So-net無料ブログ作成

前原潔ファーストアルバム「律」リリース! [ニュース]


前原潔、川じゃないですよ、原!!



福山在住の素晴らしいエレクトリックベーシストです。


その彼がファーストアルバムをこの3月にリリースしました。


前原潔 Quartet / 律   

Roots&Fruits Records  ¥ 2,000


51M-wa7zVCL.jpg


前原潔(elb)

布川俊樹(g)

福田重男(p)

佐藤茶(ds)


(1) Ornithology

(2) Lady Bird

(3) You Don't Know What Love Is

(4) There Is No Greater Love

(5) Unit 7

(6) Georgia On My Mind

(7) All Blues

(8) Smile

(9) I'll Close My Eyes




福山が僕の西日本のライブの拠点である町であることはたびたび色々なところに書いて来たことですが、それは僕のソウルブラザー、革製品会社社長さん兼ドラマーの ”お茶屋さん” こと佐藤茶さんがいるからです(あ、本名は佐藤正徳)。彼には沢山のジャズマンが一宿一飯どころか多宿多飯の恩義を受けています(足向けて眠れません笑)。そして、その彼の鉄壁の相棒が、職業お医者さんだというのがとても信じられないスーパーテクニカルベーシスト前原潔さんなのです。


2人のよさはですね、まず人柄が最高にいい(笑)。それはプレイにも繋がっているんですね。彼らと演奏するのはときとして専業プロとやってるより楽しいことも多いんだな。すごくまわりの音を聴いてるし、僕や福田重男の出す音を愛してくれているのがいつもひしひしと伝わって来る。「おだてりゃ木に登る」のはジャズマンの習性(笑)。彼らとの演奏はとにかく盛り上がります。


その前原さんから「福田さんと布川さんとライブをやるときに映像を撮ってもよいですか?個人的に見るためのものです」というような話をずっと言われてた。もちろんそれでもよかったんだけど、昨年急にアイディアを思いつきました。昨年9月の本作レコーディングの少し前3月に僕と福田重男は、広島のスタジオで眼科医ヴォーカリスト中村民江さんの「Lyrics Of My Heart」をレコーディングしていました(しかしお医者さんは素晴らしいミュージシャンが多いなあ笑)。


http://nunosan.blog.so-net.ne.jp/2015-08-05


これが、地方都市のスタジオでありながら、予想以上にいい音で録音することができたんですね。エンジニアの数井さんがそのスタジオでのサウンドを熟知している素晴らしいエンジニアだったってことが大きかった(すいません。録音前はさして期待していませんでした汗)。


そんなこともあって、僕は前原さんに、「せっかくやるんだったらリーダーアルバム作っちゃいましょうよ」と提案しました。もちろん、前原さんがそういうことができるレベルのプレイヤーだからこその提案でした。


レコーディングは、まるで福山のライブハウスDUOでのジャムセッションがスタジオに移動したかのように行なわれました。構成やヘッドアレンジを決めてライブやる気分で録音して行きました。こんなに普通にスタンダード曲をてらいなく録音したアルバムはかえって稀有なんじゃないかな(以下URLがレコーディングの模様)。


http://nunosan.blog.so-net.ne.jp/2015-09-21


楽しいアルバムになったと思っています。何てったって、福山鉄壁リズムセクションと30年以上の「Childhood's Dream」盟友コンビの融合だからね(笑)。



最後に、今回僕の使用したギターは、やはりこの福山コネクションで知り合った素晴らしいギタリスト川内裕さんのギブソンES345。いつもの僕のギターサウンドとは一味違ったものとなっていて自分としては新鮮ですね。


福山コネクションにはいくら感謝しても感謝しきれません。そしてその礎を作ったのは、数年前亡くなった福山の「ジャズの先生」DUOのマスターとんさん(桑田さん)だということを忘れることはできません。


彼の薫陶を受けた2人の素晴らしいグルーヴがこのアルバムには溢れています。そして、それこそがジャズの楽しさなのです。




P.S 1…前原さん、いいものができましたね!レコーディング直前に生まれた息子さんの律くん(実はこのアルバムは父から息子への誕生祝いだったんです)、そして奥様の麻里さんに、僕からもこの音楽を誕生祝いとして捧げたいと思います。



P.S 2…春の珍事か奇跡か!この前原潔1st CD「律」がアマゾン日本のジャズチャートで何と1位になりました。発売日から3日間その座をキープ!本業お医者さんなんですけど(笑)。まあ一瞬だとしてもめでたい事件でした。




前原 潔 Quartet 「律」

前原 潔 Quartet 「律」

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Roots&Fruits Records
  • メディア: CD

 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

恐るべし AI ! [日々着眼時々思案]


おはようございます。昨日御茶の水G Club Tokyoでのレッスン仕事行ったらマニュアルを貰った。4月新年度から生徒とのレッスンスケジュール決めなど全てサイトで一括管理で行なうことになった模様。



大学事務仕事は既にすべてポータル化している。以前はメールでお知らせがあったことが、ポータルをちゃんと見てないと情報もゲットできなかったりするわけだ(見ているのが当たり前とされている雰囲気)。これが忙しかったりするとおろそかになるんだよねえ。全てがポータル化すると、何かにつけて融通が利かないことも多く、実に「古い奴」にはめんどくさい(苦笑)。



思うことはですね、これだけこういう流れだと、いわゆる事務仕事っていうのはどうなって行くんだろうな、ってこと。よく雑誌で、これから消える職業、残る職業みたいな記事があるけどかなり考えちゃうな。



閑話休題。囲碁にはまったく疎いんだけど、AIがトッププロ棋士撃破みたいなニュース。将棋だったら羽生名人が勝てないみたいな話でしょ?



http://www.yomiuri.co.jp/culture/20160312-OYT1T50073.html

 


寂しいねえ。囲碁、将棋を始めとするゲームでは、学習するようになったAIに人間が勝てなくなったってことは、そのジャンルでは人知が及ばない神がAIだというようにも思える。人間はそのAAIの手筋を研究して強くなろうとする、ってことになって行くのだろうか



翻って仮に音楽だったらどうだろうか。いままでの音楽の方法論(あらゆる作曲やら演奏のスタイルやら)を記憶したAIってどんな感じだろう。そこに適当に緩い失敗やらアバウトなところまで考えられていて、かつ学習する AI が音楽を作ったら(昔、高校同級生加藤総夫がジャズ本でそんなこと書いてたな)。



倫理的な問題や経済的なインセンティブがあるか否かとかは置いといて、録音する音楽だったら相当いいもの(感動できるというような意味において)ができるようになると僕は想像する。



ライブパフォーマンスは、人間がやることろを見ないと面白くないから(肉体がポイント、つまりは身体性)まあしばらくはダメだろうけどね(そういう人間の価値観が変わらない限り)。ロボット野球チームがいくら強くても面白くないでしょ?まあ、人間にとってはだけどね



若い頃、好きだったSF世界は本当に具現化しちゃったなあ。自分が生きてる間にAI音楽家を研究して音楽をやるなんていう時代にならないことを願いたいところではあります(笑)。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る