So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2018年厄年をふっ飛ばせ! [仕事色々]



2018年新年明けて早くも50日経ちました。2月後半〜3月前半の1ヶ月は半分くらいお休み。ヒマになるとSNSで雑文を書きなぐっております(苦笑)。Facebookやツイッターで色々書いてるとブログはどうしても御無沙汰になっちゃうんだなあ…(ブログはSNSと違って、いまは相互的なものじゃなくなってますからモチベーションが上がらない)。一方でブログの良さもある。後で読んでこの時期はどういうことをやっていたか、考えていたかが自分でわかりやすい(検索しやすい)ということがあります。棲み分けとしてはニュース的な記事を残して行くということでしょうか。

 

というわけで、本年最初のブログアップデイトです。内容はFacebookの写真をまとめただけですが…(苦笑)。

 

● 1/1(月)元旦の儀

 

節目の還暦の年(そして厄年)はかなり久しぶりに近所の枡形山に御来光を拝みに行ってまいりました。まだまだ精進は続きます。

IMG_3224.JPGIMG_3226.JPGIMG_3227.JPG

 

毎年元旦は母を施設に迎えに行って実家で妹家族と過ごします。

 

この構図も恒例。犬 & 戌。ゆう & アイ。戌の人は明らかにヨッパライ顔ですな。

IMG_3228.JPGIMG_3229.JPG



そして夕方、母を施設に送って帰って来て元旦から強力なトラブル発生(一応秘密)!さすが厄年の幕開けにふさわしかったなあ(苦笑)。でもね、人間万事塞翁が馬!よかったと思ってます。



● 1/16(火)六本木サテンドール

新年初の福田重男 布川俊樹のサテンドールでのライブでした。お店移転して初めてだったけど実にいい店内の雰囲気でした。この日はコモブチキイチロウ(b)、奥平真吾(ds)というレコーディングメンバー勢揃い。このメンバーのグルーヴはとにかくゴキゲン。演奏も自由になれて楽しいなあ。この盟友コンビDUOは今年も各地で皆様とお会いすることになるでしょう。何卒よろしくお願いいたします。


IMG_3230.JPGIMG_3231.JPG



● 1/16(火)布川バンドレコーディングアンサンブル最後の授業〜2/6(火)用賀金のツボライブ

 

1/16(火)は朝から大学レコーディングアンサンブルの今学期最後の授業でした。否、実は今年度でレコーディングスタジオを使ったアンサンブルがなくなるので、まさに「最後のレコーディングアンサンブル」(涙)!溝の口に大学が移ってすぐだから7,8年はやった名前の通り最も気合いの入ったアンサンブルでした。1/21(日)ジャズコースライブ、31(水)飲み会打ち上げ、沢山の学生さんや先生方が観に来てくれた2/6(火)用賀金のツボライブと最後まで楽しかった。学生諸君、どうもありがとう!そして、ジャズコースライブで鈴木哲くんがインフルエンザで参加できないときに急遽トラをやってくれて、最後のライブにも遊びに来てくれた佐藤達哉センパイ(大学からの数少ない付き合いのミュージシャンです)には大感謝でした。

 

来年度後期はレコーディングではないですが、布川バンドアンサンブルは続きます。

 

IMG_3232.JPGIMG_3233.JPG

IMG_3256.JPGIMG_3257.JPGIMG_3259.JPGIMG_3260.JPGIMG_3261.JPGIMG_3262.JPG

 

 



● 1/23(火)桜新町Neighbor、2/10 (土)下丸子ラミノア

 

1/23(火)桜新町Neighborでの本年初DuoRamaライブ、楽しく終了。8歳のかわいい女子が2セット最後までノリノリで楽しそうに聴いててこちらも気分上がりました。この店、サウンド、雰囲気、とってもいいです。食事がまた素晴らしい!

IMG_3235.JPG



そして2/10(土)は和田明がゲストに加わったスペシャルライブ。この日はアフターパーティーやセッションもあって楽しい「呑みライブ!」でしたね。明とは今年色々一緒にやって行こうって話してます。僕は60、彼は30(笑)。


IMG_3263.JPG

IMG_3266.JPG

IMG_3264.JPGIMG_3265.JPG


● 1/26(金)Virtuoso赤坂

 

本年初のジャズギター聖地でのライブ。僕にとっていま最もバンドという感じのリーダートリオが高瀬裕(b)、安藤正則(ds)とのSJPトリオ。最近はとみにサウンドがジャズロック化していて、この日もワーミーとか使いまくりで異常に盛り上がりました。アフターアワーズは店長ヤボちゃんとDUOも!

IMG_3065.JPGIMG_3240.JPG

● 1/27(土)銀座スイング

 

相変わらずマルタさんにはお世話になってます。何と知り合ってから今年で33年!このところ、マルタバンドで使っているギターはMDギターのNEWギター。このやたら綺麗な青い色とマルタさんの青いジャケットがたまたまなんだけど、完全にコーディネートされている感じ。ワタクシ、シャツのはだけかたが若干ロッカーみたいです(笑)。

IMG_3241.JPGIMG_3242.JPGIMG_3243.JPG

 
● 1/29(月)亀戸天神厄除け祈願

 

生まれて初めて厄除け祈願ってやってみました。気持ちの問題ですからね。この亀戸天神は来ると何か心が洗われる気がします。大吉でございましたとさ。

IMG_3244.JPGIMG_3245.JPGIMG_3246.JPGIMG_3247.JPGIMG_3248.JPGIMG_3249.JPGIMG_3250.JPGIMG_3251.JPGIMG_3252.JPG

 

 

還暦に向けて今年もパーッと行きますよ。厄年をふっ飛ばせ!

 

還暦記念ライブは 8/1(水)モーションブルー横浜で VALISリユニオンです!

 

Beat Panic

https://youtu.be/HYTZJQdhMnc

 

The Bottom Of The World Ali's Dance

https://youtu.be/ye-Dt2-muxw

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

還暦マイナスワン師走の雑感 [日々着眼時々思案]



皆さま、こんにちは。2017年も残り10日となりました。今年はもう忙しくありません。来年戌年は人生6回め(1回めは記憶なし)、つまり還暦であります。


来年節目の年に向けて、最後の50代の1年をちょっと振り返ってみます。自分のための備忘録ですね。


この1年はかなり長く感じています。昨年暮れはずいぶん前のことに思える。公私ともに相当色々なことがあったし、充実した自分の活動ができたってことじゃないかな。


リーダーアルバムリリースに関しては、ベスト盤含めて5枚出しました(もし、お蔵入りの「ゴジラジャズ」をリリースできていたら何と6枚だったんですけどね。1年前はかかりきりな仕事だったもんな…涙)。2月の「布川俊樹SJP TRIO Live〜天空の滝」に始まり、5月に「ウルトラマンジャズヴォーカル&ピアノ」「ウルトラマンジャズベスト」、日本のウクレレ界の巨匠、キヨシ小林さんとのデュオコラボアルバム「キヨシさんとぬのさん」、そして9月には盟友福田重男とのデュオ 2nd「Old Boys' Dreams」。このアルバムは彼と作ったBacchus Labelという自主レーベルでの初作品となりました。慣れないレーベル仕事も勉強になりました。何せツアー中に二日酔いの朝に納品書書いてCDを発送したりしてるわけですから(苦笑)。僕の50代までのキャリアでリーダーアルバムは通算22枚。こんな歳になって、こういう活動ができていることには本当に感謝しています。



16730655_1254405084625046_7760981961999151952_n.jpg

TKCA74508.jpg

UJB.jpg

K&N.jpeg

SFTN-1701.jpg


そして、2015年にリリースした「DuoRama Standards」完全対応自主制作教則本「布川俊樹の The Standard Jazz Guitar」も引き続き値下げ価格1,200円で販売しています。この教則本、SJP TRIOライブ盤、福田氏とのデュオ作品は郵送販売も行なっておりますので、興味ある方は是非

n-valis@da2.so-net.ne.jp まで御連絡くださいね。


SJG.jpg

 


ライブ活動、否、渡世人活動(?)も引き続き充実しました。SJP TRIOでは春秋2回のツアー。福田氏とは夏のツアー、そして渋谷大和田ホールでのウルトラマンジャズのイベントコンサート。その他、全国各地で様々なライブがありました。


大学せんせー業は早18年となりました。野球選手だったら大ベテラン。そこそこ古株なんで、色々雑事やっております(担任の先生みたいなことまでやってる。あ、それは雑事とは言わないか…苦笑)。それはそれで、いままで経験したことなかったから人生の糧となってる気がします。多分あと約5年、変化をつけて面白いことをやりたいですね。


カブ栽培は、今年はいままでで最も調子のよい年でした。考えてみて当初の目的は達したんだよな。自分のやり方はだいぶ固まったし、何と言っても身を律することは断然できるようになった。この投資を始めたことで、人生の考え方が色々整理されて来たことも多いと感じてます。一言で言えば、投資は未来への積極的行動であり、判断と決断です。そしてその結果に対するメンタルは、それこそ人間万事塞翁が馬やっててよかったですね。何かと大変な音楽家人生の心の支えにもなっています。今年はカブ大学も卒業しようかな、と一瞬思いましたが、まだまだ初心忘れず、趣味の「カブ栽培人」として次の目標に向けてガンバッて生きます(笑)。


プライベートでは、何と言っても息子の大学合格が嬉しかったなあ。最近は車の運転指導してます(笑)。



来年以降のことを書きましょうか。いまあれこれ考え始めたところかな。


前回の戌年が終わって翌2007年正月にHP「俊樹の部屋」に書いた投稿があります(現在、その投稿が最終回になってるんですが…苦笑)。まだ40代最後の頃でした。そこで僕は「60歳で死んじゃうと思って生きてみる」って書きました。このページ、PCからは読めますが、iPhone, iPadからは読めないので引用してみましょう。



(07.1.1アップデイト「俊樹の部屋」より)

実は去年ずっと何となく考えていたことがあります。それは60歳で死んじゃうと思って生きてみるということです。実際、かなり死んでもおかしくない年齢ですよね(笑)。これは、でもあせってスーパーアグレッシブにやるという意味ではありません。まあ「覚悟」と言いましょうか。僕ら音楽家の実際はピラミッド構造です。どういうピラミッド構造かと言うと年齢が高くなるに連れてやっていけるミュージシャンの数は減って来る、というあたり前のことです。僕が仮に70歳まで生きるとして、60歳以降に現役でミュージシャンをやっていられるのは、相当な生存競争を生き抜いていかないといけないでしょう。もちろん、老後保障などはほとんどありません。退職金もない。思うのは「たぶん60歳まではやっていける。ただその後はわからんぞ。全然仕事なくなって貧乏になる可能性もかなりある(笑)」ってこと。それはやはり不安ではあります。でもね、「60歳で死んじゃうよ」って考えると意外に楽なのね(笑)。あとはおまけの人生。それがいい感じだったら超ラッキー!!みたいに考える。「老後は明るく」症候群からの脱皮です(究極のメンタルコントロールですな…笑)。それでだ、次の干支が来るまでの12年間、60歳までにホントに、いままで作り上げてきた「僕の音楽家としての位置」から何か色々な可能性をですね、試してね、別のこともやってみたいし、もちろんいままでの延長上にあることもより成熟させたいと思ってるわけです。2年に1枚アルバムを出すとして自分のオリジナルアルバムは6枚ですよ(大体こんな考え方自体が古いかもしれない。12年後にパッケージングされたアルバムがまだあるのか?って疑問もある。これからの12年間はほんとに音楽の発信方法、ビジネスとしてのお金の回収方法がドラスティックに変わる時代となるでしょう。プロの音楽家がどう成り立っていくのか?わからないことだらけの今後です)。気合い入れてやらにゃー。



改めて読んでみると面白いな。いま実際にその年齢目前。まだ多分死にません。色々な音楽活動をしてきたし、アルバムは07年以降結局12枚出しました。数年前は、生きてるうちに20枚はアルバム出したいと思ってた(CDってものがどうなるかわからないから少なく見積もったんだけど)。それは今年アッと言う間に達成しちゃった。こりゃー上方修正と言えるでしょう(笑)。ただ、10年以上前に語っているように、震災挟んで色々やり方は変わりましたね。ほとんどいまは自分で作る自主制作をまずは考えるようになった(そういう活動のためにも投資は重要です)。


とにかく、ここからが何か面白いことができるような気もしてるんだな。


まず言えることは、還暦ライブはやりたい!それも色々なヴァージョンをやりたいな。


そのためには、やっぱり健康第一。実は、11月からずっと嗄れ声になってしまったんです。風邪っぽくないからイヤな予感がしてお医者さんに行ったら喉のポリープ。ひょっとしたら来年は手術もあるでしょう。さすがに60だからいままでみたいな無茶は厳しいのかなあ…、でも、まあ酒は…(苦笑)。とにかくこれからはよりケアが必要なことは自戒しないといけない。


ジャズ渡世人活動は来年ももちろん続きます。僕が渡世人を名乗り始めたのは、2011年大震災以降。何かアーティストって気分じゃなくなっちゃった。自分でできることを求められるなら、何処でも行って何でもやる、そういう想いだったわけです。とにかく「生き抜く!」。それは、自分一人ではできないこと。お世話になる方々と自らの運に常に感謝しつつ自分の果たせるミッションを遂行すること、それが渡世人の矜持なのです(ちと大げさか…笑。他に人には言わない意味もあります)。


実はあと2年後に個人的な目標があるんです。それに向けてジャズ渡世人としてもカブ栽培人としてもひと勝負ってところかな。


まあ、ガンバッて生きますよ。でも常に力は抜いて

柳に風!でね…(笑)。



今後とも何卒よろしくお願いいたします。


よいクリスマス、よいお年を!






 



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

2017初秋ジャズ渡世人のタビ(後編) [日々のぬのさんのライブ]


皆さん、こんにちは。急に寒いですねえ。冬のコートやら上着やらをクリーニング店のお預かりサービスに出してるので、着るものに困ります。


さて、今週はだいぶ時間があります。久々で嬉しい…。というわけで、ジャズ渡世人初秋のタビ(後編)を書きました。今回は観光写真満載でございます。

 

IMG_2493.JPG

 

 

● 9/19(火)見附~黒部トロッコ電車〜富山 Newport 〜高岡市大野さん宅(270km)

 

黒部「そば屋」で素晴らしい蕎麦を堪能した後は、ツアーコーディネーター高瀬くん発案のオプション観光(笑)ということで、宇奈月温泉に向かいました。元鉄ちゃんには憧れの……

 

黒部トロッコ電車に乗るのであります!

 

まずは、起点の宇奈月駅に向かいます。こんなところに機材満載のワゴン車で来る人もいないだろうな(笑)。あまり語ってもしょうがないので、素晴らしい絶景写真をお楽しみくださいね(でも写真ではまったく表現できてないんだけど…残念)。

 

IMG_2545.JPGIMG_2546.JPG

 

いきなりの鉄橋に気分上がりまくり。

IMG_2547.JPGIMG_2548.JPGIMG_2549.JPGIMG_2550.JPG

 

猿が渡るための橋だそうです。

 IMG_2551.JPGIMG_2552.JPG

 

こちらは高瀬くんの写真。素晴らしい!よく撮れたな…。ホント、走りながらだからタイミングは一瞬です。

IMG_2588.JPG

 IMG_2554.JPG

IMG_2553.JPG

 

目的の鐘釣駅に到着。河原の露天温泉へ。高瀬安藤アスリートコンビは温泉にトライ。僕は河原でのんびり。

IMG_2555.JPG

 

万年雪はなかった。「万年ってウソじゃん」(安藤談…笑)。

IMG_2557.JPG

 

SJP Trio in 黒部!

IMG_2517.JPG

 

河原に降りました。温泉があるから若干空気が暖かい。

IMG_2544.JPG

IMG_2560.JPG

 IMG_2559.JPG

この陰に露天温泉風呂があります。ビキニの西欧人女性が入って来て目のやり場に困りました(笑)。

 

バンマスには嬉しい気分転換。

IMG_2558.JPG

 

ライブの入り時間があるから40分くらいの滞在で戻ります。また来たいなあ…。帰りはかなり寒かった。

IMG_2556.JPG

 IMG_2561.JPGIMG_2562.JPGIMG_2563.JPG

 

最高の鉄道体験だったな。僕の私見では、息子が小さい頃旅行で行った山岳鉄道で有名なケアンズのキュランダ鉄道にここは勝ってます。

イエーイ、富山県!

 

ライブも楽しく盛り上がりました(写真なし…苦笑)。

 

終わってからは、富山ではお世話になっている高岡の大野さん宅へ。

 

 

● 9/20(水)高岡〜金沢もっきりや(50km)

 

この日も楽な移動です。大野さん宅でお昼までゆっくり。とても素敵なジャズと蕎麦とカレーのお店「ぼくのほそ道」に連れて行ってもらいました。蕎麦もカレーも素晴らしかった。

IMG_2583.JPG

 

そして金沢は大好きなもっきりやさん。この店はホントにやりやすい木の響き。マスター平賀さんもお元気で何よりです。彼曰く大人のジャズロック…

IMG_2586.JPG

 

 

●9/21(木)金沢~東尋坊〜福井ウクレレクラスタ楽音(100km)

 

またまた楽な移動です。まずは本日のミッション、あわら温泉「新保」。福井来たらおろし蕎麦っす!

IMG_2584.JPG

 

そして超定番観光、東尋坊にやって来ました。安藤くんは行方不明??蕎麦は一緒だったのに…。FBで軽く書いたら場所が場所だけに心配して頂ける方もいました(苦笑)。僕らも焦りましたが無事福井で合流。

 

あ、話作ってます(笑)。

IMG_2564.JPG

 

強風なので船には乗れませんでした。

IMG_2565.JPGIMG_2566.JPGIMG_2567.JPGIMG_2568.JPGIMG_2569.JPGIMG_2570.JPG

 

カフェでのんびり…。

IMG_2571.JPGIMG_2572.JPG

IMG_2573.JPGIMG_2574.JPG

IMG_2575.JPG

IMG_2576.JPG

IMG_2577.JPG

福井ウクレレクラスタ楽音は北陸のウクレレVIPとなった岩佐高征くんのお店です。彼は何度か紹介していますが、VALIS解散の頃のローディーで本当に当時からできた奴でした。いまはこちらがお世話になっています。

 

この日のライブは岩佐くんウクレレ生徒たちの黄色い声が飛ぶ中(本当の話です…笑)。アンコール時にはクラッカーも!写真なくて残念。トリオでの最終日も楽しく盛り上がりました。

IMG_2578.JPG

 

打ち上げは鉄板系。

IMG_2579.JPGIMG_2580.JPG

 

高瀬くん、安藤くん、お疲れさまでした。そして岩佐くん、ありがとう!

 

 

●9/22(金)福井〜名古屋〜静岡県沼津 Reef Cafe(410km)

 

トリオのラスト蕎麦は福井「見吉屋本店」。ソーツカツ丼とのセットは、福井黄金の食の組み合わせ。

IMG_2581.JPG

 

名古屋で別仕事の安藤くんを降ろして僕らは沼津に向かいました。

 

沼津はデュオラマで何回かやってるReef Cafe。ロハスなステキなお店です。僕の日本四大飲み友達で「三島のルパン(笑)」ことハギノリの奥様裕子さんと彼女の妹のれいこさんがやっているお店です。

 

この日は僕と高瀬くんのデュオ。何やろうかはまったく考えてなかったけど、ツアーでずっとやって来た曲をかなりやってみました。これが大当たり。実にタイムもバッチリ合うし、サウンドしたな。デュオも面白いなと思った次第。ライブ終了後、SJP DUOって名前でたまにやろうってことになりました。次回は12/15(金)VIrtuoso赤坂でやります。よろしかったら是非!

IMG_2582.JPG

 

●9/23(土)沼津~高瀬宅〜自宅(110km)

 

さすがにアラ還のワタクシもう疲労困憊であります。飲み続けもあるけど、ツアー中にヘヴィーなことがあって精神的に疲れました。我ながらよくガンバった。

 

この日は帰宅してレッスンがあるだけ。東名が事故渋滞だったので、箱根山越えして小田原厚木道路経由で帰りました。この日の昼は東名海老名SAの蕎麦。トリオで9日連続昼蕎麦。もうトリオじゃないんだしいいんじゃないの?って思ったけど、何となく流れでまた蕎麦(高瀬くんに押されました…苦笑)。僕はメチャ蕎麦好きだけど、カレーも同じくらい好き。そろそろカレーが食べたかったんだよなあ…。でもSAによさげなカレーがなかった。蕎麦の隣の海鮮丼にすればよかった。蕎麦は立ち食いのふつーなレベルでした。まあ、取りあえず蕎麦ミッションコンプリート!10連チャンとなりました(笑)。

IMG_2585.JPG

 

仲町台高瀬宅に無事着いて荷物積み替え。置いてあった車で帰宅。

 

いやはや…

 

お疲れさま!!!

 

IMG_2590.JPG

 

ほとんど観光と蕎麦写真でしたね。長文お読み頂きどうもありがとうございました。

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

2017年初秋ジャズ渡世人のタビ(前編) [日々のぬのさんのライブ]


こんにちは。今日はついに完全OFF ! 何と8/18以来。ほぼ2ヶ月近いじゃん。まさにブラック企業(株)ジャズ渡世人(涙)。天気も悪いし、またまたブログ記事を書いてみました。これ、FBの投稿記事から文章や写真を編集するわけですが、かなり時間かかります。たまの休日に朝からずっとやってるワタシって…(苦笑)。


 

さて、福田重男氏とのツアー最終日前橋ライブ後真夜中に帰って来て、翌日から大学の後期が始まりました。手帳を見ると、9/413まで大学5日、ライブ4本、それ以外はレッスン。あっという間に次のタビがやって来ました。

 

それではCD「布川俊樹 SJP TRIO LIVE~天空の滝」発売ツアーの絵模様をお楽しみください!

 

IMG_2493.JPG

 

 

● 9/14(木)横浜市仲町台高瀬宅~群馬県桐生 VAROCK (150km)

 

今回は910日のタビ。ツアーの初日はまずは高瀬宅に集合でした。そこで安藤号に恒例の機材積み込みパズルの儀式から。それにしても暑い!完全に夏の強い陽射しでした。まずは腹ごしらえってことで、遅めの昼メシは東名に入る前に蕎麦。これがこの後の流れを決定づけることになるとは

 

IMG_2494.JPGIMG_2495.JPGIMG_2496.JPG


桐生VAROCK到着。店名の通り完全にROCK小屋でした。ドラムセットは真ん中だったので、ギターは上手、ベースは下手で演奏。クリームみたいでいいぜい!初日最初の曲からいきなりバンドは全開、素晴らしいライブだったと思います。

 

以下がセットリストです(だいたいツアーはこのメニューでした)。

 

1st

Flying Blue Squids(跳ぶ青イカ!)

Hope In The Cave

Children In The Lost Paradise

Kupu Kupu Suite

Round MidnightOn A Clear Day

 

2nd

Dancing In The Darkness

天空の滝

The Days Of Wine And Roses

Mad Hatter Blues

Speak Low(ツアー途中から Willows Bending In The Windに変更)

 

Encore

星砂

 

終わってからは近くの居酒屋打ち上げでした。

 

 

 

 

●9/15(金)桐生~長野県軽井沢 Music House TOMY (100km)

 

早朝、Jアラートで起こされました。テレビつけたらまたロケットが飛んで行った模様。「安全な場所に逃げろ」たって、地下なんか隠れられる場所ないし、もちろんそのまま寝直しました(ちなみにこの日のマーケットは激落ちだと思ったら完全無視でやんの笑)。

 

この日はメチャ楽な移動の日。下道でゆっくり行きました。昼メシは最高のお蕎麦屋「霧里」。そのまま口に含んだときの香り、味わい、歯ごたえ、見映え、最高に好きなタイプの蕎麦でした。つゆも味わい深くてよかったなあ。まさに絶品!おススメです。

 

さて、TOMYに到着。まだライブまで時間はたっぷりあります。美味しい珈琲を頂いて、各自自由行動となりました。高瀬くんは当然ランニング、安藤くんはジムを探してトレーニング。まさに強力アスリートリズムセクション(驚)!であります。バンマスは根性なしなんで、安藤くんをジムに送った後、旧軽井沢の有名なパン屋さんでティータイム。アールグレイとアプリコット&チーズのカンパーニュ。緑のシャワーを浴びながら読書という優雅な昼下がりでした。

 

っていうかミーハーとも言える。

 

IMG_2497.JPGIMG_2498.JPGIMG_2500.JPGIMG_2499.JPGIMG_2501.JPG

 

ライブはこの日も絶好調。終了後はお店でそのまま打ち上げ。宿泊もここだったので、完全に一宿一飯の恩義であります。TOMYこと富永さんに感謝!彼は若い頃はフォークシンガーとしても活躍していたということ。打ち上げ最後にはフォークジャムセッションとなって大盛り上がりでした。

 

 

●9/16(土)軽井沢~水戸 Blue Moods〜栃木高瀬実家 (320km)

 

この日も時間はたっぷり。メチャ寒い。初日とは大違いです。この日も蕎麦。老舗有名店「かぎもとや」でした。まあまあ。横川で温泉立ち寄り。水戸Blue Moods到着。3日連続で初出演のお店。ここはマスターが安藤くんのお弟子さんなのです。お客さんがかなり盛り上がる店でした。こういうときはミュージシャンは思いっきり木に登ります(笑)。

 

 

IMG_2502.JPG

IMG_2503.JPG


打ち上げ終了後、高瀬くんの栃木の実家に向かいました。またまた一宿一飯の恩義、お世話になります。

 

 

 

●9/17(日)栃木~盛岡 Bar Cafe the S (450km)

 

朝は自家栽培の野菜サラダや焼きたてのパンを頂きました。いちいち美味しい。気さくで社交的、大変お元気なご両親との家族関係に高瀬くんの人間性を垣間みるようでした。どうもありがとうございました。

 

この日はロングドライブ。朝イチ出発です。昼メシは東北道菅生SA。侮れません。なかなか旨い。

 

IMG_2507.JPG

 

そして今宵のライブは2年前にDuoRamaでも演った場所。盛岡のヴォーカリスト小林ゆうこさんをゲストに迎えました。福田氏とのツアーで初めて演奏して今回3回め。歌も素晴らしいけど、ライブ全体を楽しく盛り上げて行くのがすごくよいですね。お客さんは大入り満員。打ち上げも盛り上がりました。

 

IMG_2504.JPG

IMG_2505.JPG

IMG_2506.JPG

IMG_2528.JPGIMG_2508.JPG

 

ゆうこさん、どうもありがとうございました。

 

 

●9/18(月)盛岡~新潟県見附市中央公民館大ホール (480km)

 

この日は台風に向かって走るのを予想してたのですが、起きたら台風は青森の方に抜けていました。台風一過の不思議な天気。強力に晴れたりすごい雨だったり。郡山から会津を通って新潟県に抜けます。裏磐梯SAのとき、快晴だったらよかったなあ

 

IMG_2511.JPG

IMG_2512.JPG

IMG_2509.JPG

IMG_2510.JPG

 

 

見附到着。日本四大飲み友達、阿部泰比古さん、そしてむっちゃんこと吉田睦がいる日本でも大変馴染み深い土地です。実は息子が隣町の三条に免許合宿にちょうど来ているときでした。奇遇(笑)。この日はずいぶん演奏したな。2setのライブにアフターアワーズジャムセッション。楽しく演らせて頂きました。そして初めてむっちゃんと井上潤くんのBaby理子ちゃんとご対面!

 

IMG_2531.JPG

IMG_2530.JPG

 

以下のライブ写真は、「Old Boys' Dreams/福田重男 布川俊樹」のジャケットにある僕のアーティスト写真を撮ってくれた、関野 "finder" 司さんのものです。素晴らしい写真の数々!どうもありがとうございました。

 

IMG_2514.JPGIMG_2518.JPGIMG_2519.JPGIMG_2520.JPGIMG_2526.JPGIMG_2521.JPGIMG_2524.JPGIMG_2523.JPGIMG_2527.JPGIMG_2522.JPGIMG_2513.JPG

 


●9/19(火)新潟県見附~富山 Newport(寄り道あり!)

 

 

この日も移動は楽。高瀬くんが観光プランを立てました。彼は福利厚生部長ってところ。安藤くんはグルメ部長(笑)。まずは黒部インターで降りて、恒例の昼蕎麦はその名も「そば屋」。田舎そばと石臼粗挽きそば二種盛り。ここも石臼かなり旨し!

 

さて、お腹もいっぱいになってこれからがお楽しみです。まあ次回にしましょか(笑)。

 

IMG_2515.JPGIMG_2516.JPG

 

 

それでは、観光満載の後編をお楽しみに。

 

 

 

To Be Continued…

 

 

 



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「布川俊樹の The Standard Jazz Guitar」PV公開! [ニュース]



おはようございます。選挙戦喧しい今日この頃ですが、布川俊樹も最後のお願いにまいりました。2015年6月に発売した自主制作教則本「布川俊樹の The Standard Jazz Guitar」、在庫もかなり減り、ここは最後の宣伝です。本の段ボール箱ってとにかくかさばるんです(苦笑)。

 

以下のサイトが8月に撮影したPVです。撮影&編集はしおさい石原社長。マイナスワンCDに合わせてわたくしが演奏しております。実は結構緊張しました。こんなレコーディング初めてだし、何か20代前半の頃のガチガチになる感覚を久々に味わいました。演奏はすべてテイクワンです。もうずれないようにって思ってるから緊張して疲れるんです。何度もやる気にならない(苦笑)。

 

(御挨拶と教則本の説明)
https://www.youtube.com/watch?v=3sSkfmQVyfY

 

(But Not For Me)
https://www.youtube.com/watch?v=umYbK0pM39k

 

(Speak Low)
https://www.youtube.com/watch?v=mvzuAwx1ebQ

 

(Smoke Gets In Your Eyes)
https://www.youtube.com/watch?v=HMS0_dEKMaE

 

SJG.jpg

 

 

教則本の販売は、郵送、ライブ会場などの直接販売のみです。2016年8月より、郵送、直接販売(ライブ会場など)ともに1,200円に一律値下げしております。何と40%割引!


 

CD「DuoRama Standards」とのセットは、郵送、直接販売ともに4,000円になります。

 

 

CD「DuoRama Standards」と同時発売教則本「布川俊樹の The Standard Jazz Guitar」はCD完全対応の内容(以下)になっています。

 

IMG_2492.JPG

IMG_2491.JPG

 

●プレイヤー自身が書き下ろしたギターコピー譜面とその解説(金字塔より量も多く、見やすい譜面となっています)

 

●各曲毎にテーマを決めたエッセイでは、練習やジャムセッションなどに生きるアイディア満載。

 

●ラストは布川、納、石原しおさい代表の三者鼎談

 

●またこの教則の自信を持っておススメできる点は、CDのトラックからギターを抜いたマイナスワン音源が付録についていること。つまり、トップベースプレイヤー納浩一とデュオ共演ができるのです!これはかつてなかった教則本ですぞ!

 

 

郵送での購入御希望の方は


n-valis@da2.so-net.ne.jp 宛にメールをください(以前はFacebookメッセージも受け付けていましたが、見落とす可能性も多いのでメールのみにします)。

 

代金振込先をお知らせいたします


 


 

P.S…11/7(火)渋谷Last Waltzで DuoRama のライブが行なわれます。
shiosaiレーベルとともにできた DuoRamaというユニットにとってLast Waltzは言わばホームグラウンド。皆様のお越しを心からお待ちしております。

 

http://lastwaltz.info/2017/11/post-25646/


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

2017年晩夏ジャズ渡世人のタビ(後編) [日々のぬのさんのライブ]



●8/29(火)松江〜岡山 Soho
ものすごい霧と大雨の山越えしたら岡山は晴れてました。この日も前半僕らのDUO、後半はジャムセッションでした。僕がアルバムに参加した角堂りえちゃんも来てくれました。ドラムスはマスター岡崎さん。ライブ模様は若干キュビズム風に。
IMG_2326.JPG
IMG_2328.JPGIMG_2327.JPG
●8/30(水)岡山〜名古屋 Mr.Kennys
 
Sohoのマスター岡崎さんは歯科医。いつもここに来ると歯をチェックしてもらいます。ジャズ渡世人を感じるときだな…。感謝!
お昼を御一緒して、名古屋お馴染みの店へ。演奏も実に熟して来た感じ。ここでも、いつもマスター倉谷さんには一宿一飯の恩義、大変お世話になっております。
 
IMG_2329.JPGIMG_2330.JPGIMG_2331.JPGIMG_2332.JPG
 
 
●8/31(木)名古屋〜浜松 Porte Theater
 
IMG_2333.JPG
 
この日は楽な移動。遅めのランチは噂のハンバーグ「さわやか」へ。なるほど、これは流行るわ。全国展開したらカブ買うのにな(笑)。
IMG_2334.JPG
 
ライブ会場はパーティー会場のような趣き(ライブ写真なし…嘆)。沢山のお客さまを前に盟友DUO炸裂でありました。打ち上げはいつもの海鮮。イカに目がないワタシとしては最高の打ち上げです。平野さん、いつもどうもありがとうございます。
IMG_2339.JPGIMG_2340.JPG
 
 
●9/1(金)浜松〜長野県安曇野 清雅
 
IMG_2343.JPG
三方原あたりから北上、ほとんど一般道で行ったけど、快晴の最高なドライブだったなあ。ひなびた山村とか通りながらリフレッシュっていう感じでした。そして、仕事前に塩尻のギター工房 Quest International へ。25年前にAriaでシグネチャーモデルを作ったときからずっとお世話になっている大和俊夫さんの工房です。このところずっと使っている赤いMDギターもここのもの。大和さんがずっとサポートして来た松原正樹さんのモデルをマイナーチェンジして作ってもらった。今回はちょっと弾きたい新作ギターがあって、寄ってみたわけです。で、…
 
IMG_2336.JPG
もう一発で気に入り、即購入。かっこいいギターでしょ?
IMG_2338.JPGIMG_2335.JPG
で、安曇野 清雅に到着。
IMG_2341.JPG
ブッキングをしてくれたのはさるちゃんこと猿田祐司、VALISがCDデビューした頃のあまりに濃い伝説のローディーです。今回もお世話になりました。ライブではいきなり New Guitarをお披露目。アルバムタイトル曲「Old Boys' Dreams」とボブディランにインスパイアされたフォークロック調の曲「Willows Bending In The Wind」で使ってみました。すごく音の粒立ちがいいギターです。
IMG_2337.JPG
 
この日の打ち上げも部屋飲みまで行ってまた早朝(苦笑)。しかし安曇野最高の場所だな。
IMG_2346.JPGIMG_2344.JPGIMG_2342.JPG
● 9/2(土)安曇野〜新潟県柏崎うたげ堂
IMG_2345.JPG
昼蕎麦がかなり北上して信濃大町の方だったので、ここは白馬とか通って糸魚川に抜けようということになりました。この日も素晴らしいドライブ。普通だったら、旅行で来るような場所を仕事兼ねて回れるのがジャズ渡世人の大きな楽しみですね。
 
柏崎には福田氏の愛弟子水口かずみさんがいます。素晴らしいピアニスト。彼のような人に喜んでもらえるのは嬉しい。演奏は大白熱でした。この日の打ち上げも楽しかった。アマポーラでの美味しいワイン&料理、そして某美女ママのマッサージ(?)まで(笑)。結局3時過ぎ…。
IMG_2347.JPGIMG_2348.JPG
 
 
 
● 9/3(日)新潟県柏崎〜前橋
柏崎での昼は昨日の打ち上げのお店アマポーラにランチに来ました。こんなに海沿いだったのか…。ライブで来られなかった方が来て、急遽DUO演奏することに。
そしていよいよ最終日。福田氏の故郷でのホームタウンライブです。当然ながら満員の会場、CDも売れたなあ。ツアーの最後は何となく感慨深いものです。この日は終わったら、即東京へ。明日から大学か…(かなりブルー入ってました…苦笑)。
 
以下がセットリスト(記憶で書いてるからイマイチ自信なし)
 
1st
Portrait Of Undercurrent
How Deep Is The Ocean
Swingin' In Green Heaven
Fetio De Oracao
Old Boys' Dreams
 
2nd
One Phrase Blues
Willows Bending In The Wind
Joy Spring
Spring 17
Wrap Your Trouble In Dreams
Encore
The Days Of Wine And Roses
IMG_2349.JPGIMG_2350.JPG
 
● 9/7(木)代官山蔦屋書店 Anjin
 
ツアー番外編ですが、実はこの「Old Boys' Dreams」発売は9/6でした。大人の事情が色々あって発売日が決まっていたため、ブッキングしたツアーが発売記念ツアーではなく発売先行ツアーになってしまったのでした。
 
そのため、この日が新譜発売記念ライブ。とてもステキな空間で福田布川DUOサウンドが楽しめたことと思います。
 
こんな素晴らしい場所でCD発売記念ライブができたのはジャズフロア責任者の及川亮子さんのおかげ。この場を借りて御礼申し上げます。
IMG_2353.JPGIMG_2351.JPGIMG_2352.JPGIMG_2354.JPGIMG_2355.JPG
 
各地でお世話になった皆様、御来場の皆様、この場を借りて心から御礼申し上げます。どうもありがとうございました。
 
次のライブは、10/3(火)南青山 Body & Soul です。
Old Boys' Dreams

Old Boys' Dreams

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Bacchus Label
  • 発売日: 2017/09/06
  • メディア: CD

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

2017年晩夏ジャズ渡世人のタビ(前編) [日々のぬのさんのライブ]

 

おはようございます。8/19からまったく休みのない日が続いています(いつまで続くか考えたくもない。多分10月後半…)。まさにブラック企業(株)ジャズ渡世人ですな(涙)。社長もワタクシだけど…。昨日はレッスン2人キャンセルになって、ジャズライフのインタビューとレッスン1人だけだったので(まあ休みに近い日)、こういう日はチャンス、というわけでHPスケジュール更新したりブログ記事を書いてみました。


まとまったツアーをすると、ブログにまとめたくなるんですね。まあ老後の楽しみ、想い出のアルバムってとこかな(笑)。あと、ジャズ渡世人として、お世話になった方々への感謝の意ももちろんあります。


それではCD「Old Boys' Dreams/ 福田重男 布川俊樹」発売先行ツアーの絵模様をお楽しみください!



● 8/24(木)川崎市多摩区登戸〜兵庫県明石 Pochi


ツアーの初日は福田氏が自宅近くまで来て8時出発。最初がいきなり500km超の道のりです。1年前の夏のツアーと同じ駿河のSAでランチ。名物鰻&桜えび丼で気合いを入れます。おまけにツアー初日から保有する銘柄ジーンズメイトが連日のストップ高で幸先よし!もちろん布川号ボルボ13を操る僕は浮かれませんぞ!前回はこの後初日にパトカーに捕獲されたからな(爆)。今回は馬鹿なスピードは出さずに慎重に走りました。


IMG_2289.JPGIMG_2288.JPGIMG_2287.JPG


無事明石に夕方到着。この日は長めの1セットと後半はジャムセッション。初日から楽しいライブ。終わってからは日本四大飲み友達のあかしたごさん達と打ち上げ。多胡さん、御馳走さまでした!


IMG_2325.JPGIMG_2290.JPG



●8/25(金)西明石〜広島県廿日市 Pool Cafe Nico


IMG_2292.JPG

広島でのライブではお馴染みとなりました。スーパーLady、アイビー眼科のドクター田中民江vo(中村民江改め)さんをゲストに迎えたライブ。旦那さんのトッシー先生とともにお世話になりっぱなしの恩人です。彼女の歌はCDリリースを経てここ数年ホントによくなったよなあ。優しい気分にさせてくれる歌ですね。エンジニアは広島のレコーディングでいつもお世話になっている数井さん。


IMG_2293.JPG

IMG_2295.JPGIMG_2296.JPG

IMG_2294.JPG

この日は彼女の歌友だちも数人来て1曲づつ参加。楽しいセッションライブとなりました。あと、このお店は Pool Barかつ Cafe Barなんですが、本が沢山置いてあってソファーでゆったりできるステキな空間。ライブ前はうん十年ぶりに福田氏とビリヤード。いやあ、久々で面白かった。



●8/26(土)広島〜高松 Speak Low


この日は、高松ジャズユニットの面々、関谷としひろさんg、宮本吉朗さんb、大野健次さんdsとの共演もありのライブ。いつも高松ライブではお世話になっている似たような世代の楽しい大人ジャズユニットです。


IMG_2301.JPGIMG_2300.JPG

IMG_2297.JPG


この日の打ち上げはすごかった。終わってイタリアン打ち上げ。その後、何度か演奏しているSo Niceに移動したら、たまたま同じ日にイベントライブだったウィリアムス浩子さんと奇遇!期せずしてジャムセッションになって大盛り上がりで結局4時まで…。

IMG_2298.JPG

高松ジャズVIPに感謝!


IMG_2299.JPG

宮本さんの眼鏡をかけた文豪福田重男。


浩子さんと記念写真!

IMG_2302.JPG




●8/27(日)高松〜高知パンチョス


この移動は比較的楽。二日酔いだけどね(苦笑)。この日は高知では大変お世話になっている森ひろこさんvoがゲスト参加です。終わったら当然カツオやらウツボやら高知名物を堪能。この店、あり得ないくらいの他の客のうるささ。こっちも怒鳴りながら喋ってた感じ。早々に引き上げて、高知の夜は毎度恒例、森さんの同級生のカラオケバーで大盛り上がり。福田巨匠は十八番の「あふくろさん」。声枯れた…。


IMG_2303.JPGIMG_2304.JPG



●8/28(月)高知〜松江北堀美術館


IMG_2306.JPGIMG_2305.JPG


DUOだけのライブはこの日が実は初日。我々の音楽を思い切り演奏しました。このツアーでは基本、新譜からの曲と1st「Childhood's Dream」からスタンダード2曲を演奏しました。「Old Boys' Dreams」収録曲はDUO曲4曲、カルテットのバンド編成が5曲。タイトル曲などはとてもDUOでやるようなタイプの曲ではありません。それをDUOツアーでやっちゃうんだな、これが!あれほどの難曲を2人でやるのは上手く行ったときは達成感があったな。とは言ってもDUO用にだいぶアレンジも変えたんですけどね。素晴らしいサウンドスペースで、よいライブになったと思います。ライブを仕切ってくれた内田佳能さんに感謝!

IMG_2309.JPG


この日も飲みました。やる前に地ビール、終わって日本酒打ち上げ。地元のジャズバー、シムスに移動してシングルモルト。このときに我々の新譜を素晴らしいオーディオで聴けました。嬉しかったな。戻って部屋飲みスパークリングワイン。アホですな。また4時まで。



●8/29(火)松江〜岡山 Soho


IMG_2307.JPG


朝、起きてガンバって朝食食べてよかった。こんな最高のシチュエーションでした。宍道湖ならではのシジミご飯とシジミ汁。飲んだ翌日にこんな最高の食べ物はありません。旨過ぎ!昼は大好きなお蕎麦屋ふなつへ。そして、何とお堀巡り観光をしました。しかし、松江っていうのは品のいい町だなあ。前日とは大違いってか…(笑)。


IMG_2308.JPGIMG_2310.JPGIMG_2311.JPGIMG_2312.JPGIMG_2313.JPGIMG_2314.JPGIMG_2315.JPGIMG_2316.JPGIMG_2317.JPGIMG_2318.JPGIMG_2319.JPGIMG_2320.JPGIMG_2321.JPGIMG_2322.JPG

IMG_2323.JPG


これぞジャズ渡世人!!

IMG_2324.JPG


お世話になったKanoちゃんと福山から来てくれたせっちゃんに別れを告げて岡山へ向かいます。


To Be Continued…




Old Boys' Dreams

Old Boys' Dreams

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Bacchus Label
  • 発売日: 2017/09/06
  • メディア: CD


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

初秋の布川俊樹SJPトリオツアー [日々のぬのさんのライブ]

皆さん、今晩は。一挙に秋らしくなって来ましたがいかがお過ごしでしょうか。
晩夏の盟友福田重男との「Old Boy's Dreams」発売先行ツアー11箇所、10泊11日のタビを終えて2週間弱。またまたジャズ渡世人のタビであります。
初秋の渡世人タビは、明後日9/14(木)から今年2度めのCD「布川俊樹SJPトリオライブ〜天空の滝発売記念ツアーです。前回は西日本でしたが、今回は北関東〜東北盛岡〜中部北陸とまわる8本+オマケの沼津での高瀬裕とのレアなDUO。今回も9泊10日、なかなかのもんですね(笑)。
各地で皆様とお会いするのを楽しみにしております。
16730655_1254405084625046_7760981961999151952_n.jpg
「布川俊樹 SJP TRIO Live~天空の滝」発売記念ツアー
布川俊樹 SJP TRIO


布川俊樹(g)、高瀬裕(b)、安藤正則(ds)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

今夏も福田布川ツアー! [日々のぬのさんのライブ]


皆さん、こんにちは。お盆休みいかがお過ごしでしょうか。


僕も比較的お休み気分のこの1週間です(とは言ってもライブは3本あるのですが)。


さて、夏後半は盟友福田重男と今年も駆け巡りますよ。9/6に新作「Old Boy's Dreams」発売。それに合わせて8/24から先行ツアー11箇所、そして9/7には東京代官山蔦屋Anjinで発売記念ライブを行ないます。


まずは明後日8/15青山Body & Soulは新作発売前ライブ、多分新作からの曲もかなりやると思います。


皆様のお越しを心よりお待ちしております。


SFTN-1701.jpg




 
  • 9/7(木)代官山蔦屋 Anjin(03-3770-2525)
    福田重男 布川俊樹 DUO
    2nd CD「Old Boys' Dreams」発売記念ライブ

    福田重男(p)、布川俊樹(g)



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

2017大和田夏祭りウルトラマンジャズコンサート [日々のぬのさんのライブ]


これぞまさに福田重男氏言うところの VSOP!

Very Special One Time Performanceでした。

 

 8/5(土)渋谷区主催2017大和田夏祭りで布川俊樹ウルトラマンジャズプロジェクトのコンサートが行なわました。今年は「ウルトラセブン放送開始50周年」ということでこのお話を頂いたわけです。

 

ウルトラマンジャズのライブはとにかくレアです。レコーディングメンバーが揃うライブは1998年最初のアルバムが出てから5回しかやっていません。

 

加えて久々の単独リーダーホールコンサート。結構プレッシャーだったなあ…。内容よりも、350人キャパのホールでとにかく集客が心配で…(苦笑)。この規模のハコで単独リーダーライブって90年代VALISでやった2回の発売記念ライブくらいしかないですから。

 

いざフタを開けてみると…

 

何と満員!

これはやっぱり渋谷区の宣伝力とウルトラパワーだな。大感謝でございました。

 

それでは当日のコンサートの模様をご報告いたしましょう。まずは14時開始リハーサル写真から。

 

布さんはこの日のギターはこの3本…

U15.jpg

 

福田巨匠

U14.jpg

 

大塚義将くん

U13.jpg

 

柴田亮くん

U12.jpg

 

もういっちょワタクシ

U11.jpg

 

アッコちゃん

U10.jpg

 

本番18時スタート!

 

1st Set

まずは、オリジナル「ウルトラセブンの歌」をBGMにしてメンバー入場。前半は布川俊樹g、福田重男p、大塚義将b、柴田亮dsのカルテットでインストです。BGM終了とともに「ウルトラセブンの歌」ジャズアレンジのイントロスタート。のっけからかなり飛ばした白熱の演奏。

U9.jpg

1曲終わってかなりMC。ウルトラマンジャズの説明やらウルトラセブンと自分のかかわりなど。50周年っていうことは僕は9歳小学校3年のときだから完全にリアルタイム!

 

2曲めは「特捜隊の歌」。オリジナルを流してジャズアレンジの妙を知ってもらいます。いくらガンバってもウルトラマンの助けを借りてしまう彼らに捧げた哀愁のアレンジです(笑)。そして続けて「MATのテーマ」。まさにウルトラな照明!!

U8.jpg

今回の新作「ウルトラマンジャズヴォーカル&ピアノ」収録曲です。このライブでは、そのピアノトリオアレンジと「帰って来たウルトラマンジャズ(ベスト盤にも収録)」での泣きのロックギターソロがあるアレンジとをミックス。演奏終盤はディストーションとワーミーを使って盛り上がりました。

U7.jpg

 

そして1st最後は「進め!ウルトラマン!」。アップテンポでアグレッシブな演奏。ドラムソロもフィーチャーです。

 

2nd Set

何と、円谷プロ制作のウルトラマンシリーズのプロモーション映像が流れました。オフィシャル感あっていいぞ(笑)!

 

そして、ワントゥースリーフォーで有名な「Ultra7」でメンバー入場。2ndはヴォーカリストが加わります。

U6.jpg

まずは、今回ウルトラ歌姫アンヌ隊員、じゃなくて須田晶子をコール。福田重男のイントロに始まり歌とデュオ。そしてバンドが加わり「ウルトラマンの歌」バラッドヴァージョン。洗足ジャズコース卒業生の須田と布川で話もはずみます。彼女は大学時代、資料室にあった「ウルトラマンジャズ」を聴いていたんだって。人生は面白いもんです。僕はこの企画の打診があったとき、すぐ彼女の透明感ある(あまり熱唱タイプでも黒人の濃い感じでもない…)声をすぐ思い浮かべたんだよね。このバラッドヴァージョンはホントに目論見通りでした。そして軽快なボサで「Ultra7」。CDはピアノソロのところをアコギがソロ。うん?ギターのヘッドに何かいるぞ??そしてマイクにも…(笑)。

U5.jpg

 

須田の2曲が終わって、ピアノトリオで「ウルトラ警備隊」。軍歌調マーチが美しいバラッドになってしまいます(笑)。そして再び僕も加わり今度は和田明を呼び込みます。若手男性ヴォーカリストでダントツと僕が感じている逸材。あ、ドラムセットの一番上には…。

 

キングジョー!

U4.jpg

この日は隠れウルトラを探せ!っていうライブだったのです(笑)。

 

さて、鹿児島での明との出会いの話をしつつ、小粋なスイングヴァージョン「ウルトラマンの歌」、そして跳ねる16ビートのGo-Goっぽいアレンジの「ウルトラセブンの歌」。和田は観客を煽ります。ビックリしたのはCDでの英語ヴァージョンでなく、日本語で歌ったこと。男の子だねえ(笑)。ギターとスキャットの絡みで大団円。お客さんも手拍子で盛り上がった!

U3.jpg

 

アンコールは「ファイターウルトラマン」。カリプソ調の明るい曲です。ヴォーカリスト2人もヴォーカリーズで参加して、お客さんとともに合唱。楽しかったなあ。

U2.jpg

 

メンバー一同御挨拶。当日はウルトラジャズ警備隊隊長の命により、ウルトラを意識した衣装にしようということだったのでした。僕は白と光沢系グレー。福田巨匠もグレー系。柴田くんはダダ。明は襟がゼットン(黄色なきゃわからん…笑)。アッコちゃんはウルトラQらしい。そして何と大塚くんはリハ終わったら原宿までダダのTシャツを買いに行ったのでした。素晴らしい隊員たち!

U1.jpg

 

そして、終了後はメンバー全員と仕掛け人池上信次氏で打ち上げ。最高の夏の一夜となりました。

IMG_1846.JPG

 

御来場の皆様、どうもありがとうございました。

 

 

(追記)リーダーバンドライブをやるということ

IMG_1847.JPG

僕は単独でリーダーバンドをやっているときに自分に課していることがあります。それは譜面を見ない、できるだけ暗譜するということ。かなり複雑な構成で難曲も多いVALISでも譜面台を立ててライブをやったことはありません。最近のSJPトリオでも基本的に譜面は見ていない(まあ双頭リーダーだと甘くなっちゃうときも多いんだけど…苦笑)。

 

何か、それが、お客さまへの礼儀、あと他のメンバーへのリーダーとしての意気込みを見せるっていうことだと思うわけです。

 

海外の一流ミュージシャンの演奏を聴きに行って譜面見てることってかなり少ない。そういう影響もあるかもだけどね。

 

今回、ウルトラマンジャズコンサートは1回のスペシャルなイベントだったけど、ウルトラマンジャズ総括みたいな位置づけだったから8/3のリハの後、翌日に全曲暗譜しました。

 

そうすればその日のステージの中心人物の前に譜面台って余計なものもないし、やっぱりよかったと思った次第です。

 

ま、クラシックのソロイストの方々なんかを見れば「へ」みたいな話でエラそうに言うような話じゃないですね。自分自身に対する今後の戒め、心意気ということで敢えて書いてみました。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -
メッセージを送る