So-net無料ブログ作成

最近やけに初心者教えてます [仕事色々]

 

秋の陽はつるべ落としと言いますが、夜になるとかなり寒いこの頃です。でも自転車は気持いい季節ですね。

 

さて、軽い話題をひとつ。最近大学のレッスンが新鮮です。大学には副科レッスンというシステムがあります。クラシック科、音楽教育科、音響デザイン科などの他学科の生徒も希望すれば僕のギターレッスンを取ることができます。

 

後期になって、そんな副科の生徒が増え、そのうちの3人がギターに初めて触る完全な初心者(ジャズ初心者ではなくギター初心者)。それこそチューニングや持ち方から教え始めました。いままで完全なギター初心者を教えたことはありますが数えるほど。ここまで何人も同時期にやるのは初めて…。彼らは僕がどういうジャズギタリストかなんて全然知らないし(間違いなく)、こっちもそんなヤボな話はしません(笑)。それがいいんですね。そういう生徒に、左指をどういう風に立てるか、左手親指の位置、どういう位置に右手を持って来てストロークするか、右手の振りの感覚、そんなことを教えています。これがかなり新鮮なわけです。昨日は、ある生徒が弾き語りしたいっていう曲のコードを取って行きました。キーがGで4つくらいしかコードがなかった(ラッキー!)。初心者には理想ですね。ギターはキーGが一番サウンドするし(僕はブルースで一番好きなのは断然Gキー!)、基本コードにほとんど開放弦が入るからです。

 

まず、改めて感じたことは、初心者にとって、ギターはなかなか音が出ない楽器であるということです。ギターを押弦するときの左指は、他の弦に触れないように第一関節をかなり曲げないといけません。これがかなり最初は難しいんですね。自分がギター初心者だったのは中学1年。そのときのことはあまり覚えていません。それで、その気持ちを思い出してみるために試しにですね、左利きの人のように、右手でギターの指板を押さえてみました。

 

全然押さえられない(笑)!!

 

第一関節が曲がらないんですね。ひょっとして最初はこんなだったのかなあ…。まあ、利き手じゃないから根拠ない実験なんだけど…。思うように行かない不自由感覚は充分味わうことができました。

 

このブログの読者には、ギター講師をされている方も多いのではと想像しています。完全初心者にはどんなレッスンやってるのかな…。ちょっと興味あるところです。

 

何はともあれ、初心者教えるのが新鮮で楽しいですね。若い頃だったらこんな気分にならなかっただろうなあ(笑)。

 

 

P.S…ちょっと時間ができると、急にブログを書き出すワタクシもどうかと思います(苦笑)。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。