは僕と新潟サイドで分担して自分たちでやっている。すると色々なことが分かって来ます。

これからの作業は、ジャケットデザイン、著作権関係ですね。発売は4月予定。ちょっと収録楽曲ばらしちゃおうかな。


Found

(1) When I Fall In Love
(2) Gerogy Porgy
(3) This Masquerade
(4) On A Rainy Day (Found オリジナル)
(5) ステキ(吉田睦オリジナル)
(6) Eternal Friend(吉田睦オリジナル)
(7) 晴れ時々曇りの日もしとしと雨の日も(吉田睦、阿部泰比古オリジナル)
(8) おいしい水
(9) I Found You(Found オリジナル)
(10) (You Make Me Feel Like) A Natural Woman


基本は歌とアコギのデュオですが、色々重ねたり、ジーン(重村)ちゃんや新潟の売れっ子ベーシスト、アンソニー(渡辺貴行)も3曲で参加しています。

何と言ってもむっちゃんの歌が素晴らしい!


お楽しみに!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

新ユニット Found レコーディング [ニュース]


皆さん、こんにちは。またまたブログお久しぶりとなってしまいました。バタバタの8月をアッと言う間に終了してもう9月。年の終わりも見えて来ましたね。早いなあ。まだメチャ暑いけど…。

さて、夏の終わりに、吉田睦(vo)と布川俊樹(g)の新ユニット、
Foundが始動しました。

このユニットは、2009年から始まった僕と新潟県見附ジャズ倶楽部とのコネクションから生まれたものです。

見附ジャズ界のゴッドファーザー、サックス奏者阿部康比古さん、そして新潟県が誇るヴォーカリスト吉田睦、この2人と出会ったことがきっかけな訳です。

一番最初はマルタバンドの三木成能とデュオ演奏のライブでした。そのときに2人でゼクト(阿部さん率いる見附のバンド)にもゲスト参加したんですね。そのバンドのヴォーカリストが吉田睦だった。このライブはとにかくビックリ!でしたねえ。田んぼだらけの田舎町なのに(失礼!)、市のホールに200人くらいのお客さんが入った(僕のエッセイにも書いたエピソードです)!

それ以来、阿部さんとのディープな付き合いが始まりました。とにかく、呑兵衛だし(笑)、格闘技好きだし。僕の音楽は昔から好きだったらしい(サンキュー!)。で、一昨年昨年と福田重男とのデュオでライブを行いました。考えてみて、「Childhood's Dream」も新潟ツアーが生んだユニットと言えます。

その間、むっちゃん(吉田睦)とは何回か演奏する機会があったんだけど、2年くらいの間にホントにメキメキ実力をつけました。で、昨年阿部さんから「吉田睦をよろしくお願いします」みたいな話があって、ちょっと東京でデュオをやってみたわけです。それが実に素晴らしくやりやすかった。で、今年の始めにユニット化してレコーディングしようということになった訳です。

今年になってからは、東京と見附で数回ライブをやって、今回のレコーディングに臨みました。場所はむっちゃんのホームタウン三条市のスタジオKEN。オリジナル5曲(吉田、布川、阿部のオリジナル)、スタンダード5曲で全10曲。デュオだけでなく、ジーン重村、アンソニー渡辺(ゼクトのベーシスト)のリズムセクションが3曲で加わりました。実にいい雰囲気、かつ充実した3日間でしたね。この音楽は基本は、僕のアコギとむっちゃんのデュオ。彼女の歌いっぷりはお見事!感心したなあ。でも完成までにはまだまだです。これからミックスとかジャケットのこととかもガンバって行かないとね。

今回はここまでにしましょう。Foundネーミングの裏話などはまたそのうち明かしますね。

レコーディングの写真は、これまた新潟県の恩人、皆川陽介くんが何百枚も撮っています。これはアルバムジャケットなどに使うでしょう。なんで、僕はまったくなし(苦笑)。取りあえず、前乗りから4夜連続で行われた飲み会写真などどーぞ!



最終日打ち上げ。初秋刀魚!
IMG_0336.JPG

むっちゃん、阿部さん、ぬのさん、景虎。
IMG_0337.jpg

日本酒からシングルモルト大会に移行。阿部さん愛するラガブーリンは
最強だな。グレンリベットの強烈な穀物味もいい。
あ、アンソニー(渡辺)さんもいる!
IMG_0340.jpg

充実のレコーディングを終え気持ちいい越後路ドライブ。
IMG_0341.jpg



FOUND来春リリース予定です。お楽しみに!


ジャズの壁を超える100のアイディア (jazz guitar book Presents)

ジャズの壁を超える100のアイディア (jazz guitar book Presents)

  • 作者: 布川俊樹
  • 出版社/メーカー: シンコーミュージック・エンタテイメント
  • 発売日: 2010/06/02
  • メディア: 単行本




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る