So-net無料ブログ作成
検索選択

暑さ寒さも彼岸まで [仕事色々]


こんにちは。前回ブログアップデイトから約1ヶ月。かなり忙しくしていていつの間にか秋に突入です。「暑さ寒さも彼岸まで」と申しますが、台風やら秋雨前線やらでやっぱり涼しくなりましたね。

 

さて、FB記事をまとめてこの1ヶ月を日記っぽく書いてみました。

 

● 8/31〜9/2 akiko 高岡、富山プチツアー

akiko(vo)、布川俊樹(g)、高瀬裕(b)

数週間前に急に決まったプチツアーでした。高瀬号で行くんで、akikoさんとは自宅前で「初めまして」。こんなことができるのもジャズの良さですね。

 

初日高岡までの道のりもよかったな。中央高速を塩尻で降りて飛騨路を抜けるルート。最高のドライブ日和でした。お昼は唐沢そば集落。移動中のBGMは後部座席でのまさかのakikoさんウクレレ弾き語り!何か自由人っていうか面白い人だな。最高!

takase.jpg

 

初日高岡楽しく終了。素晴らしいパフォーマーですね。大変インスパイアされました。

akiko1.jpg


富山ライブ終了。短いけど楽しい2日間でした。akikoさん面白かったなあ。高校生の頃はパンクだったそうです(驚)。その魂が残るアーティストだったと感じました。ちなみに高瀬くんと彼女はよく一緒に海遊びとかするそうで、翌日は能登半島に潜りに行ったそうです。お祭り好きで、越中八尾おわら風の盆も見たそうな。

akiko2.jpg


僕は9/2がライブだったんで残念ながら遊びには参加できず、1人初北陸新幹線車内。座席が広いし空いてて楽ちんでしたね。この日が僕にとって今年の夏の最後。ジャズ渡世人にまたまた新たな縁ができた大変楽しい富山県2日間のプチツアーでした。akikoさんの素晴らしいアーティスト魂にインスパイアされましたね。歯に衣着せぬ物言いもメチャ面白い(笑)。

hokuriku.jpg


 


● 9/6 山口友生とのDuoライブ、9/9レコーディング


いつもの池袋P's Barでの友生ちゃんとのデュオライブ、期せずして高校ジャズ研同窓会になってしまいました。僕以外は全員1年後輩の世代です。ちなみに友生ちゃんは、高校生時代「やまろ」と呼ばれていました。その呼び方も懐かしかったな。

tomoo3.jpg

tomoo2.jpg

tomoo1.jpg

 

そしてその3日後、アラ還オヤジギタリスト共演レコーディングなのでありました。友生ちゃんは高校ジャズ研の1年後輩、つまり最も古くからの付き合いの音楽家です。こうやってレコーディングできたのは嬉しかったな。彼のオリジナル2曲とIt Could Happen To Youをレコーディング。どれがアルバムに入るかはできてのお楽しみってところ。僕は3時間くらいだったけど、彼は1日中でアルバム1枚分録った!大変だったろうなあ。ちなみに、僕より忘れ物がヒドいと思われるやたら賢い後輩は、レコーディングでウクレレを録音するのを忘れたということでした(笑)。

 

● 9/14 The Blood Jam at 渋谷 Last Waltz

布川俊樹(Gt)、納浩一(B)、村田陽一(Tb)、小池修(Sax)、山木秀夫(Ds)


半月くらい前から最も楽しみにしていたライブでした。ファーストコールのミュージシャン(僕以外苦笑)勢揃い!元々はしおさいの石原さん、納ちゃんと3人で飲み会やってたときに出たアイディアがライブに実現したのでした。「The Blood Trio」で演奏していた曲を2管で数曲、納ちゃんは書き下ろし新曲2曲用意しました。やってみてまさにBloodなライブでした。かなり70年代初頭のマイルスバンドみたいなかなりカオスなジャズロックサウンド。いやあ、弾きまくったなあ。とにかく全員炸裂!みんな若い(特に山木センパイ。あのエナジーが全てをOKにしちゃう笑)!是非またやりたいところです。

 

山木さん命名のバンド名、唐変木。次は新曲持って行こう!

 

blood.jpg


 

● 9/19 Malta Birthday Live at 銀座スイング
Malta(sax)、布川俊樹(Gt)、三木成能(p)、矢吹卓(key)、鳥越啓介(B)、ジーン重村(Ds)

毎年恒例マルタさんバースデイライブです。僕より9歳上だから67相変わらずパワフル、お元気で何より、めでたいです。最初に彼の仕事のオーディション受けたのは1985年(VALIS始めた年でもある)。ってことは2635だったんだねえ。長い付き合いになりました。当日はマルタさんの藝大教え子たち勢揃いで超賑やか!

malta1.jpg

 

malta2.jpg

 

malta4.jpg

 

 

● 9/20 DuoRama at 桜新町 Neighbor

布川俊樹(Gt)、納浩一(B)


台風16号関東接近で、ほとんどお客さん来ないだろうなあと危惧していたら…、ありがたいことにかなり来て頂きました。ただただ感謝です。この日は久々にDuoRamaの1,2枚めからのオリジナルを中心にお送りしました。スタンダード出すとセールスはいいんだけど、オリジナルもいいんですよ(苦笑)。特に僕は2枚め好きなんだけどなあ…。


dr2.JPG


dr1.jpg


 

 

● 9/22 飯能五十嵐酒造コンサート

小島のり子(Fl)、布川俊樹(Gt)


これはともかくメチャ楽しいライブでした。僕は初体験、何とお酒の蔵での演奏!コジノリさんはもう日本酒とジャズを合体させている酒の女神のようなお方。彼女のおかげですね(笑)。ライブは弦楽四重奏とジャズの2部構成でした。アンコールでは Tea For Twoで共演も。ホントは Sake For Allがよかったかな(笑)。ちなみに五十嵐酒造さんは天覧山で有名な蔵元。10種類近くは頂きました。激ウマ!


子供の頃、西武池袋線富士見台に住んでいた僕は遠足でよく飯能に来ました。1年生のときに確か天覧山登ってます。懐かしい!

kura2.JPG

 

何とタンクの上部を客席にしちゃった!

kura3.JPG

 

デュオ!

kura5.JPG

 

弦カルとコラボ。

kura4.JPG


お疲れさまでした。左は杜氏の小林清司さん、右は五十嵐酒造社長さん。

kura1.jpg

 

 

というわけで、ホロ酔い気分で気分よく帰ったのでした。来年もやりたいなあ。コジノリさんよろしくお願いいたします(笑)。


さて、最後におまけ。ちょっと書きましたが、埼玉県飯能は僕にとってとても懐かしい町です。小学校が大泉学園だった僕は、毎年飯能での遠足がありました。父親がハイキングが好きだったから何かと西武線の山の方に連れて行ってもらったこともあります。


というわけで、今回は仕事の2時間くらい前に到着。日高市高麗川在住のジャズ研先輩石田さん(赤坂ヴァーチュオーゾやレザールではよく会うんですけどね)のお宅にお邪魔してお昼ごはんを頂いて、その後、近くの名所を案内して頂きました。

「暑さ寒さも彼岸まで」ということで、まさに旬、彼岸花、曼珠沙華の名所、巾着田に行ってまいりました。その絵模様をアップいたしますね。


石田センパイと。お世話になりました。

ishida.jpg


高麗川

IMG_3682.JPG

 

IMG_3685.JPG

 

IMG_3690.JPG

 

IMG_3696.JPG

 

IMG_3703.JPG

IMG_3709.JPG

IMG_3715.JPG

IMG_3722.JPG

 

 

14407519_1058708117580382_1623141954_n.jpg


楽しゅうございました。




 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る