So-net無料ブログ作成

ミッキーさんのこと [音楽雑感]

 

昨夜、ミッキーカーチスさんの喜寿バースデイライブにお邪魔しました。

 

m1.jpg

 


今回は、僕の音楽界で仕事を始めるときの大恩人、尊敬するミッキーさんのことを書いてみようと思う。


ことあるごとに書いているが、僕の最初の音楽家としての仕事はミッキーカーチスさんのお仕事だった。勉強が好きで大学5年めだったから1981年夏。23歳になったあたりかな。


僕はその頃は大学界のジャズコンテスト荒らしみたいな感じで、確か5つくらい優勝したんだけど、プロになろうと思って学外の連中とバンドを組んでいた。そのうちの一人が僕より早く色々仕事していて、ミッキーさんの仕事を取って来た。ミッキーさんは、もちろん僕の母親の時代のアイドルの草分けロカビリー大スター。まだ大学生で、最初の仕事としてはあまりにラッキーな話だ。当時のミッキーさんはアルファレコードだったっけな、プロデューサーとかやってて、何か若い連中とまたバンドやりたいってノリだった。僕らはジャズとか中心にやってる連中だったから、はっきり言ってロカビリーとか全然できなかった。でも、ミッキーさんはそういうのを温かい目で見てくれて逆に面白がってくれたんだな。


当時、六本木にバレンタインっていう店がオープンするんで、ミッキーさんが週1くらいで出ることになって、ミッキーカーチス&アバンティーってバンドにしてロカビリーをアレンジしてやったり、ジャズもやったりっていう感じだった。忘れられないのは、最初の仕事とそのリハーサル。渋谷山手通り沿いのフラッシュスタジオだったと思うけど、リハーサルで Long Tall Sallyとかロックンロールの曲になると、リハでもミッキーさんはアンプの上に立ち上がって歌っちゃう。モノホンとはこういうもんかと思った(笑)。


本番は当然もっと盛り上がりなんだけど、六本木のアメリカンクラブのパーティーだった。何とギャラ40分でF万!景気のいい当時でも学生には破格だった。帰りにバンドメンツで「これで僕たちも大丈夫だね」ってビヤホール行って盛り上がった(相当甘かったが…苦笑)。


それから、週1バレンタインの仕事に加えて、懐メロコンサート、平尾雅晃さん、山下敬二郎さんとミッキーさんのロカビリー三人男の仕事はよくやった。だから僕が子供時代のスターの方とか、グループサウンズ系の方々とはよく会ったり伴奏もした。最初に行ったタビも忘れられない。京都ベラミ。僕が知っていたのは田岡組長が撃たれた場所ってことだけだ(笑)。実に芸能界の一端を垣間みた感じだった。


そういう仕事を始めて新たに練習はしたなあ。大体、大学時代はジャズとフュージョンばっかりやってたから。でも、僕にもこだわりみたいのがあって、ロカビリーギターみたいのはやる気にならなかった。好きとかキライとかじゃなくて、ああいうペケペケしたサウンドみたいのが自分の感覚にないから弾けない。僕はブルースロックかロックンロールみたいにやろうと思って、それこそ中学の頃大好きだったクラプトンやキースリチャーズあたりをもう1回ちゃんとコピーした。そういうのは大好きだったけど、高校大学時代はまともに練習しなかったからね。


ホントはそういうサウンドじゃ、典型的ロカビリーサウンドにはまったくならないけど、ミッキーさんは完全に「自由な」人だから、そういうのは許してくれた。若いのがテキトーやるのを楽しんでくれたのかもしれない。


ミッキーさんは知れば知るほど面白い御方だった。音楽はもちろん、バイク、映画、落語、超常現象、外国語、ナオ…(爆)、ぶっ飛ぶ魔法(超爆)、色々なことに造詣が深い。話の面白さはすさまじかった。タビのホテルとかでそういう話は最高に楽しかったし、色々教えてくれた(とてもここには書けない)。それにファッション含めてとにかくカッコいい!


僕はそんなに怒られたことはないけど、怒ると怖かった。秋田だったかな、昼夜2回公演の仕事で、最初のサウンドチェックで、音響オペレーターがかなりイマイチで、ミッキーさんに「もう少し声上げられませんか(下げられませんか、だったかも)」というあり得ない要望が出たことがあった。アチャーと思ったら、一瞬でミッキーさん「オレの顔にヴォリュームついてないんだけど」とか言ってスタスタと会場から出て行っちゃった(笑)。とにかく落語家だし切り返しは凄まじく速い。で、昼の仕事はなくなっちゃってバンドは楽したんですけど。あれ、よかったのかなあ…(笑)。


僕は20代前半、ミッキーさんのバンドから始まったことがホントにラッキーだったし、とても感謝している。彼は真の自由人で、好き勝手面白いことをかっこよくやろうとしてる人だから、僕等若者にも好き勝手やらしてくれた。だから、昔っぽい芸能の場に言ってもミッキーさんだけはちょっと違った雰囲気があった。「この曲はこんな風に弾け」とか言われたことはまったく記憶にない。とにかく、僕もミッキーさんを尊敬していたし、バンドや音楽を面白くやろうと考えていたわけだ。それは、その後の僕の音楽活動の基本になったと思っている。


そんな、ミッキーさんともFBやツイッターでの交流はあったが、会うのはたぶん20数年ぶり。自叙伝発売のときも仕事で行けなかった(最高に面白い本です)。不義理で申し訳なかったのだが、喜寿のお祝いでようやくお会いすることができた。昨夜は、いきなりミッキーさんとデュオで「The Things We Did Last Summer」。フランクシナトラとか聞いたことあるけど、やったことない曲。初見でちょい緊張だったけど楽しい時間だったな。


イベントは、加橋かつみさん「花の首飾り」(小学生のとき大好きだった…涙)、ガロの大野さん「学生街の喫茶店」、田辺靖雄九重佑三子さんご夫妻の「Sound Of Silence」アカペラなどの懐かしい曲から、ミスターイクラさんのメチャかっこいいロックンロール、外道の加納秀人さんのブルースギターソロ、Iccou Yagiさんの強力なフラメンコギター、TOKUとミッキーさんの共演 etc……ロックンロール、カントリー、ジャズ、歌謡曲までの超盛り沢山。最後は8人のギタリストが共演の大ブルース大会。やっぱりミッキーさんの幅広い自由な人間性が現れた楽しい会でした。

m3.jpg


 

ミッキーさん、改めてお誕生日おめでとうございます。最高にゴキゲンでカッコいい77です!是非米寿までガンバっちゃってください(笑)。また是非共演させてくださいね。

 

孫むすめ、ろぼじー、孫むすめのがっこうのせんせー

という貴重なショット!

m2.jpg

 

 

 

おれと戦争と音楽と

おれと戦争と音楽と

  • 作者: ミッキー・カーチス
  • 出版社/メーカー: 亜紀書房
  • 発売日: 2012/01/14
  • メディア: 単行本

 


 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

DuoRama 6月ツアー御報告(後編) [日々のぬのさんのライブ]


連続アップデイト。デュオラマツアージャズ渡世人のタビ後編です。ちなみに僕は渡世人だけど、納ちゃんは渡世人って感じじゃないか…、あまりに立派だし堅気として成り立ってるからなあ(笑)。


● 6/17(水)新潟〜秋田

さあ、2年ぶりの東北地方に向かいます。2013年夏の福田重男氏とのデュオツアー以来です。新潟から秋田までの道は The 田舎!何にもなかったなあ…。海が穏やかで冬と夏でこうも違うかと…。

秋田では前回もお世話になった伊藤ツト虫さんにお世話になりました
(こちらは2年前の記事 http://nunosan.blog.so-net.ne.jp/2013-08-31)。

カフェ.ブルージュというレストラン。お客さんは1週間前には数人の予約だったそうですが、ライブ当日ほぼ満員。フー、よかった…。この日のライブも前半がデュオラマ、後半がジャムセッション。ツト虫さんはメチャ多彩な人ですが、ピアノも強力です。
aki2.JPG

お疲れー!左奥がツト虫さん。
aki1.JPG


● 6/18(木)秋田〜盛岡

ところで、このツアー中はホントにハードスケジュールが続いてました。今年度から大学でアカデミックコーディネイターという仕事をしているんですね。大学で行なうコンサートイベントなどの企画、制作、運営などを行なう、プロデューサーのようなイベンターのような仕事。まあ諸々事務です(苦笑)。僕は、ジャズコースの年に1回のジャズフェスのようなビッグイベントである Do Jazz Senzoku !(7/5開催)と学生アンサンブルクラスの発表であるジャズコースライブ(7/11,12開催)の両方でその仕事をしています。この2つのイベントの時期が僅か1週間違い。あまりに色々な仕事がタビ先に追っかけて来るんです。引き受けたとき、まさかこんなに大変だとは思わなかった。毎日毎日某K教授から次から次へと仕事の依頼が…(苦笑)。だからどんなに打ち上げで飲んで遅くても7時には起きて、多量のメールの返信やら何やらチェックアウト時間までやるわけ。車内でやってることも多々。納さんには色々迷惑かけました。さて、この日も確かギリギリまでその作業。

あ、この大学事務仕事だけは渡世人っぽくないぞ(笑)。

一般道で峠越えです。
yama2.JPG

外はかなりの強風でした。
yama1.JPG


盛岡到着。初めてのライブハウス Bar Cafe The S です。とってもステキな内装、素晴らしい音のオーディオでした。津波被害で盛岡に移って来たとマスターは仰ってましたね。この日は、2年前にも共演した小林ゆうこさんと再び共演です。やっぱり前半はデュオラマ、後半は小林ゆうこさんの歌です。この日はすごかった。彼女のおかげでしょう。超満員の70人以上。嬉しいことですね。また彼女の歌が素晴らしい(2年前もよかったけど、一層格段の進歩でした)!スキャットもものすごく研究していて、ガンガンにバップフレーズとか出ててかっこよかったな。王道ジャズらしい質感をすごく持ってる方ですね。大盛り上がりでライブは終了。この日もCD、教則本どっと売れました。

mori4.JPG

打ち上げはまたまた肉!納ちゃん大喜びです。
この日はホルモン系&ホッピー!
小林ゆうこさんとギタリスト小林道夫さん。
mori1.JPG




● 6/19(金)盛岡〜仙台

この日の移動はかなり楽。チェックアウト遅くしてギリギリまで事務作業です(涙)。昼はまたまた肉、というか冷麺食べたかったんだけどね。
mori2.JPG

mori3.JPG


仙台はライブハウスではなくて、JAZZ ME BLUES noLa というイベントスペース。この日は純粋デュオライブ。もう9本め。デュオはいかようにも展開します。気合い入った演奏だったな。もうだんだん疲れて来て写真撮ってません(笑)。

終了後はイタリアン&ワイン。


● 6/20(土)仙台〜郡山

だいぶ疲れが出ているぬのさん、自らにムチを入れてラスト3本に臨みます。

郡山アルチスタ。ジャムセッションを盛んに行なってるお店です。この日も前半デュオラマ、後半はジャムセッション。このジャムセッションがメチャレベルが高かった。福島県の達人が集まったんでしょうね。いわきから、福島から、ホントに皆上手い!僕が以前「ジャズの壁を超える100のアイディア」で書いた地方ジャズシーンの活性化はどんどん進んでいる、と改めて感じましたね。

当日打ち上げでは、共演した下田まりこさん(as)と彼女が勤めている会社の人達2人と御一緒しました(下写真)。3人皆素晴らしいプレイヤーで、そのときに色々質問されたんだけど、モチベーション高いの。上記の僕のエッセイに感銘を受けて話を聞きたかったということでした。ありがたいことです。
kori.jpg


こちらはアルチスタさんのブログです。


● 6/21(日)郡山〜新潟県見附

再び新潟県に向かいます。今度は会津越え。なかなかのドライブコースだけど、寝ちまった(笑)。

目指すは三条のラーメン屋さん。何でも、納ちゃんが学生時代に、京都のバンドとこの新潟県のバンドで交流があって、しょっちゅう行き来してたそう。そのときの新潟県のバンドのギタリストさんが、いまはラーメン屋さんの店主だという話。その名も……


侍ラーメン!


こういう繋がりが蘇るっていうのはいい話ですねえ…。

店内にはやけにフィギュアが。店主が格闘技とかも大好きらしい。そしてウルトラマンも。ウルトラマンジャズの話すればよかったかな…。
sam5.JPG

まずは餃子。
sam2.JPG

背脂と鰹ダシというのが三条のラーメンらしいです。
常時二日酔い気味の渡世人には汁物の塩っ気はたまりませんな(苦笑)。
sam3.JPG



そして入り口はこれです(笑)。
sam1.JPG

ウルトラマンジャズ vs ウルトラマン
sam4.JPG


さて、夕方からのライブはお馴染み、見附中央公民館ホール。デュオラマに吉田睦、ゼクトの佐藤文隆さん(key)、川井正隆さん(ds)が加わります。もちろん仕切りは、僕の日本三大飲み友達(笑)見附ジャズ界ゴッドファーザー阿部さん(ゼクトのリーダー)!

この日のむっちゃんは、珍しく喋りも力が抜けててよかったぞ(笑)。やっぱりホームグラウンドか。見附のテーマソング、I Found Youは当然手拍子で大盛り上がり!何てったて、HONDA長岡のCMソングだもんね。


それでは、いつもむっちゃんのいい写真を撮りまくってる
関野司さんの素晴らしい写真4枚をどーぞ!
df1.jpg

df3.JPG

df2.JPG

ゼクト新メンバー、川井さん。
df4.jpg


ライブ終わってひとしきりサイン会など終えてジャムセッション。これも相当やったな。都合4時間くらい弾いてた感じ。地元の敏腕ギタリスト大竹さんウマ過ぎ(写真なし残念)!飲み会では何と大竹さんと納ちゃんも35年前、バンドの大会で顔を合わせていたことが判明。縁が時を経て繋がって来るのって面白いなあ…。


こちらはジャムセッションの写真(加藤一芳さんに写真頂きました)。

ゼクトの総帥、ゴッドファーザー阿部さん!!
mit5.jpg


ゼクトのギタリスト小山さん。
このストラト借りて何曲か弾きました。
mit2.jpg

新潟の売れっ子ベーシストって言えばこの人、
アンソニー。FoundのCDでも弾いてます。
mit1.jpg

ゼクトのキーボーディスト佐藤さん。
mit3.jpg

そしてもちろんむっちゃん!
mit4.jpg


見附は楽しい!!


● 6/22(月)見附〜水戸

ついに最後の日。意外にこの移動は長い。しかし為せばなるねえ。毎日毎日移動→演奏→濃い打ち上げ→ホテルで裸で気絶→朝イチから事務を繰り返して12日め。身体は明らかに重いけど(出発日から2.5kgくらい増えてる)、やっぱり渡世人は楽しいね。

水戸はガールトーク。この最終日だけ、ドラムの平井景くんが参加です。この日の演奏、面白かった。まあ、デュオ自体でサウンドはまとまってるから、平井くんもやり方が見えやすかったかもしれない。でも素晴らしいドラミングだったな。

mito.jpg


それに加えて、彼は大学ジャズ研10年後輩。何ともMCがはずんじゃう(と言うか一番色々なことをずけずけ言いやすい…笑)。盛り上がりましたです。しかし、ドラムが入るだけでこんなに楽になるというか、弾かないでいい時間が増える。

でも、逆に言えば、デュオのときに一所懸命音を埋め過ぎているということにも気がつかされるわけです。デュオはデッドなサウンドの場所とかだとホントに修行だからね。そしてそれは常にチャレンジでやっぱり面白いわけです。

と最終日にまとめてみました(笑)。

この日は明るくなるまで、ささのまマスターと納ちゃんと色々語り合い。

ホテルに帰る途中転んだ(涙)。黒いポールスミスのストライプのパンツは穴、膝と肘に出血という情けない事態となりました。最終日でよかったよ。しかしこのポールのパンツ長持ちしたな。デュオラマの最初の頃、つまり前世紀から履いてたものです。さすがにおしまいとしよう。お疲れさまでした。


● 6/23(火)水戸〜川崎市自宅

8時半に納ちゃんからの電話で起こされました。ついに寝坊。完全に気合いが抜けたな…。

自宅まで無事戻って、納ちゃんは大学へ。夜はライブだそうです。さすがに鉄人!偉大です。

2.5オサムだな!!


偉大じゃない僕は、タビの諸々精算をした後は、宮前温泉に行って夜までダラダラしていたのでした。

0オサムってことでおしまい!





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る